人気ブログランキング |
<< フランス中、強風に吹かれて 朝日に染まるエッフェルさん >>

Ricard のパスティス

夏が近づいて来て、最近メトロの中で良く見かけるようになってきたRicardリキャールのパスティスの広告。
c0181947_05193443.jpeg

このパスティスと言うアルコールは、南仏産のフランスでは一番のアペリティフ用ドリンクです。

南仏マルセイユ産のアニス、リコリス、フェンネルなどのハーブで風味付けされています。
私はアルコールに弱いので、カフェなどでも注文した事はありませんけれど、水で割ったりシロップを加えてカクテルにしたりして飲むと聞きます。

どうしてこの広告が気になるか、と言うのは、

五月初めに訪れた南仏のバンドールに、このRicardの創設者ポール リキャールが所有していたils Paul Ricard (ポール リキャール島)がバンドール海岸のすぐ目に見える距離にあったのを見たからなのです。

島はまたの名をils de Bendor と言って、今は観光地になっていて、しっかりビジネスをしている島になっています。
ヴァカンスの雰囲気たっぷりのビーチやホテル、レストランが見えて隠れ家的ヴァカンス地の様になっていました。

マルセイユでポール リキャールが、このマルセイユ産の香草リキュールを製造し始めたのは30年代初めだそうです。
今はパスティスと言えばリキャールと言うほどで、もちろん売れ続けた功績で財をなして島まで買ってしまった、、南仏のリッチなファミリー。

バンドールは他にも、滞在したホテル前の道が Boulevard Louis Lumière (ルイ ルミエール通り)でした。
写真や映画の技術を発展させたルイ ジャン ルミエールが人生最後の日々を過ごしたのがバンドールだったそうです。

そんなバンドールの逸話を思い出しながら、地中海の海と空気を思い出しながら通勤しています。

c0181947_05402538.jpeg
















by 40ansparis | 2019-06-05 05:40 | Voyage, petit sejour | Comments(4)
Commented by marucox0326 at 2019-06-05 09:59
こんにちわ。

バンドール海岸、マルセイユの東に位置する場所のようですね。
ポール・リキャール島はお写真の向こうに見えている島でしょうか。
とっても素敵なところ・・・
リッチな人達が行きかう南仏のヴァカンスの
場所の一つなんでしょうか。。

そして、リキャールの空きボトルはず~~~いぶん前に
蚤の市(日本)で買って持っているのですが、
お酒そのものは飲んだことがないのです^^;

一代で財をなしたリキャール氏、
マルセイユの小村にサーキット場も創設して
かつてはF1グランプリも行われていたとか。

そしてルミエールも晩年をここで過ごしたんですね。

温暖な気候、のんびりと潮のかおりのする風に吹かれて
お散歩してみたいものです^^
Commented by 40ansparis at 2019-06-05 15:20
marucox 0326さん、すぐ前に写っているのは対岸ですが、その後ろにちょうど同じ様な感じに見えるのが島です。
空きボトルをお持ちとは!
南仏はあちこちにリッチなヴァカンス地がありますが、流行としてはバンドールの流行はかなり前で、今は外国人観光客にまで知られるリッチな場所の代表はニース、カンヌ、サン トロペですね。バンドールは昔ながらのヴァカンス地って感じです。
ポールリキャールのサーキットは今も行われていますよ。バンドールから近い丘の上の中世の町が残る村で行われています。
Commented by kyotachan at 2019-06-05 22:56
パスティスは数年前にはまった年があって、こればかり飲んでいました。カラダがひんやりしてきて汗がすすす~っとひいていく感じがするんです。だから夏はコレ、なんですよねーきっと。だけどね、アブサンと同じで狂気にさせる作用がある、というのをはっきりと感じていまはあまり飲みません。外で飲むとき、ほんとうにたま~に。
リカーさん、富豪かあ。そりゃあそうですよね。島くらいは買っちゃいますよね。なんか、久々に飲みたくなってきました。
Commented by 40ansparis at 2019-06-06 01:42
kyotachan さん、私は飲んだことがありませんが、へえ、飲んだ後スッキリするのがやはり夏向きなのですね。これもハーブの持つ作用なのでしょうかね。元々禁止になったアブサンの代用で作られ始めたんですから、作用も似てるんでしょうか。幻覚とか?でも未だにフランスは日本に比べればかなり、そういう類いの香草類とかドラッグとかの境界線が曖昧ですしね、笑。島を目の前にして観光局で頂いたパンフレットの街の説明を見て、えー!!?あのパスティスの瓶のリキャール!?とびっくりしました。でもまあ、夏中のフランスのカフェやバーで消費されてきた、されている瓶の量を考えてみたら、、、島だって買えちゃうでしょうね〜。
<< フランス中、強風に吹かれて 朝日に染まるエッフェルさん >>