<< ヴァカンス中、会社は機能してい... ヴァカンス便り >>

l'expressions avec des légumes : 野菜を使ったフランス語

野菜が好きで野菜の話ばかりですが、先日読書サイトのメールに野菜を使ったフランス語表現のクイズがありました。
各国で面白い表現があると思うのですが、フランス語にはポエティックな表現が色々あり、チャーミングだなあ、、、と思わせられる事が良くあります。
それぞれの本当の意味、想像出来ますでしょうか?フランス語を直訳したのだけ書いておきますね。

c0181947_04564017.jpg


1) s'habiller en pelures d'oignons : 直訳は、玉ねぎの薄皮を着る

2) marcher à la carotte : 直訳は、人参の方へ歩く

3)raconter des salades : 直訳は、サラダを語る

4) courir sur le haricot : 直訳は、インゲン豆の上を走る

5) avoir un cœur d'artichaut : 直訳は、アーティチョークの心を持つ

c0181947_04564122.jpg


6) faire le poireau : 直訳は、ネギをする(になる)

7) manger les pissenlits par la racine : 直訳は、タンポポを根の方から食べる



もっとあったのですが、この位で。
私が意味を知った時に詩的だなあ、、と思わず唸ったのは5と7でした。

国は違えど同じ人間が考えた事ですから、なるほど、、、と思います。

長くなるので、正解はまた後日加えるとしますね。

所で今回のプティオニオンバルサミクがとても美味しく出来ました!
c0181947_04564125.jpg


横丁イタリアンがヴァカンス休業の間はこれで乗り切ります。
c0181947_04564288.jpg







[PR]
by 40ansparis | 2018-08-15 04:34 | フランス語 le francais | Comments(6)
Commented by francana at 2018-08-15 19:23
わぁ、こうして並べてみるとおもしろいですね。
1,2,7は聞いたことがありませんでした(笑)。
バルサミコ酢漬けの小玉ねぎ、私も好きです。作ったことはないのですが、ラパンさんのは色つやも良くとてもおいしそうですね。
アーティチョークとドライトマトのサラダも、色合いがきれいでおいしそうです~
さいごのお皿も素敵。
ほんと、日が短くなってきましたね。今日はくもりで肌寒く、夏の終わりかとさびしいです。
Commented by arare719 at 2018-08-15 21:30
う〜ん、全く分かりません…でも、詩的で可愛いイメージがします。
先生、早く解答を教えて下さいまし、笑。
日本は、野菜ではなく猫を使った表現が多いような気がします。
猫を被ったとか、猫の目を盗んで、などなど、、他に、犬や蛙やら、そういえば、野菜は聞いたことがないかも。
玉ねぎの酢漬けを持ったお皿、ほんと、ポエムぽくって素敵ですね〜☆
そちらは、朝夕、涼しくって羨ましいです。こちら、ジメジメとまだ熱帯夜で、ため息出ます。
Commented by marucox0326 at 2018-08-15 23:22
こんにちわ。

ネットで調べてわかりましたョ^^勉強になりました。

7)だけはなんとなく知っていました。
というのもユーミンの歌で、ダンデライオン(dandelion)が
タンポポのことだと知った20代当時、色々調べたことがあって
(葉っぱの形状のギザギザがライオンの歯に似ているところから
同じ意味のフランス語、dent de lionからきているとか)
そしてこの表現にも行きあたったのです。
死ぬという直接的な表現を避ける言い方ってどこの国の言語でもあるようですが・・・・。

言葉には興味があるので、素敵な表現の外国語を書き留める癖は今も続いています^^;
Commented by 40ansparis at 2018-08-16 04:30
francanaさん、大体ご存知でしたでしょう?私は10問題の内、正解は7つでした。
petite oignon balsamique、ご存知でしたか?人間、手に入れられない、と思うと食べたくて仕方無くなるもので、、笑、疲れていてもこれを作る情熱は別でせっせと作ります。写真に撮ったのは作って次の日で、まだ色がマリネされて間も無いので全体が茶色になっていませんが、瓶詰めで売っているのよりずっとイタリアンのお店に近く美味しいのが出来るようになりました。このお皿は古すぎて、近くで見ると真ん中はほぼ細かいヒビ割れのような状態ですが素朴な手描きが気に入っています。
今時期は本当に日に日に寂しい気持ちが募りますね。
Commented by 40ansparis at 2018-08-16 04:36
arare719さん、残暑お見舞い申し上げます。日本語には本当に猫を使った表現が沢山ありますよね。しかも悔しい事にどちらかと言うとネガティヴな表現に。ミステリアスだからでしょうね。
あ、野菜の表現、日本も大根役者、、とかありますね、笑。
野菜の表現、本日正解を書き加えます。言葉はその国の文化が反映されて居ますよね。
日本はまだまだ真夏と言う日々ですか。8月後半に差し掛かってパリは夏の終わりを感じてばかりで寂しいです。
Commented by 40ansparis at 2018-08-16 04:48
marucox 0326さん、もう既に予習されたのですか!笑
でも私は逆にユーミンのダンデライオンがフランス語のdent de lionから来ているなんて知りませんでした。勉強になりました〜。ダンデライオンがタンポポと言うのはあの頃何かで知りましたけど。
タンポポ繋がりですが、、、面白いなあ、、と初め思った事があるのです。フランス語でpissenli と言うタンポポの単語を知った時に、え?まさか、、、と思ったのはオシッコをすると言う動詞がpisserなのです。ご想像通り、タンポポには利尿作用があるから、、なんですって。
それにしても7番をご存知だったなんて驚きました。私も今回答え、外したんですよ。直接的な言葉を避けたい時に使ってきた言葉ですが日常生活では聞いた事が無かったのです。
日本で何年か前に曲がついた詩で、千の風になって、、、と言うのがありましたよね。あれもとても詩的で素敵な考え方だなあ、と思いますし今でも大好きです。私も素敵なフレーズなど忘れなければ書きとめています。
<< ヴァカンス中、会社は機能してい... ヴァカンス便り >>