<< Vive la France !! ミントティー >>

des huîtres : 牡蠣

以前、レストランの生牡蠣の写真を載せて欲しい、とご希望がありました。

お店の外にこんな風に並べられていて、注文が入ると直ぐに殻から外して下さるムッシュウがいます。

c0181947_06551441.jpg


No.2などと書いてあるのは、牡蠣のサイズの基準からの表示です。

ゼロサイズが最大、数字が増えるにつれて牡蠣のサイズが小さくなります。
大体レストランで12ピースなどの単位で生牡蠣として食べるのはNo.2か3、たまにアペリティフ用にNo.4くらいの小さめサイズを2、3個アルコールに添えているのを見た事はありますが、きちんと食べる場合にはこの小さなサイズでは無いです。

大きな0サイズの味ってどんな感じなのかな、、と聞くと、大きければ美味しい訳でもない、と言います。

フルーツでも、小さい方が味もしっかり、美味しくてさらに値段も高い例が幾つもありますね。

フランス人は、牡蠣を火を通して食べない、と言うか火を通したメニューを知らない、食べたことが無いので、日本人は牡蠣をフライにしたり牡蠣ご飯にしたり、色々なメニューで食べるのよ、と言うと皆んな驚きます。



[PR]
by 40ansparis | 2018-06-17 06:40 | 食べ物エトセトラ | Comments(6)
Commented by yumibag at 2018-06-17 21:41
一昨年パリへ行った時 ボンマルシェで生牡蠣を頂いたのを思い出しました
レモン絞ってメチャクチャ美味しかった〜
適度な大きさで、、、今でもあの瞬間はっきり覚えてます❣️
Commented by 40ansparis at 2018-06-17 23:52
yumiさん、やはり召し上がりましたか?レモンで、又はエシャロットのビネガー漬けをかけて、がこちらは一般的ですが、どちらも美味しいです。
Commented by cdg2e at 2018-06-18 09:40
生ガキの写真リクエストを覚えていて頂き有難うございます。日本では生ガキのシーズンは過ぎましたが、フランスでは通年の人気ですか?
イワサキ
Commented by 40ansparis at 2018-06-18 15:11
cdg2eさん、夜で少し写真が暗くなりました。
そうなのです。フランスでは、お店側が閉めてヴァカンスを取る八月以外は通年食べられますよ。今時期や7月の暑くて食欲が出ない時には行きたくなります。逆に日本は今だにRの付かない月には食べられ無いのですよね?
Commented by morinokochaorin at 2018-06-23 15:00
ご無沙汰しています。生のミントティー。これは、スペアミントのようですね。うちにも有ります。が、あまり使わなくて、もっぱら雑草扱いでした。今度はちゃんと使おうかな。夏至過ぎましたね。緑の美しい季節です。
Commented by 40ansparis at 2018-06-23 15:24
森の子さん、お元気でしたか? 野生のミントのようで葉っぱが大きかったです。実家のは複数の違うミントなのですが全部葉っぱが小さめです。夏至が過ぎてしまい、早くも気持ちが寂しくなり始めていますよ。
森の子さんもいい季節、充実されますように。
<< Vive la France !! ミントティー >>