<< 五月の隣人たち 疲れを取ってくれたもの >>

日本の展示会の年?

少し前のjournal de dimanche で。

c0181947_13221443.jpg


今年2018年は、パリで沢山ある展示会の中で例年より遥かに多いのが、日本関係のものだそう。

私の感覚では、漫画やアニメのブームから日本人シェフ、日本人映画監督、、、もうここ数年ずっとパリでは話題になりっぱなし、の印象があります。

最近は日本に行ってきた!とか、行きたい!と言うフランス人が私の周りにも本当に沢山います。


Journal de dimancheは日曜日だけに発売される新聞でピヴォ氏の書評が読めるので毎週読みたいのですが、休みでなければ読めないので、私には貴重な新聞です。

雑誌やジャーナルを扱うお店やキヨスクで新聞を買うのがこちらの日常ですが、

仕事場界隈の小さなお店やキヨスクは、年々新聞が売れなくなっているせいか日曜日も開けなくなったので手に入りません。
時代の流れなのですね。









[PR]
by 40ansparis | 2018-05-16 13:14 | ニュース | Comments(8)
Commented by whitelacenonyo at 2018-05-16 22:20
先日、マダムSに依頼されて築地市場へご一緒したフランス人5人はやはり日本が大好きだと熱がこもっていました。
その上歌舞伎や浮世絵、漆などにとても興味をお持ちで
和食が大好き、、と嬉しくなります。
パリで日本文化が話題になる、、て本当に嬉しいですよね。
そう、そう、日本でも新聞を家庭に配達されなくなって
ネットで読んでいる人が多いそうです。
Commented by 40ansparis at 2018-05-17 00:15
white さん、そういったフランス人が今多いみたいですよね。京都もフランス語があちこちから聞こえてくる、と耳にしました。
日本文化や芸術をフランスで新たに目にすると、誇りにも思いますし、自分も知らなかった事を教えられて勉強になったり、新たな視点から日本を見たり、再発見が多いですよ。
新聞の在り方、宅配が当たり前だった日本でも変わって来てますか?時代の流れですね。私はまだ紙にしがみついていますけど、笑。
Commented by kanafr at 2018-05-17 03:51
私も先日日本からいらした方とお茶をした時に、隣にいらしたフランス人のご夫婦に話しかけられ、日本で宿泊した時のホテルのスタッフの方達の心遣いに感動されたとかで、日本のホテルは、フランスの五つ星以上だと大絶賛されていました。
日本の良さを外国人の方から言われて、気づく事もあり、何だか誇らしく嬉しくなります。
Commented by 40ansparis at 2018-05-17 16:07
kanaさん、そう言われてみると、ここ数年で知らないフランス人に道端やカフェ、映画館で突然話しかけられる事がますます増えている気がします。大体は日本に行って来た方や仕事をして来た方達、日本人の友人がいる人たち。
お客様の中にも、私が日本人だと確認すると途端に日本の話が止まらなくなる人、片言の日本語で話しを続けようとする人、、笑、様々ですが近年特に増えているように感じますね。
Commented by francana at 2018-05-18 01:18
Japonismes 2018ですか、いい情報をありがとうございます!
さっそくサイトを見てみました。行きたい展覧会などがいくつもあります。
日本好きな人、増えるいっぽうですね~
私のまわりでも、日本に毎年行っているなんて話を時々聞きます。和食もますます好まれていますしね。
パリとフランスはずっと前から日本人観光客に人気ですが・・・こうなるとお互いにないものに惹かれる、ということでしょうかね(笑)。
Commented by 40ansparis at 2018-05-18 03:01
francanaさん、お互いに無いものに惹かれる、、笑、先日日本好きのフランス人マダムお二人と話した時も、お互いに隣の芝生が青く見えるみたいな話しをして、お互いに笑いました。日本人への印象や対応が良くなるのも、こういった現象のお陰ですよね。そう言う意味でいい時代に自分がフランスにいるのだなあ、と思いますね。
Commented by arare719 at 2018-05-20 19:54
ひと昔前は、日本人のフランスへの憧れは高くて、パリと聞くだけで、うっとり〜キラキラされている人多かった。パリに行ってきたという人がいたら、そりゃあ、羨望の視線が凄かった、笑。逆の現象、日本人としては、嬉しい限りです。日本の伝統文化や工芸はこのままでは、消えてしまうのではないかと思えるほど、最近、継承者がいなくなっています。憧れのパリジェヌやパリジャンが好んで、それらを彼らなりに取り入れくれたら、若年層も触発されるいいキッカケになると思います。東京の街に、東京だけでなくフランス人の本場のフランス語が飛び交う情景、エレガンスでいいですね〜。
書店でこんな見出しが…外国観光客が楽しんでるところに、我々も出かけて見よう!
Commented by 40ansparis at 2018-05-21 00:59
arare719さん、今は地球が小さくなって来ていますが、本当の日本の食、文化、、まだまだ知られざる部分が多い気がします。
フランス人の中にはまだまだ、日本に行ったことが無くて憧れの国、若者はカルチャーで憧れの国、、と言う人達が沢山いますから、これからの日本の外国人観光客への対応次第ではまだ伸びるのではないでしょうか。さらに、今開催中のカンヌ映画祭のパルムドール賞も是枝監督が受賞したばかりです。嬉しい現象ですね。
<< 五月の隣人たち 疲れを取ってくれたもの >>