<< 春を感じました fenouil : フヌイユ >>

窓を開けて

c0181947_05413798.jpg


春に嬉しいのが、お天気の良い午前中、窓を開け放って藤の椅子での読書。

アパルトマンのオーナーマダムの椅子なのです。

うとうとしながら。




[PR]
by 40ansparis | 2018-04-16 05:36 | お気に入り : J'adore ! | Comments(4)
Commented by marucox0326 at 2018-04-16 11:52
ステキな窓辺。
レースのカーテンも窓の外柵も。
ちらりと見えるのはご本なのか、写真集なのか・・・・。
絵になりますね^^
仏蘭西窓という観音開きの窓枠、こちらでもアンティーク屋さんなどで売られています。
欧米では網戸がないでしょう?
虫とか入ってこないのかしらん。
Commented by anatatoyu at 2018-04-16 15:35
藤の椅子を見た瞬間、エマニエル婦人を思い出しました。
私、古いですね(笑)
Commented by 40ansparis at 2018-04-16 16:05
marucpx0326さん、カフェのテラスも良いのですが、疲れ切った後のたまの休みの午前中はこの椅子で、が良いのです。
そうなのです、いつも思います。網戸って素晴らしい!って、笑。
フランスは、ロールカーテンの様な日除けのものが窓についていたりして、取り敢えずそんなもので防ぐのですがやはり虫が入ってきますね。
フランス人はあまり気にしていない様です、笑。私も神経質にはなりませんが、蚊にだけは私は好かれてしまうので、厄介ですね、、。
Commented by 40ansparis at 2018-04-16 16:42
anatatoyu さん、そうです、まさにあの椅子なのですよ。パリのものというよりはコロニアルな雰囲気の椅子です。ヴァカンス地から持って来たのかな、と思っています。
<< 春を感じました fenouil : フヌイユ >>