<< ヴェルサイユで マルシェのエコバッグ >>

マイナスの凍る日

シベリアからの寒波がヨーロッパ南部まで襲って、昨日は南仏ニースの海岸景色が真っ白になるほどの雪。

本日パリも最低気温マイナス8度、最高気温もマイナス2度。
昼頃粉雪が舞い、午後はちょっぴりソレイユが差しましたが凍る寒さでした。

c0181947_04480069.jpg


別の店舗の方がいつもの仕事場よりもずっと寒いので、私の人生でかつて無いくらいに着込みました。

午後、休憩時間に同僚に会いに行くと、
" M(私)がこんなに着込んでるの、初めて見たわ!"と笑っていました。

体温が高い私はあまり、今まで必要性を感じていませんでしたが、今年はヒートテックを初めて使っています。

明日は少し良くなる様です。

c0181947_04480011.jpg


[PR]
by 40ansparis | 2018-02-28 04:40 | 仕事の日 le travail | Comments(4)
Commented by whitelacenonyo at 2018-02-28 09:37
年齢を重ねると体感温度も異なって寒さを感じますね〜〜

マイナス温度!ヒートテックはユニクロで買えるでしょうけれど
ホカロンやオンパックスを衣服に貼る、、パリに売っていますか?
Commented by 40ansparis at 2018-02-28 14:00
whiteさん、そうなのです、年齢のせいもあるなあ、と実感させられています。
ホカロンなどは、パリでは手に入りませんが日本から来る友人が持って来てくれたものを大事に使っています。日本のこういった商品って本当に素晴らしいです。ヒートテックもかなりパリでも売れていますよ。
Commented by Cecile at 2018-03-02 02:43 x
ヨーロッパの寒波、かなり厳しいようですね。
バチカンで雪合戦している人々の画像をニュースで観ました。
それに比べたらバンクーバーは穏やかなものです。
温かくして(温かすぎ?)過ごしてね♪
Commented by 40ansparis at 2018-03-02 19:28
Cecileさん、氷点下の日々から、どうやらやっと抜け出せたようです。
カレンダーが変わったら、気温まで変わる、、変な事に感心しています。まだ四月まで油断は出来ませんけどね。一歩春に近づいてきたような気がします。暖かくして乗り切りましょうね。
<< ヴェルサイユで マルシェのエコバッグ >>