<< スーパーのBioショップ 朝焼けとエッフェルさん >>

des huîtres : 牡蠣

あっさり牡蠣が食べたいけれど、疲れが出てレストランに出掛けるのは億劫、と牡蠣のテイクアウトをしてみました。

c0181947_05033168.jpg


お店で食べる時のように盛り付けて持ち帰り用に準備してくれます。

酸っぱ〜〜いのが大好きな私は、レモンでも好きですが、必ず添えてあるエシャロット入りのヴィネグレットで食べるのも好き。

日本の美味しいお米とお水なら、牡蠣ご飯も美味しいんですよね。
[PR]
by 40ansparis | 2018-01-17 04:57 | 食べ物エトセトラ | Comments(8)
Commented by matantz7 at 2018-01-17 10:36
僕の親しい友人が福島の天栄村というところでお米づくりをやっていて、この10年ほど「米食味コンテスト」で金賞をとっています。たいへんおいしいので、パリに送ってあげたいぐらいです。
Commented by 40ansparis at 2018-01-17 17:55
matantz7さん、ありがとうございます。私の田舎も東北ですから美味しいお米は手に入れようと思えば入れられますが、やはりこちらの水も硬水で違いますし、こちらにいると、もうそこまでこだわらなくなりました、笑。日本にいれば周辺のお皿やお漬け物など全てが揃えられますけど、こちらだと限りがありますしね、、、。でもそのお気持ち、ありがとうございます。
Commented by matantz7 at 2018-01-17 22:27
昨年の秋、「パリのすてきなおじさん」という本がでて評判になり、おもしろそうなので買って読んでいます。今年から来年には人生最後の大転換を考えていて、遊びみたいな仕事しかしてこなかったので、これからは仕事に生きてみようかと天邪鬼なことを思ったりしています。思ってるだけに終わるかもしれませんが、この本に励まされているところです。
Commented by いっこ at 2018-01-17 23:58 x
すごーい!生牡蠣の持ち帰りってのがあるのね。
近所にTokyo Oyster Barができて数年。オープンしたばかりの時はうれしくて是非行こうと思っていながら、いまだ入店していません。近々行ってみたくなりました。
Commented by 40ansparis at 2018-01-18 01:46
matantz7さん、パリ本はやはり売れて話題になるのですね。内容は存じませんが、日頃から思うのは、人生を楽しむ事に於いては日本人がフランス人に見習うべき考え方、生き方、、、沢山ありますね。
Commented by 40ansparis at 2018-01-18 01:51
いっこさん、日本は牡蠣も魚介類も、西洋の人達とは違う独自の食べ方をして来て、だからこそ日本食の特徴があり日本でしか食べられないものが沢山あります。こう言うスタイルはあまり馴染みが無いかもしれませんが、フランスは逆に魚介類が豊富ではない分、手に入る範囲での牡蠣や海老、貝類など贅沢として、専門店ではこう言う食べ方をします。パーティ用にチーズ屋さんでも牡蠣屋さんでも家庭で直ぐにプレゼンテーション出来るよう用意してくれます。
Commented by Cecile at 2018-01-18 11:26 x
Wow,オイスター‼ たっぷりのレモンとタバスコソースが好みかな。ホースラディッシュを添えている店もありますね♪
Commented by 40ansparis at 2018-01-18 16:20
Cecileさん、牡蠣お好きですか?え?タバスコソース⁈お国柄で付けるものが違うのですね。フランスはレモンか、写真で赤いソースが写っているエシャロットのヴィネグレットソースです。英語だとミニョネットとか言うのでしたかね。
<< スーパーのBioショップ 朝焼けとエッフェルさん >>