<< le meilleur bag... 湿度を感じる、、、 >>

道端の予告

昨日は結局朝の気温が3,7度!最高気温も結局10度を切りました。
ショコラショーが飲みたいほどでした、笑。
最低気温は1887年以来の記録だそうです。

さて、先日の出勤日の朝。

出勤道を歩いて行くと道端に次々現れた、メッセージ。
c0181947_14371864.jpg


そう、この日曜日はまた大規模な、同性同士の結婚反対のストが予告されているから。
c0181947_14372169.jpg


法律で既に可決されて、今はもちろん同性同士で結婚が出来るようになりました。

でも、フランス革命の時代から変わらず、フランスは国民が強い!
法律で決まったって、なんのその。
続けます。
決まっちゃったのかあ、なんて諦めませんヨ。
さらに加速しそうな勢いに、パリでは
20万人と想定するこのストに4500人もの警備を配置するそうです。
c0181947_14372379.jpg


フランス人、、、この日曜日は母の日なのに、笑。両立出来るんでしょうか。

メッセージは
"みんな、お父さんとお母さんから産まれてる!"
"仕事に行きたいぞ、ゲイの結婚式に行くよりなら"
などと書かれています。
[PR]
by 40ansparis | 2013-05-25 14:22 | フランス人・フランス観察 | Comments(10)
Commented by hairpriori at 2013-05-25 15:45
同性愛のデモ・・
日本の新聞に出てました

パリでメンズ同士のキスを目撃した娘は驚いてました^^
Commented by mimijean at 2013-05-25 17:24
*このメッセージたち、一種の差別的発言よね。低い人たちだよ、まったく!最低な事、書く人、いるんだよね。みんな同じ人間なのに。。。こんbなこと道に堂々と書くなら、自分の名前も堂々と書いたらいいのに。
わたしも数日前、同姓婚のUPしたけど、右派が行った違憲審査請求も退けられたし、いまさら、って感じよね。この同性愛者結婚に率先的だったモンペリエでも、近々同姓婚が誕生するし。
いつも勢いのある最初だけよね、こういう反対デモは。笑
リールで、同性愛者のバーが極右メンバーに襲撃される事件も起きたり、同性愛者結婚反対の右派の文筆家がノートルダム寺院で自殺したり。。。でも、フランス国民の半数以上の60%近くが賛成してるのに。カトリックの反対が確かに多いといえど。でも、個人の問題なんだから、こういうときこそ、個人主義の国はどこいったの~?!って感じ~。
Commented by 40ansparis at 2013-05-25 17:28
hairprioriさん、あら、お嬢様の年齢にはショッキングでしたね。
少なくともフランスは、どんな形の愛でもいいんだヨ、と教えてあげてくださいね。
Commented by 40ansparis at 2013-05-25 17:35
mimiちゃん、それはそうよ〜、そういう差別意識を持つ人達のマニフだもの。
マニフェストで掲げてる旗なんてもっと過激なこと書いてあるよ。
私が思うのはね、結構内心は認めてる人達がかなりいて、ただ表向きのカトリック派としてはああ言う風に行動せざるを得ない、そんな人達もかなりいる、ってこと。
常連さん達と話しててそう思った。
うちの仕事場界隈は特に。
初めだけ、と言うよりは、何故かこの主題はこの冬からストが続いていて勢いがおさまらない、、意外でビックリするわ。
疲れ切って横を通り過ぎる私には、その情熱にも驚くばかり、笑。
Commented by mimi at 2013-05-25 20:17 x

それはどうだろう...うん、差別意識を持つ人たちのマニフだからは分かっているよ。でも、そうだからといって差別用語をむやみに書くってことは許されるのかなという事を話したかったの。どんな時でも差別用語は使うべきじゃないわね。時には言葉って凶器になるから。 逆に、Bastilleでのゲイの人達の発言の方が相手への差別用語ではなく、自分達の意見を掲げているもの。反対するなら、きちんとした言葉で反論はできるはず。勢いがつき過ぎて差別的な言葉になるのよね。いつも思うのよね、今回の事に限らず、マニフに関わらず、差別をする人って、一人じゃできないくせに、こういうことになると勢いがつき、差別発言をする人々の低さに呆れる。悲しい人たちだなぁ、と。
ともあれ、襲撃されたり、火炎瓶投げたりと過激すぎるから巻き込まれないように気をつけてね。
(初めだけ...とは、法律が決まった今、今後の勢いが最初だけって言う事をかきたかったのよん。笑)
Commented by Cecile at 2013-05-26 02:44 x
宗教的観念からいくと、同性愛を認めるということはかなりのハードル。カトリックの国とはいえ、移民も多数のフランスは多宗教になっていることでしょう。民衆の力は強いのですよね。
バンクーバーも指と指をしっかりとからませて歩くゲイの人々が多い街です。 笑
Commented by 40ansparis at 2013-05-26 03:54
mimiちゃん、バスティーユからアンヴァリッドまで練り歩くコースがあったりしたけど、襲撃なんかはバスティーユ、アンヴァリッドに着く頃はみんな歩く、叫ぶだけだったよ。ポリスとの緊迫した雰囲気はアッサンブレナショナル近辺かな。
被害と言えば、その都度道路がブロックされて売り上げにならない商店かな。
関係ない人達は、その主題よりもっと今最優先のやることあるだろ!って叫んでる。もっともよ。失業とか国民のセキュリティとか沢山ある。
Commented by 40ansparis at 2013-05-26 03:58
Cecileさん、普段は街中で見ている限り、かなり偏見のない自由な国、にみえますけど、同性同士の結婚、となると俄然ものすごい勢いで攻撃し始めます。仰るように宗教的には難関なんですね。どっちでもいいんじゃない、なんて私などはつい思ってしまいますけどね。
Commented by kanafr at 2013-05-29 23:35
日曜日も凄かったんですね。
この路上のメッセージ、auberの入り口にもありました。
オットが手術する前日も大規模なストがあり、我が家からparisに入る時Neuillyを通るんですが、あっちこっち閉鎖され、しかもやっと高速に入って通過した時に見える路上のデモはもう怒号が響き渡り、恐怖さえ覚えました。
確かに自分達の意思表示ができる国ではありますが、彼らの主張には自分達は絶対正しい!という自分達だけの思いこみがあり、他の考えを聞こうとする気持ちはゼロなだけに、怖いですね。
Commented by 40ansparis at 2013-05-30 03:32
kanaさん、この日曜日は私は休日でしたが、夜までずっとアンヴァリッド前の集会が続いていたので、メトロも出入りブロック、周辺の道路もブロック、でどうにもならず、少し遠いメトロまで歩かないといけず、結局同僚は帰って無事に着いたのが23時過ぎた!と怒っていました。次の日の早朝アンヴァリッドのメトロを出て広場を目にした私はもう言葉を失いました。広場全部がゴミ捨て場かと思うほど酷い状態でした。。。ストでもフェットでもして頂いて主張も結構だけれど、この酷い状態。。。
何だか、本来の主題にプラスして、反社会党、反オランド、ゲイの問題ではなく地球の?人間の存続への疑問、など、多様化した人達が混ざってきていますね。
<< le meilleur bag... 湿度を感じる、、、 >>