帰るな作戦

早く帰りたい、と思っても、、、

c0181947_05390627.jpg

レジ閉めの邪魔をされたり、、、

c0181947_05390669.jpg

バッグを蓋されたり、、、

甘えたくて必死な様子を見ると、
まんまと作戦に負けて、少しの間一緒に戯れる。。。

帰りが少し遅くなるけれど、、でも私にも実は必要な時間だったのかな、、と、グルッグル言っている彼を撫でていると思います。


" 猫と過ごす時間は、浪費ではない。" フロイト












[PR]
# by 40ansparis | 2018-04-26 05:31 | 仕事の日 le travail | Comments(0)

太陽の色

以前も載せた、子供用のスニーカー。
春夏の新色がお目見え。

相変わらず、中間色の色合いが絶妙です。大人用顔負けの素敵さ。

c0181947_02500655.jpg


冬、フランス人が良く使う赤。
夏が近くなると、、、オレンジやコーラルが目立つようになる気がします。

太陽を感じる色、、、だからでしょうね。



[PR]
# by 40ansparis | 2018-04-25 02:44 | フランス人・フランス観察 | Comments(4)

アール ヌーヴォの扉

c0181947_06440849.jpg


銀杏の様な葉が反り返っているところが、本当にリアルです。





[PR]
# by 40ansparis | 2018-04-23 06:41 | 気になる、、、 | Comments(0)

緑が目に眩しいです

c0181947_03593640.jpg


一ヶ月前には枝だけだった木々。
新緑の季節は、やっと世の中がカラーになって来たかのようです。

c0181947_03593606.jpg


いつもの定点観測所は、何やら大規模な設営が。
去年も開催された、フォーミュール アン、、、つまりF1の準備のようです。

c0181947_05115594.jpg









[PR]
# by 40ansparis | 2018-04-22 03:54 | パリの空 le ciel deParis | Comments(0)

Musée Paul Belmondo

ポール ベルモンドは20世紀の彫刻家で、ヌーヴェルヴァーグ時代からの俳優
ジャン-ポール ベルモンドのお父様。

200点以上の彫刻やデッサン、国から注文を受けて製作していたメダルの数々を展示した美術館がブーローニュにあるとは知って居たのですが、中々行く機会がありませんでした。
c0181947_04201476.jpg


彫刻なども、多くは国や行政、ヨーロッパ諸国の王室からの注文など、かなり活躍されて居たようです。

現在は、パリ市内にあるロダン美術館は彫刻家のミュゼとしてはかなり有名ですが、ポール ベルモンドを知っている観光客は少ないでしょう。

c0181947_04201472.jpg


作風は、子供のあどけなさや純粋さが良く表された雰囲気を得意としていたようで、ロダンの、筋肉や血管までがリアルに感じるあの彫刻とは全く違う雰囲気です。

むしろカミーユ クローデルの作風の方にやや共通点が見られるように思います。

私はリアルに体温を感じるロダンの彫刻の方がやはり好きですね。



[PR]
# by 40ansparis | 2018-04-21 04:07 | Musee Expositionなど | Comments(4)