読書の時間

c0181947_20584481.jpeg
冬の間、いつも思うのは映画を観るのも本を読むのも、じっとしているだけの様で居て、実は脳みそが働いてイマジネーションの世界に入っているので、やはり基本的に健康で体力を温存していないと出来ないと言う事。

疲れ過ぎていたら、目が画面や文字を追っていても全く頭は働かないし、内容は記憶に残らない。

たっぷり眠り、美味しいものを食べて身体の調子を整えてこそ、映画も読書も楽しめるのですよね。
やっと、そんな時間が持てて心の栄養も摂れました。
食べ物と同じ位に自分には不可欠なものだと実感しています。

c0181947_21044424.jpeg




















[PR]
# by 40ansparis | 2018-12-13 21:05 | cafe | Comments(0)

冷えて来ました〜

パリはまた急に冷えて来ました。
明日、明後日の最低気温はマイナス3,4度!の予報です。

冬の空です。

c0181947_05205997.jpeg







[PR]
# by 40ansparis | 2018-12-13 05:21 | パリの空 le ciel deParis | Comments(0)

12月の本屋さん :まだまだフランス猫現象

クリスマス前になると、プレゼント用の豪華な写真集などスペシャルな本が沢山並びます。

先日、目眩がしそうな程長時間立ち読みしてしまった、猫に関する詩を集めた画集。

c0181947_06570711.jpeg

猫本も、沢山出ていますが、、この左の詩集は大きな画集でもあり、側に置いて時々パラパラと見たいな、と思わせられる本でした。

ノエルとは関係無いのですが、フランス人も大好き、サムライ小説特集コーナーが先日見に行った時に設けられていました。

c0181947_07005007.jpeg
フランスに住んでから驚いたのが、吉川英治の三国志や宮本武蔵の本は文庫になっているほどポピュラーで、かなり売れていて人気がある事。
フランス人の読書の量って、本当に凄いのです。

12月に入って、喉の調子が悪かったのもありますが、本を読むより睡眠を選ぶ事も多く、気がつけば1ページも読まずに何日も過ぎてしまったりしていて、、、身体の疲れよりそちらの方がストレスかもしれません。
そもそも、文字を目が追い始めると、、1ページ読み終える前に目が閉じてしまうので、今はじっくり読書が難しい心のビタミン不足の季節です。







[PR]
# by 40ansparis | 2018-12-12 07:08 | 本 livre | Comments(4)

ビオの気管支炎対策 : 2018

去年の長く続いた酷い咳を参考に、今回は始めからビオの天然エッセンス使用の薬を飲んで早い回復に成功しました。

お医者さまの薬も、何度症状を説明したり、または普段の自分のジェネラリストのお医者様でなく違うお医者様に行ってみても、中々私の頑固な喉と咳を理解して薬を出して下さる方が居ませんでした。
いくら私の頑固な咳には効かないから要りません、と言っても必ず薬と一緒にありきたりの喉用シロップも買わされ、薬もビオのものの様には、日毎に効いている気がしませんでした。

そんな訳で今回は、どちらにしても予約が今日取れる訳でも無いので、初めからお医者様に行く気もなく、ファーマシーに行きました。

薬は前回の写真のもの、去年と同じジェリービーンズのカプセル。

治りかけの時には、喉用スプレーと喉用トローチの様なものを試して見ました。

c0181947_07171498.jpeg
スプレーも天然オイルやエッセンス使用のもの、、美味しくは無いのですが去年も同じように使い効きました。

トローチタイプはフランスではpastilles といいます。
これが、のど飴感覚で軽く試してみたら、私の酷いチクチクする痛みを和らげてくれる唯一のヴィックスのユーカリプスに匹敵するくらいに、チクチクして咳き込む痛みを和らげてくれました。
ヴィックスのユーカリプスのはもちろん私は愛用し続けますが、もし天然原料の物しか摂りたくない方がいらしたら、このトローチをお勧めします。
酷い咳で寝付けない時に、このトローチなら喉を和らげてくれて寝付けると思いますよ。

ブログを読んだ知人に聞かれたのですが、ハチミツレモンと一言に言ってもどういう風に飲んでいるか?と。

私は、普段からレモンはそのままフルーツで食べるくらい好きなので、風邪気味の予感がした時やこういう喉に疲れが来た時には、私はレモンは丸ごと一個分を絞り切り、たっぷりの生レモン果汁にハチミツもスープスプーンでたっぷり入れて、それを大きめカフェオレカップでたっぷりと飲んでいます。
これを酷い咳の時は一日4回も摂ります。自分にはこれで本当に効いてきます。

酸っぱいのが私は大好きなので平気ですが、酸っぱいのが苦手な方は無理せずに、、、私は普段めったに薬を摂らないせいか、一般の薬で逆に調子が悪くなる時もあるので、あまり薬を摂りたくないのです。いくら健康保険でお金が戻って来るとは言っても、忙しい中、ドクターの予約を取るのも日にちは後日だし、ファーマシーで少し高くてもナチュラルな薬を摂る方がずっと時間や労力を無駄にしなくてすみます。

私は自分なりのこんな方法で治しています。身体は一人一人違いますし、お医者様でも分かってくれない事がありますから、あくまでも私の方法は、ご参考までに。






[PR]
# by 40ansparis | 2018-12-11 07:30 | Je suis malade! 健康 | Comments(0)

意外な12月の始まり

ご存知の通り、今フランスは大規模なスト中。

エンジン、ガソリン、ディーゼル燃料の値上げへの反対、怒り、そして毎年上がり続ける様々な税金、価格に対するうっぷんが溜まりに溜まって爆発している気がします。
私は、彼らの主張は理解しているつもりです。例えば日本の様に稼げて居ない人達があまりに多いフランスで車の移動が欠かせない人達にとって、2割近い燃料の値上げがどんなに辛いか、、、政治家を始め、稼げている人達には分からない事です。

先週がシャンゼリゼ界隈を中心に破壊行為などがあり、今週末はかなりの店舗や美術館などがクローズ。テロがあった時より凄い光景、13年住んでこんなに全部閉まってしまうのは見た事が無いです。

一方自分は普段通りに仕事場に行って仕事をしているだけですが、先週末から冬の乾燥、疲れが溜まってか、扁桃腺が腫れてしまい、気管支炎に進み、喉に悩まされていました。

c0181947_19433785.jpeg
去年、一か月も酷い咳に苦しんだので、今回はその時に効いたナチュラルなBioの薬を始めから飲んで、一日4回ハチミツレモン、そして咳が出そうな時には仕事場でもユーカリプスののど飴、ハチミツをしょっちゅう舐めて、、、今回は4日でほぼ治しました。

ストのもう一面を見ると、12月に入ってクリスマス商戦が本格化するこの時期に大型デパートやショッピングセンター、商店が開店出来ないこの状況は、、フランスの経済にも打撃です。フランスはまた今、市民のフランス革命中です。

フランス革命がどんな風に起こったか、まさに目の前で見ているような感じです。フランス人って変わっていないんですよね。主張しないではいられない。

さてパリはどんな年末になりますか。


皆さまも冬の疲れ、乾燥、喉にお気をつけてお過ごし下さいね。






[PR]
# by 40ansparis | 2018-12-08 19:52 | フランス人・フランス観察 | Comments(14)