人気ブログランキング | 話題のタグを見る

朝7時半

桃色の朝焼けに包まれる出勤時間は
いつもの景色なのに、
異次元のようにさえ感じるほど。
朝7時半_c0181947_03481123.jpeg
建物や窓、、、景色の中にある全てのものが
染まっていました。
朝7時半_c0181947_03491659.jpeg
こんなに濃い桃色の空は
久しぶりでした。
朝7時半_c0181947_03502429.jpeg
春の風を感じます。






# by 40ansparis | 2023-02-05 03:50 | カンヌの町 | Comments(1)

パリジャンと南仏人

南仏に住み始めてから7ヶ月。

パリと地方の違いを
様々な面で感じる日々です。

パリは、やはりあらゆるものが揃う為、
商売する側には厳しく、
消費者は目が肥えます。

パリジャンと南仏人_c0181947_22515960.jpeg
人間を比べても、ちょっと違いがあります。

生粋のパリジャンの場合、
インテリで一見気難しく、
批判精神に溢れ皮肉屋。
印象的にも、線が細く繊細なイメージです。
文化度が高いと、尚更、その傾向が高くなります。
パリジャンは気取ってる、地方出身者は、そう言います。
パリジャンと南仏人_c0181947_22545483.jpeg
一方、南仏人は、特に男性達が
一言で表すなら、マッチョ。

この場合、体格のマッチョではなく、
精神的なイメージ。
男性達の印象は、私は全く違う印象を受けます。

地域性、キャラクターの違い、観察していて
面白いです。
パリジャンと南仏人_c0181947_23102233.jpeg
* 写真は、少し前に用事ついでに通り、散歩をした
サンラファエルの広大な岬です。
南仏特有の赤い土が印象的。







# by 40ansparis | 2023-02-02 23:12 | フランス人・フランス観察 | Comments(4)

リルケの言葉365日

購入して毎年、日めくりで読む
リルケの言葉。

忙しい時期や疲れて遅く帰ると
読まずに数日過ぎてしまうこともあります。

2月に入りましたね。
リルケの言葉365日_c0181947_19521226.jpeg
南仏は、このところ毎日お天気。
お日様の光に包まれる午後、外を歩くと
もう春先のようにさえ感じるほどです。
こんな冬は、人生で初めての体験です。

二月初日の言葉を読んでみると、
" 自分の中にいること "
と言うタイトルが見えました。
自分の心の中心に常にいて、
揺るがずぶれないこと、、、と
解釈しました。

リルケの言葉は難しい時があります。
知らない単語はなく、シンプルなのに、
解釈するのに時間がかかるのです。

前日、ベートーヴェンが耳に難聴を患った頃の
手記を元にしたドキュメンタリー番組を観たので
ベートーヴェンのことを思い出しました。
そのことはまた後日に。

何処に居ても、自分は変わらない。
その大切さを
今、実感します。








# by 40ansparis | 2023-02-01 20:02 | 本 livre | Comments(2)

姉妹都市

先日、たまたま見かけた掲示板。
カンヌは、静岡と姉妹都市だったのですね。

姉妹都市_c0181947_18180710.jpeg
姉妹都市って、ひとつの都市に、こんなにあるのですね。






# by 40ansparis | 2023-01-28 18:18 | 気になる、、、 | Comments(6)

読み始めました

読み始めました_c0181947_01321958.jpeg
秋に公開された映画を観て、
完読して来なかったシモーヌヴェイユの手記を
読みはじめました。

出身がニースに住んでいたユダヤ人家族なので、
同じ土地にいる不思議さを感じながら
初めの章を読みました。

彼女の他の本のタイトルにある
" 希望だけが痛みを癒す"と言う言葉を思いながら
読み始めたのですが、

私達が簡単に使う希望と言う言葉に比べて、
アウシュビッツでの非道な扱いを受けた日々を知る
ユダヤ人の人達にとって、希望と言う言葉は
どれほど、遥か遠くに感じたことでしょうか。







# by 40ansparis | 2023-01-26 01:42 | 本 livre | Comments(0)