モネが描いた海岸沿いと岸壁

c0181947_20104361.jpg


先日載せたノルマンディの岸壁は、モネが描いていたようで、パネルがありました。

空の色はパリとも南仏とも違い、パステルのグラデーションになって変化し、やはり印象派の絵のような色をしているのでした。
[PR]
# by 40ansparis | 2017-11-07 20:08 | Voyage, petit sejour | Comments(4)

11月初めの朝

c0181947_17531933.jpg


先日、冬時間になる前に暗い朝の写真を載せましたが、冬時間になり一時間戻したので、朝は若干明るくなりました。

c0181947_17531982.jpg


その分、暮れるのは早くなりました。
雨が降ったり曇りだと、15時半には暗くなり始めて、、、滅入ります。

今時期は朝焼けがお目見え。だから良しとしましょうか。




[PR]
# by 40ansparis | 2017-11-05 17:47 | パリの空 le ciel deParis | Comments(4)

ノルマンディの海岸と海の幸

11月に入ったのに日中の気温はわりと穏やか。

パリから2時間で行ける海、ノルマンディの海へ2日だけですが行って来ました。

c0181947_04340688.jpg


まだ冬の海の色をしていなくて風も穏やかでした。

ノルマンディと言えば、この岸壁。
c0181947_04340716.jpg


ノルマンディ全体が戦争の辛い歴史を抱えていますが、例えば立ち寄ったこの海岸では420人もの若者がフランスの為に砲撃で亡くなっている、と碑石が立っていました。
c0181947_04340713.jpg

パリよりもちろん海の幸は安く新鮮。

定番ムールフリット(ムール貝とフライドポテト)、牡蠣、ニシン丸ごとの酢漬け、舌平目のムニエル、、と堪能。

コメントで先日、牡蠣の写真のリクエストがありましたが、パリの牡蠣屋さんの写真ではありませんけれども、、、。
c0181947_05535213.jpg


冬が牡蠣の季節というイメージがありますが、ノルマンディやブルターニュならほぼ一年中、パリでもきちんとした専門店のレストランを選べば、お店がヴァカンスに入る直前の7月頃まで食べられるのです。
この写真の時は牡蠣と海老のみでシンプルですがフランスの魚介類の盛り合わせ方がプレゼンテーションとしてはとても素敵だといつも思います。

海では流石に泳げないので、プールで1kmほど休みながら泳ぎ、ジャグジーとサウナで肩や腰の疲れを取りました。




[PR]
# by 40ansparis | 2017-11-04 04:17 | Voyage, petit sejour | Comments(10)

musee Albert-Kahn : アルベルト カーン美術館

この美術館は来春新装オープン予定。

今は完全予約で中を案内してもらえます。まだ建物や庭園も工事、修復中で全てを見ることは出来ませんが広いお庭を眺めながら歩くことが出来ます。

20世紀初めのフランス人実業家、アルベルト カーンの元お屋敷で、フランス庭園、英国庭園、日本庭園を備えた大きな敷地です。

日本にも何度も足を運んだカーンは、日本庭園を造るに当たっても、当時の在仏日本大使やフランスに当時住んでいた皇族の方などの協力を得て、日本から日本家屋や茶室別棟を運び込み、庭園を造ったそうです。

c0181947_06155854.jpg


行政の方が詳しく説明して同行してくれます。

一緒に見学していたフランス人の皆様も、日本庭園に来た途端、携帯で写真を撮り始めました。

今はジャポネと着くと人気だそうです。

春にオープン後は、実際にお茶会などが催される予定だそうです。
c0181947_06155973.jpg


こちらでは見かけないもみじや巨大な松、杉の木がありました。

c0181947_06160023.jpg

パリのメトロで来る事が出来る場所にこんな巨大な森のようなお庭があったとは。

フランス庭園の真っ白な邸宅は、第二次大戦中のナチス統制時には、ドイツ軍が占領し、その為、邸宅内にあったカーンの沢山の資料がドイツ軍により盗まれ行方知れずになったままだそうです。

林の中で、駆け回るリスを二回見かけました。もの凄く田舎か山の林の中に来たような雰囲気です。

もちろんパリ市内ではなくパリに近い郊外ですが、、、
メトロ10番線の終着駅からすぐです。

束の間、現実のパリを忘れた時間でした。


[PR]
# by 40ansparis | 2017-11-01 08:05 | Musee Expositionなど | Comments(8)

ハロウィン主役は

うちは黒猫です。
c0181947_07231335.jpg


これは助っ人のディスプレイ黒猫。

そして、当の主役は、、、
c0181947_07231453.jpg

ハロウィンディスプレイ作業の邪魔をする、、、。(ディスプレイ用品の入った段ボールに入り込む、、、)

c0181947_07231558.jpg

作業しちゃダメ〜〜。

作業の邪魔、新聞や雑誌を読んでいる所を邪魔、帰り仕度の邪魔、、、
彼の日々の楽しみ。



フランスはハロウィンより11月1日のToussant(日本のお盆のようなもの)がメインで、ハロウィンは全く盛り上がりません。
仕事場界隈はアメリカンスクールなどがあり、英語圏の人達の多い界隈なので需要が他の界隈よりあるようです。
[PR]
# by 40ansparis | 2017-10-31 07:12 | 仕事の日 le travail | Comments(4)