万年筆 レギュラー、準レギュラーたち

出遅れたけれど、今年の手帳をやっと購入しました。

c0181947_06403293.jpg


ここ三年同じ手帳で同じネイビー。

昨年、パーカーの万年筆を頂いたので、最近慣れるために使っています。

私の一番好きな筆記具は、万年筆と筆。

でもパーカーは初めてです。恐らく頂いたのは安価版なのですが、ペン先やスタイルは本来のものと全く同じだと思います。
ウォーターマンの安価版もフランスは気軽に手に入るので、二十代からの万年筆のペン先が折れた事件後に使ってみていますが、かなりお買い得なのにペン先やスタイルは全く一緒。
フランスは小学生から万年筆を使って慣れるので、万年筆が気軽に手に入るのが私はとても嬉しい。

パーカーのペン先サイズが小さいので、自分が慣れていないせいもあって最初は違和感。
でも、パーカーのインクの筆跡が非常に気に入っています。

小さい頃、両親に祖母や友人から届いていた年賀状の万年筆の色と筆跡でした。

ほんのり薄めのブルーで、、、。
ノスタルジー溢れる文字の色合いに、使うのが嬉しくなってきました。

c0181947_06403340.jpg

一番下のパープルのものがウォーターマンの安価版。10€位で購入出来るのです。そのすぐ上のものは二十代から持っている、安価版の10倍以上の値段のもの。ボディの素材が違うだけで、サイズもスタイルもペン先も全く一緒。

上二本は、フランスの小学生向けのさらなる安価万年筆の中細と細めカリグラフィー用。

c0181947_06403300.jpg

そしてこちらは、万年筆ではなくて普通のサインペンなのですが、筆跡が万年筆っぽくて書きやすいペーパーメイト。ここ三年くらいのお気に入り。
しかも、キャップの先の白い部分が消しゴム代わりになっていて、このペンで書いた文字を消すことが出来るのです。
消しゴムのように減らないのがまた素晴らしいのです。


[PR]
# by 40ansparis | 2018-02-02 06:18 | お気に入り : J'adore ! | Comments(6)

雨続きの日々の本と栞

雨があまりに続くので、何となく"梅雨"の栞にしてみました、笑。

c0181947_18120132.jpg


この栞は、この春になると高校を卒業する姪っ子が小学生の時に作ってくれたもの。

季節毎にイラストが違うのです。
[PR]
# by 40ansparis | 2018-01-30 18:08 | 本 livre | Comments(10)

日に日に

明るくなって行くこの時期の朝。

c0181947_06332873.jpg


たった一週間前のミッドナイトブルーの空から、朝8時の空がここまで明るくなりました。肉眼で見る方が写真よりもうワントーン暗い気がします。

ただ通常は、一月や二月の方が寒く真冬の雰囲気が漂うので、一日中どんよりします。

今朝はエッフェルさんの頭は雲隠れ。
c0181947_06332825.jpg







[PR]
# by 40ansparis | 2018-01-28 06:29 | パリの空 le ciel deParis | Comments(8)

雨が続きすぎて

日本は雪が大変そうですが、

パリとパリ周辺郊外は、クリスマス前から毎日の様に続いている雨で、セーヌ河の水位が上がり、パリ南西部の郊外は既に洪水。
c0181947_01165341.jpg


パリ市内は、いよいよこの週末にはセーヌが溢れるか?!と厳戒態勢です。

セーヌ周辺を走る鉄道は駅を閉鎖中です。

大きな被害になる前に、雨が止まってくれると良いのですが。

気温は一月にしてはまだ穏やかで、冬の終わりから春先に綺麗な歌声を歌って目を覚ませてくれる小鳥が、今年は既に鳴いています。

自然や動物も混乱中です。
[PR]
# by 40ansparis | 2018-01-27 01:07 | ニュース | Comments(6)

いつもの朝のカフェ

出勤の朝のカフェのカウンターで、いつも一緒になるアルベールは70代後半の独り暮らしのムッシュウ。

先日"今、何読んでる?"と言う会話になり、バッグに入れていた今読んでいる本を見せて話をしました。

c0181947_01223525.jpg


その本は小説で、実話ではないけれど内容にホロコーストの事やナチスから逃れアメリカへ渡った男女などが出て来る、大戦中のドラマのお話。

突然アルベールが
"私ね、ユダヤ人なんだよ。"
と言うので、
"それが何なの?どうでもいい事よ、そんなの。"
と首をすくめました。

少しアルベールは自分の人生を語ってくれました。

彼の両親はナチスから逃れる為、運良くアメリカへ渡り、アメリカではアルベールはテアトルや時々映画の端役をして生きて、戦後しばらくしてからフランスへ帰って来たのだそうです。小説の話を体現している人が直ぐ近くにいて、私はびっくり。

初めて聞くアルベールの人生は、それこそ小説になり得る波乱に満ちていて聞きながら感動していました。

c0181947_01223657.jpg


当の本人は、通ってきた家族や自分の人生の重みや痛みを全く感じさせない軽い笑顔で語るのでした。

まさに事実は小説より奇なり、、、です。


[PR]
# by 40ansparis | 2018-01-24 01:06 | cafe | Comments(10)