この時期の風物詩

c0181947_06035134.jpg


スーパーでも売られているもみの木ですが、お花屋さんではお値段はもちろん違います。

昨日は、Jean D'O氏の逝去に朝からショックを受けましたが、その後直ぐにフランスは、74歳の現役国民的ロックスター、ジョニーアリディの逝去のニュースで持ちきりでした。

年末に近づくにつれて今年を振り返ると、例年以上に早かった一年でしたが、深く濃い、忘れる事が出来ない印象的な年でした。


[PR]
# by 40ansparis | 2017-12-07 09:05 | Comments(6)

朝のカフェにて

いつものカフェで新聞の表紙に密かに憧れていた方の写真があり、、、固まってしまいました。
今朝は凄くショックです。


c0181947_16355634.jpg


Jean d'Ormesson氏は元フィガロの編集長などをしたジャーナリストで作家、アカデミーフランセーズでも最も古いメンバーの一人です。

飾らない人柄なのにエレガントでチャーミング。
良くテレビのトーク番組でも見かけました。

彼の本は手にとって立ち読みした事はありますがまだきちんと読んでいませんでした。
自分にはまだまだ彼の本は遠い位置にあるような勝手な解釈で。
90を過ぎてもいつもエレガントで格好良くて、あまりにその存在が素敵過ぎて。

でも、読まなくては。
本屋さんではまた暫く品薄になってしまうかな。

ご冥福をお祈り致します。
素敵なお手本をありがとうございました。

[PR]
# by 40ansparis | 2017-12-06 16:25 | 本 livre | Comments(4)

フランス 猫現象

やはり、フランスもジワジワ来てますねえ。
c0181947_01500101.jpg

ジバンシーのこの秋冬広告。
猫さん、きちんとカメラ目線です。

これは去年も見かけたけれど、、、
またもや、フランスらしからぬ商品。いや、フランスだから売れるのかな。
c0181947_01500281.jpg


本屋さんでも、猫本コーナーは以前とは比べものにならないほど増えていまして、日本の小説猫本も既に翻訳されて置いてあったりします。

週末は、パリの気温が上がらず朝晩はマイナスでした。
ゴロゴロ音がする黒猫湯たんぽで温まっていました。笑

[PR]
# by 40ansparis | 2017-12-05 01:40 | フランス人・フランス観察 | Comments(4)

musée Yves Saint Laurent

9月の末にカフェや小さな映画館などに置いてある広告のポストカードの中で見つけてから、ずっと読む本の栞に使いながら秋のうちに行こう、と思っていました。
c0181947_08082931.jpg


元はサンローランとパートナー、ピエール ベルジェのオフィス兼アトリエだった場所。高級住宅街16区の瀟洒な建物です。

実物のドレスは展示数は少ないけれど、実際のアトリエだった為に、逆に作り手側の仕事場の舞台裏が覗けます。
c0181947_08083083.jpg


実際のデザイン画やコレクション用の生地付きのデザイン画リスト、使って残った反物のロールやボタン、リボンなどのサンプル、デスク周りの写真やお気に入りのオブジェ、、etc。

ショートフィルムを見られる小部屋もあります。
c0181947_08083038.jpg


小さな空間でしたが、実際に物作りをしていた息遣いが感じられる貴重な、そして珍しい美術館かもしれません。
c0181947_08083107.jpg

今のサンローランでは無く、80年代のあの頃は普通に売り場に実際にサンローランがデザインしていた服が並べられ、自分もその前を普通に通ったりして、今考えるとなんて贅沢な時代だったのだろうと思います。
他のブランドも今とは違うイメージでシックな時代でした。
まだソニア リキエルは新人デザイナーでしたし、プラダはまだ日本の百貨店に発掘されたばかりのイタリアントラッドで色遣いも今とは全く違う渋さで素敵でした。

持っていたサンローランの貴重なジャケット、ラインが綺麗なタイトスカートは、ある引越しの時に紛失。
でも、物は物、、と考えるようにしました。
あの時代そのものが幻だったのかも。



[PR]
# by 40ansparis | 2017-12-02 11:46 | Musee Expositionなど | Comments(8)

パペトリー : 文房具屋さん

メールや携帯メッセージでのやり取りが増えて、さらにペーパーレスの時代になり、手紙を書く事が少なくなってきました。

でも私はよく万年筆で色々書いているので、出来るだけ小さい文房具屋さんでインクなど必要な時には購入するようにしているのですが、、、。

当然、文房具屋さんは苦境に来ていて、素敵なレターセットなどを扱うお気に入りのパペトリーは仕事場近くでも一件が閉店、もう一件も次の家主を探している最中で商品はまだ見えるものの、夏からずっと店仕舞いで真っ暗。

かろうじて住んでいる近所のパペトリーは細々営業しています。

c0181947_22101727.jpg


フランスの文房具はやはりカラーが良いんですよね。
文房具屋さんが少なくなるのが悲しいですが時代の流れなのでしょう。
[PR]
# by 40ansparis | 2017-12-01 22:02 | お気に入り : J'adore ! | Comments(8)