上半期:映画

上半期をまとめておかないと、あっと言う間に下半期も終わってしまいそうなので、自分のまとめ用にも忘れないうちに。

上半期は、新作で惹かれた映画の、なんと少なかったこと。
逆に普段以上に好きな監督やジャンルの映画を、より多く映画館で観ることが出来て実り多き時間を過ごせました。

いつも通り、パソコンなどで観たものではなくて、あくまでも映画館で観た映画をキーワードでまとめています。

*クラシック映画のエレガントさ
c0181947_1591651.jpg

いつも以上にイタリア映画との再会が多く、あらためてその世界に惹かれました。
ヴィスコンティ、パゾリーニ、ミケランジェロアントニオーニなど。

*日本の古き良き映画万歳

先日、小津映画について書きましたが、同じ回顧シリーズで他にもみました。
中でも、10年以上ぶりで観た今村昌平監督の"楢山節考"は、今の年齢で観たせいか、凄い映画だったなあ、と感動。

今回はフランス人に囲まれてフランスで観た訳ですが驚いたのは、公開された同年1983年に、この映画はカンヌ映画祭でグランプリのパルムドール賞を受賞していたこと。
c0181947_1591778.jpg

当時の知識での中で、異国のおば捨て山と言う残酷、野蛮で奇妙な物語に、パルムドールを与えたフランスもすごいな、と。。。
そのリアルな姿こそ、人生、とも言える映画ですが。

*新作と再上映の中での光

c0181947_1592082.jpg

サルサから興味あるキューバを舞台にしたオムニバス映画、ミニシアターでのみ上映で、評判はいまひとつ、でも私はとても気に入った映画。パリジュテーム、と言う映画のキューバ版といったところ。7人の監督がキューバを舞台に人々の生活や愛を描いている。

ジェーンエアーは、ご存知の名作。文句無しでC'est beau!!!(美しい‼)。映画化は何度かされているけれど、今回の配役は凄く良かった!

イタリア映画のアモーレ。公開は去年だけれど、多忙時期と重なり見逃していた映画。
これも凄かった。。貴族の家庭の主婦が、息子の友人に恋をし、最後は身分や家庭を全て投げ捨てて息子のような年齢の男性のもとへ行く、と言ってしまうと簡単だけれど。
この結末はヨーロッパならでは、と感じる。
成熟した年齢の女性のほうが魅力ある、と言う認識、、、日本では現実離れしているように思われる結末かもしれません。

*番外で、フランスの美しいアニメーション
c0181947_1592326.jpg

半期に一度くらい公開される、フランス製作のアニメーションフィルム。
日本の切り絵のようでもある、独特の世界。色合いやイラストも美しくて、大人が観ても現実を忘れさせる綺麗さ。実際、フランス人も大人同志でも観に来ています。
日本のアニメもいいけれど、こんな映画も是非日本の子ども達に見せてあげたいな、と観る度に思います。

もうひとつの番外は、何故かウッディアレンだったこの春。
c0181947_1592639.jpg

彼のドキュメンタリーフィルムを観たら、若い頃のデビューは、まさしくひょうきん族のたけしさんのようだった、と言う発見があったり人生そのものがドラマな、女性遍歴など、映画より興味深かった。

仕事場の真ん前で撮影が行われていたので観たフランス映画にウッディアレンが出演した映画は、、まーったく話題にならずに一週間で打ち切り、笑。でもいつも歩く通りを映画で楽しめた。

普段着のフランス映画、例えばジュリエットビノシュやソフィーマルソーなどが出演しているロマンティックコメディなども合間に観たのですが、最近は何だか新作は料金に対して映画の価値が、、と思ってしまうほど特筆すべき事がないものばかりでした。とても気になったもので観ることが出来なかった映画は、海外の映画でしたし。

上半期、ひとつずつ書いていると長くなるのでこれでもまとめたつもりですが、お付き合い下さってありがとうございます。

下半期は繁忙期だから、いい映画の上映があっても中々観に行けなかったりする時期ですが、出来る限りまたいい映画を映画館で観たいものですね~。
[PR]
# by 40ansparis | 2012-10-13 23:15 | cinema | Comments(18)

上半期:本

映画、本ともに、この上半期のNo.1は、ミランクンデラの"存在の耐えられない軽さ"。

何と言う不思議なタイトルなのだろう?とまだ30代になりたての私は、映画もあまり理解出来ていなかったように思う、、。

c0181947_21201838.jpg

この春に映画の再上映で再会して原作の存在を知り、読んで新たに感動。哲学書のように考えさせられる、私には大切な一冊となりました。
クンデラはチェコの作家で、プラハの春の激動時代を織り交ぜて描いているが、本人も激動の中、フランスに亡命し執筆活動を続けた。文章は決して難しくないけれど、表現かしら、、引きこまれて。

この本にも出てくる、ギリシャ伝説のオディプス王の物語もタイムリーに映画にも出会い、不思議な出会いが続いたこの春。

最近出会い、2冊めに入るMarguerite Yourcenar。実際には下半期にかかってますけど。
私は気になる作家に出会うと、続けて同じ作家の本を読みます。文体が気に入るから。
c0181947_21202080.jpg


小説は何冊か読んだことのあるAlexandre Jardinの文庫は、自身のお父様が関わる、家族がずっと抱え持っていたある秘密を書いた勇気ある一冊。読者が選ぶ賞の受賞作。
c0181947_2120215.jpg

今だに話題にするタイミングを選ぶ、重い話題、ナチス統制時代のパリ市内での、ユダヤ人一斉検挙。
この検挙には、フランス警察がナチスに協力していた事実が今だにスキャンダル視されています。

シラク大統領の時に初めて公式に、フランスの国としての責任の重さを謝る発言があった、それほど何かとタブーな話題。

この一斉検挙に、作者のお父様が関わっていた、と言う事実を既に名前の知られている作者が事実として書き上げた作品。

など、毎度挙げきれないのですが、映画同様、本に関してもこの上半期は一言で表すなら、古い作品との出会い、回顧でした。

休日に予定が入ることが多く、この下半期に入った8,9月は、映画も本も全然観れていません。

が、また良い作品に出会いたいものです。
[PR]
# by 40ansparis | 2012-10-09 20:53 | 本 livre | Comments(18)

エスプレッソを淹れる時間

c0181947_716824.jpg

休日の半分が頭痛に占領されるようになったのは、フランスに住んでから。

濃いカフェに助けられているけれど。

後で、は腰が上がらなくなるから、お掃除などやるべき事を一通りやっつけてから、ゆーっくりと味わうカフェの美味しいこと。

パンの買い置き忘れ、またはブランジェリまでバゲットを買いに出る元気もない朝の私の定番は、、

ビスコットにmiel(ハチミツ)をたっぷり塗るだけ。
バゲットならたっぷりのバターの固まりを乗せたりコンフィチュールを乗せたり、でも私の定番は、ビスコットにはミエルがお気に入り。

ハチミツと言えば、バゲットやトーストには禁断の、バターとハチミツと言う組み合わせもありますね~。堪らなく美味しい組み合わせ。

紅茶にも最近はハチミツをお砂糖の代わりに入れています。
フランスのハチミツは濃くて美味しいから。
[PR]
# by 40ansparis | 2012-10-08 23:48 | cafe | Comments(10)

ファッションウイークとサロン

先週から今週初めまでは、ファッションウイーク、通称パリコレの時期でした。

パリは普段は気ままに好きなスタイルの人が実は多いから、あまりモードの街と言う実感は住んでいるとあまりないけれど、この時期は、世界から集まる気合いの入ったスタイルで街を闊歩するファッション業界人を見かけることが多くて、違和感さえ感じるほどです。

半期に一度パリ入りする元の同僚や友人たちに会えるのもこの時期。

今回も小物のサロンへお付き合いしました。
c0181947_2145136.jpg

幸い秋晴れのいいお天気。
歩き回っていると、汗ばむくらいでした。

今回の私のお供は、前回のサロンで一番気に入ったイタリアのハンドメイドのバッグでした。どんよりし始めたパリを歩いていても、気分が上がります。
c0181947_2145773.jpg

上は展示会場のもの、下の赤が私のオーダー。

この生地の凄いのは、小さいポンポンが付いているように見える所が実は全部、縦糸の一部と言うところ。
生地の縦糸の糸を手で一回ずつひとつずつ引っ張りだしてコロコロを作り出している、と言う訳。イタリアの生地技術の技をまたひとつ見せてもらいました。


赤は私の色ではないけれど、いい赤に出会ったときや、デニムに合わせる赤、カシミアの赤、、など、たまに差し色に使いたくなる色。
実は黒、ネイビー、グレー、ベージュ、白とベーシックな色と相性もとてもいい赤。

これから秋冬、モノトーンになるパリの景色に赤を差しましょ。
[PR]
# by 40ansparis | 2012-10-05 21:25 | モード*ファッションla mode | Comments(19)

女のデコルテ、女の背中pour mme K

•2度目の三都物語•
L'essai (Frorence), la cuisine(Tokyo), le dessin(Paris)

c0181947_23405569.jpg

今回は耳にしたマダムこすもすさんのお誕生日とのこと、スタッフそれぞれ打ち合わせ、サプライズ訪問そして押しかけソワレ、と相成りました。

舞台は東京ですが、取り仕切るホストは今回私、皆様のコラボを少しずつ全体的にご紹介
しますので少々長くなりますが、お付き合い下さいませ。


何でもこすもすさん、メランコリックな余韻に浸っていらしたご様子の今夜。

:::::::::::::::::::::::::

身体のラインがそのまま出る程、タイトな黒の絹のドレスに
頬に少しだけかかる緩やかな波打つ髪を
ゆったり首筋で結い上げて、アンティークの真珠の髪留めで
控えめに留めつける。
それに似合う色合いの、選び抜いた小さなバロック真珠が揺れる
イヤリング。装飾品はそれだけで、指輪も、ネックレスもブレスレットも
何一つ 今日は、つけるのをやめておこうか・・。

最後の仕上げは、手首と首すじに、
微かに香るようマダム・ロシャスを・・


鏡の中に写る私。
化粧台の横に飾られた、何本もの大輪のゆりの花は、
化粧を始めた時から、濃厚な香りを放ち私に軽い眩暈を起こさせる。

今夜・・私は、あの人に逢いに行く。

君、これ落としたよ。定期券を落とした私を追いかけてきてくれて、
息をはずませながら、何の疑いもないまぶしい笑顔で、そう言った。
その制服XX高校?僕も1年前まで通ってたんだ。

私・・。知ってます・・知ってます。
1つ年上の貴方のこと、いつも見てました。
校舎の窓から、図書室から、あなたが笑うのを、あなたが友人たちとふざけるのを
あなたが、校庭を駆けるのを・・。いつもいつも、・・見てました。
私は、貴方の名前も、生まれた日も、あなたが好きだという女の人も全部全部
知ってます。私は・・私は・・・。

ありがとうも言えないで、何一つまともに言葉を返せないまま、ぼんやり立っている私に
苦笑いして、あなたは、じゃ・・と、反対方向へ急いで引き返して行ってしまった。

そう・・ありがとうの一言も、言えないままで。

それからも、海の見える街で、あなたのうわさを聞いた。
覚えてる?私たちより一つ年上で、生徒会長だったXXさん。大学でもすごく
優秀なんですって。海外赴任しているらしいわよ。
高校の時のあの綺麗な大人っぽい彼女とは別れたんですって・・
年上の海外女性と結婚して、離婚したみたいよ・・
長くフランス駐在なんですって・・。

あれから・・何年が経っただろう?
あれから・・何十年が経っただろう?

あの時にありがとう。と言って微笑んで、私あなたの事知ってます。
私、いつもあなたの事を見てました。

そう・・告げる事ができていたら、運命は変わっていただろうか?

あの街を離れ、女の子2人の母になって、
毎日を穏やかに、平凡に過ごしている私の日常は
変わっていたのだろうか?


今年の異常な暑さが少しおさまってホッと一息つけると思った9月の始めに届いた同窓会の招待状。
発起人の名前の中に、貴方の名を見つけた。
創立50周年記念に学年を問わず合同で大掛かりな同窓会をするのだという。

あの日から、心が騒ぎ。何をしていても落ち着かない。

高校生のくせに、
「俺・・黒いドレスの似合うセクシーな女性が好きだな」

そんな事を、生徒会室で、友人同士雑誌を見ながら、
話していたあの人の声を覚えている。


赤い口紅も、赤いマニキュアも、黒いドレスも
ワードローブの中には無かったから、急いで探して買ったこのドレス。


でも、鏡に写る私は、なんだか。少し。違って見える。
お店の人はよくお似合いですよ。とてもゴージャスだし、セクシーです。
そう、褒めてくれたし、その気になって買ってしまったけど、

本当に、これが私なのかしら?

遅くなって、今日は帰れなくなるかもしれないからと、
ホテルまで取って・・

・・・私、あの人に会いに行く・・?。


でも・・でも。私。こんな私はやっぱり違う。

一旦、はずした結婚指輪をもう一度、指に戻す。

あの時から何十年も経った年月も、その間、私をいつも包んでくれた
愛たちも、あの人が 与えてくれたものじゃない。あの人と築いたものじゃない。
私が、私の家族、良人や子供たち、そして友人たちと、
一つ一つ積み上げたものなんだから・・。

鏡の端に写るもう一枚のドレス。
黒のドレスを買った時、どうしても決め損ねて
買っておいた、もう一枚のドレス。


やっぱり、着替えなおそう・・
髪は、髪もやっぱり降ろして肩をふんわり覆うようにさせようか。

そう・・。
私は、今の私としてあの人に逢わなくちゃ。
いつもとは違う、黒い服を着て、赤の勝ったルージュをつけた
私ではなく、私が私の年月を歩いてた 今の私で、あの人に逢いに行く。


その後で、例えどんなに遅くなっても家に帰ろう!
今日は、私の誕生日なんだもの。特別な日に一緒にいたいのは・・、

あの人じゃない・・。そう、あの人じゃないんだ。

家に電話をかけて 待っててね。って伝えよう。
でも。皆、なんて言うかしら?
このドレス姿の私を見たら・・・・。

この色。

本当は、この色合いは、大人じゃなくちゃ、着こなせないんですよ。
黒なんかより、もっと難しい 人を選ぶ色なのに、良くお似合いです。

お店の人に背中を押されるように買ったこのドレス。

うん。本当に!自分でも、似合うと思うわ。
これが私・・。鏡の中に写る。これが私なの!


明日から、またいつもの私らしい服を着て、
ママはいつまで経っても夢見る夢子なんだから・・って笑われても、
少しだけ、ほんの少しの間だけ、妻であり、母である前に
少女であって 女である 私の心で、あの人に逢い行く。

そうして、明日からの私は、今日までの私より もっともっと素敵になる!

:::::l'essai est écrit par Mme ihoko::::::::::

c0181947_23405643.jpg


お料理のプロ、マダムwhiteさんからのケータリングサービス。
目味麗しきお料理の数々。
全てこすもすさんのイメージで用意されたスペシャルメニューです。

可愛いちょっとしたおつまみ(リンゴとパルミジアーノレッジャーノチーズ)
パスタ(プチトマトとラディッシュのパスタ)
メイン(ポークチャップのグリュイエールチーズ焼き)
ドルチェ(フルーツのタルト又はストロベリームース)

お茶会の名人、こすもすさんに相応しくドルチェもふたつ用意されました。
皆様がドレスのお腹を気にしながらも堪能しました。

こすもすさんのご友人、てぶくろさんは手袋使いのプロらしく素敵なコーディネートで
ボーイフレンドとご一緒に、駆け付けて下さいました!

:::::::::::::::::::::::::

え?お誕生会の予定などない?
いえ、たしかに「本日こすもす邸にてお誕生会を開催します」とうかがったのですが・・・
そして、ある方がご自慢の美味しいお料理を運んでくださるらしいですよ。
ワタクシはある方から「会場にでで~んと派手なお花を飾ってください」とお願いされましたのよ。
ほら、テーブル・フラワーをお持ちしました。



こすもすさまのイメージでピンク色で統一しました。
でも、ただの甘甘のピンクだけじゃない、チョコレートコスモスを使って、シックに
大人な感じに仕上げてみましたわ、
フレンチスタイルのアレンジのつもりです、いかがでしょうか?ほら、今夜お召しの
お洋服にもよくお似合いですよ。

こすもすさまは、最近「若い男性と恋に落ちた」<とうかがいましたので、
私も負けずに連れてまいりましたわ。

::::::::commentaire par Mme tebukuro::::::::::

今回お集まり下さった淑女の皆様へお願いしましたドレスコードは"デコルテと背中"。

皆様がそれぞれ、ご自分のこだわりをスタイリングして集まって来て下さいました。
詳細や種明かしはそれぞれのブログにてご覧下さいませ。

さて、私は昨年観たマダムGrès の回顧展にて、オーダーしてありました、ドレスを。
c0181947_23405753.jpg

"これで飛行機に乗ってきたんですって、、"


背中にインパクトがありますので、アクセサリーはパールのロングピアスのみにしています。

年齢を素敵に重ねた女性のデコルテや背中は沢山の物語を語るのです。
そんなことを大いに感じた今宵の三都物語。

楽しい宴でした。大いに笑って食べて。
余韻に浸って居る間に、帰途の時となりました。
[PR]
# by 40ansparis | 2012-10-04 00:01 | 三都物語 | Comments(23)