人間何でも慣れるもの、、、

相変わらずパリは寒いわっ。。。
c0181947_7423229.jpg

でも今週は最高気温が5度くらいとやっとプラスになるみたい。
それでもかなり寒くて、みんなこんな感じで首をすくめて歩いているけれど、人間何でも
慣れるもの。

あの最高気温がマイナスの日々を過ぎると、ちょっとプラスになっただけでとても違って
感じますネ。
[PR]
# by 40ansparis | 2009-01-13 07:40 | ひとりごと murmure | Comments(0)

お土産ありがとう~

先日Kさんとカフェで会った時に頂いた、Kさんからお気に入りというショコラティエの
カカオ原産地を厳選したピュアショコラ。

そしてKさんがドイツに年末のバカンスで行った際に○くんから預かってきてくれたという
白バルサミコのクリーム?~!

ショコラはとっても研ぎ澄まされたまさにピュアショコラでした!
Kさんのセレクト、すごいなあ、、、と感心しっぱなし。

そして仕事から帰った今晩、大盛りサラダに白バルサミコのクリームを使ってみました。
普通のバルサミコと違って液体状ではないので、スプーンですくって散らしてみました。

クリーム状になっているのが、とても不思議な感じ。さっぱりして美味しかったです。
温野菜にも試してみようと思っています。

c0181947_7503279.jpg

おふたりとも、ありがとう~。
まだ大事に頂きますね。これで明日も頑張れそうです。
[PR]
# by 40ansparis | 2009-01-12 07:44 | 家でお茶・おやつ | Comments(0)

久しぶりにトロカデロ

c0181947_764645.jpg

これは夕方のシャイヨー宮からのエッフェル塔。ここから見るのが一番完璧なエッフェルさん
です。
そして、不思議なのが、夕焼けって日本だとオレンジ色がかっているのに、パリでの夕焼けは
いつもオレンジというよりはブルーの空にピンク色。その混ざり具合がとても綺麗で大好きです。
そんな暗くなるちょっと前のピンクがかってきたエッフェル塔です。

意外になかなかそれでもわざわざ来ないトロカデロ界隈。
今日はKさんの気になるというカフェへ。

外から見ると両隣のカフェとも変わらない、普通のカフェに見えるけれど、何故かそのカフェ
だけが異常に混んでいました。
中は、意外にサロン・ド・テ、それもかなりクラシックな。アンジェリーナのような雰囲気。

パティスリーがどれも美味しそうだったので、見た目が変わっているモンブランにしました。
c0181947_7114330.jpg

ひっきりなしにお客様が入ってきてとても人気があるのがわかりました。

ガレットももちろんありましたが、フェーブのコレクター用でしょうか?フェーブのコフレを
販売していました。
これは時計だけのフェーブを集めたコフレ。近づいてもよーく出来ていました。

時間も忘れて3時間もゆっくり話していました。
Kさん、また是非ご一緒しましょうね。いい時間でした。
c0181947_71636.jpg

[PR]
# by 40ansparis | 2009-01-11 01:04 | 食べ物エトセトラ | Comments(8)

お店で

c0181947_6463293.jpg

お店で出会うお客様は様々ですけれど、中にはプロのパティシエの方やブーランジェーの方、
料理人の方も多いです。

先日、とても印象的な出会いがありました。
生き生きとした笑顔が素敵な、シンガポールからいらした日本人女性のAさん。
聞けば、シンガポールでお菓子を教えていらっしゃる先生だそうです。

フランスが好きで好きで、とおっしゃる彼女。以前エルメで修行もされたそうです。
年に2回はいらっしゃるというパリで、今回もたっくさんお菓子を食べたり買ったりして
特に今回はガレット・デ・ロワをシンガポールの生徒さんたちへたくさん買っていかれるという
お話を聞きました。

ご自分も食べることやお菓子が大好きで、それを人に伝えるのがまた楽しくて、という彼女の
ポジティブさが伝わってきて、たくさんの元気をその日は頂きました。

お忙しいスケジュールの中、帰国の前日に、またお店に寄って下さり、ゆっくりお話をさせて
頂きました。

もちろん私は毎日お店には立っていないので、お店でたまたま出会うことの出来たお客様と
その後もメールを頂いたり、また数ヵ月後お会いしたりすると、人生の出会いって不思議だ
なあ、っていつも思います。
だって、その日、私がお休みだったら出会っていなかったかもしれませんし。
縁というものの、不思議さ。。。。。

いつになっても私もAさんのようにチャーミングでいたいな、と思います。

こんなに好きなパリでも、さすがに今回は寒すぎて、シンガポールが恋しいわ!と言って
いたAさん。またパリでお会いする時を楽しみにしていますネ。
[PR]
# by 40ansparis | 2009-01-10 20:43 | 仕事の日 le travail | Comments(6)

本日のガレットは

一週間分の恒例買出しの帰りに、すぐ近くのMoisin(ビオの材料を使ったブーランジェリー
です)のガレットを購入。

c0181947_1482258.jpg

ここのはウインドーで見ていて、とても薄く焼き上げていて、素朴な本来のガレットだなあと
思っていたのです。
予想通り、素朴な味で美味しい。

本来、ガレットはうすーく焼きあげていなければならないのに、最近のブーランジェリーや
パティスリーのは、パイ生地が持ち上がりすぎて膨らみ過ぎているものが目立つ気がします。
ショソン・オ・ポムならいいかもしれないけれど、ガレットの場合は本来のガレットのスタイルとは
違ってきてしまいます。

パリに来て最初の年、ちょっと試したりもしたけれど、結局有名パティシエのところよりも、
近所のブーランジェリーの、本当に模様が手作業で均一になっていない様な素朴なガレットの
方がずっと美味しいと思います。

c0181947_1535343.jpg

3勤明け、いつも通り12時間以上眠った私。
起きてこのお買い物やお茶を終えると、3時間もするともう暗くなってきてしまった日の短い
一日、いえパリでした。それでもまだまだ眠れそうな私です。
[PR]
# by 40ansparis | 2009-01-10 01:46 | 家でお茶・おやつ | Comments(2)

仕事帰りの l'ami Jean

c0181947_1223240.jpg

3勤明けでも仕事帰り、今日は少し楽しみでした。

本当はCちゃんがロンドンから来るはずが、風邪の具合で来れず、代わりにいらした
Yさん、Yさん、Mさんと、うちのお店から一本向こうの通りにあるラミジャンへ。

私だけ仕事が終わり次第駆けつけたので、すぐ出来るというboefのメニューを軽く注文。
他の3人さんはすでにデザートのリ・オ・レをみんなでつまんでいる頃でした。

c0181947_1265970.jpg

リ・オ・レは日本人として、どうもご飯の量が気になって、デザートとしては微妙、、、、と
思っていたのですが、ここのはさっぱりしていて重くなく、美味しく頂きました。
(お裾分けで頂いただけなのですけれど、、、)
c0181947_1284846.jpg

それにしても、量がすごかった。

ここは超がつく人気のビストロ、しかも今や人気のバスク料理のビストロとあって、超満員
でした。

実は3人サンとお会いするのは、Cちゃんが居ないということで、私は初めてだったのですが
す~~っとすぐにお話出来て、楽しいガールズトークの時間でした。
日本語のおしゃべりはたまには必要ですね。

いつも振り返らずにこの道を帰るので、今夜はみんなで振り返って、お店の通りの
エッフェル塔を。
もうEUの議長の座は2008年で終了のため、ブルーのエッフェルさんも終了です。
c0181947_133796.jpg

[PR]
# by 40ansparis | 2009-01-09 23:20 | 外でご飯 | Comments(8)

ソルド(セール)始まっていますが

ソルドが始まってからずっと仕事だったのもあり、全然覗いていません。

そして今シーズンは、あまりこれが欲しい!というアイテムがなく、行かなきゃ!とも
あまり思っていない私。

でも!シューズはやっぱり見たいなあ、、、、、、。と思っています。
でも!洋服よりも実は、気に入ったデザインになかなか出会えないのもパンプス。

一番今欲しいのは、こっちのシューズだったりして?
c0181947_7465341.jpg

これがホントに履けるものなら、履きたいわ~。
[PR]
# by 40ansparis | 2009-01-09 01:41 | ひとりごと murmure | Comments(2)

近くのスタバにも

c0181947_728591.jpg

今朝は、本当に久しぶりにメトロがまともに動き、早めに出た私は、思いっきり早すぎて
到着。
なので、お店と同じ通りにある、スタバでエスプレッソをゆっくり飲みました。

最近、そのスタバにアジア人ぽい男性がひとりスタッフで加わっていました。その分、
行くとよく話しかけてくれる、とても気さくな黒人の女性は最近見なくなってしまいました。
異動があったのでしょうか。

飲み終わり、カップを持ってmerci !というと、その男性もmerci !と言いながら、
ちょっぴりお辞儀をしたので、やっぱり!と日本人だとわかりました。

お店にもアジア人のお客様がいらっしゃるのですが、最近は韓国の男性などは日本人かな、と
間違うこともあって、自分からあまり言わないようにしています。

パリにもどんどん出来ているスタバですが、日本人スタッフは初めてお会いしました。

そしてパリで同じように頑張っている日本人の方には、私もいつも励まされています。
フランス語には囲まれている生活が日常にはなってきているけれど、それでも母国語が
すぐ通じる安心感は格別ですね。

仕事の日はお店のまわりにモンカフェなんてないので(カフェはたくさんあるのですが)
このスタバはまたお世話になります~。
[PR]
# by 40ansparis | 2009-01-08 19:26 | 仕事の日 le travail | Comments(0)

毎日メトロは、、、

ここ一週間、私がたまたま乗ったメトロは、みごとにほとんど毎回、一時中断して長い間
止まったり、降りて下さいと突然言われて他の路線での乗り継ぎ方法を考え直したり、、、
まったく。。。。
本当に、毎日のメトロくらい、まともに走らせることも出来ないこの街。

アナウンスが淡々と流れるたびに、呆れます。
こんなに偶然によくまあ起こるものだわ、と感心すると同時に、いったい一日どれだけこれを
繰り返しているのかとまた呆れます。

c0181947_7463038.jpg


アナウンス通り、本当に機械の不都合なのか、、、、
その機械を使っている人間が、寒さのせいか、多分バカンス明けでやる気がないのか、、、、

そんなのしょっちゅうなのは分かりきったことよ、とたくさんのパリ在住者の声が聞こえそう。

今朝の出勤時もまた。。。
出勤時なので、さすがに乗客の特にマダム達は、文句を吐き捨てて降りて行きました。
c0181947_7503130.jpg


日本で当たり前だったことが、ここでは当たり前じゃないのです。
そんなことを裏読みしつつ、少し余裕を持って出勤することにしている私。

何年経っても、改善という姿勢が見えません。。。。
出勤時だけは勘弁して欲しいな。。。。他に人が居ないんだから~~。もおお。。。
[PR]
# by 40ansparis | 2009-01-07 01:42 | フランス人・フランス観察 | Comments(2)

Les parapluies de Cherbourg

c0181947_1563311.jpg

偶然、最近頭の中で流れていたのがシェルブールの雨傘の曲だったのです。。。

そして今日、再上映とお休みがようやく合ったので、観てきました。
何年ぶりでしょうか?

20代の頃から数えて、何度観たかな、、、。
既にわかりきったストーリーなのですが、何度観てもボロボロと泣いてしまう私。
ふたつ置いて隣の席に座っていたムッシュウも何度も手で頬の涙をぬぐっていました。

20代の頃はシンプルにうっとりとメロドラマとして泣いて観ました。
どの映画も本も、その年代によって感じ方が変わるのは当然だけれど、まずは前編フランス語
頭で理解して、あらためて台詞や歌詞が切なく素敵だなあ、と感じました。

前編ミュージカル仕立てなので、台詞も曲に載せてあり、ゆっくりで分かるし、誰もが知って
いるこの有名な曲もフランス語の歌詞がとっても切なくますます泣けました。

カラー使いがやっぱり大好きな60年代の映画らしくフランスだなあ、と思ったり、ミュージカル
といってもベースがジャズだったり、食事はやっぱりフランスって質素だなあと思ったり。
若いときには感じなかったことも見つけたりして。

カトリーヌ・ドヌーヴはサンジェルマン界隈で一度見かけたことがあります。
もう最近の貫禄がついている彼女を。
今も綺麗なひとだけれど、やっぱり若いときはこんなに可憐なひとだったのね、と
あらためて観ました。
何と言ってもやっぱりこの名曲のおかげで不滅の名作になっているように思います。

観たあとも、もちろん私の頭の中はこの曲だけがずっと流れ続けています。
今週は少なくともこの曲が流れ続けるでしょう。。。。
[PR]
# by 40ansparis | 2009-01-06 20:54 | cinema | Comments(6)