毎日メトロは、、、

ここ一週間、私がたまたま乗ったメトロは、みごとにほとんど毎回、一時中断して長い間
止まったり、降りて下さいと突然言われて他の路線での乗り継ぎ方法を考え直したり、、、
まったく。。。。
本当に、毎日のメトロくらい、まともに走らせることも出来ないこの街。

アナウンスが淡々と流れるたびに、呆れます。
こんなに偶然によくまあ起こるものだわ、と感心すると同時に、いったい一日どれだけこれを
繰り返しているのかとまた呆れます。

c0181947_7463038.jpg


アナウンス通り、本当に機械の不都合なのか、、、、
その機械を使っている人間が、寒さのせいか、多分バカンス明けでやる気がないのか、、、、

そんなのしょっちゅうなのは分かりきったことよ、とたくさんのパリ在住者の声が聞こえそう。

今朝の出勤時もまた。。。
出勤時なので、さすがに乗客の特にマダム達は、文句を吐き捨てて降りて行きました。
c0181947_7503130.jpg


日本で当たり前だったことが、ここでは当たり前じゃないのです。
そんなことを裏読みしつつ、少し余裕を持って出勤することにしている私。

何年経っても、改善という姿勢が見えません。。。。
出勤時だけは勘弁して欲しいな。。。。他に人が居ないんだから~~。もおお。。。
[PR]
# by 40ansparis | 2009-01-07 01:42 | フランス人・フランス観察 | Comments(2)

Les parapluies de Cherbourg

c0181947_1563311.jpg

偶然、最近頭の中で流れていたのがシェルブールの雨傘の曲だったのです。。。

そして今日、再上映とお休みがようやく合ったので、観てきました。
何年ぶりでしょうか?

20代の頃から数えて、何度観たかな、、、。
既にわかりきったストーリーなのですが、何度観てもボロボロと泣いてしまう私。
ふたつ置いて隣の席に座っていたムッシュウも何度も手で頬の涙をぬぐっていました。

20代の頃はシンプルにうっとりとメロドラマとして泣いて観ました。
どの映画も本も、その年代によって感じ方が変わるのは当然だけれど、まずは前編フランス語
頭で理解して、あらためて台詞や歌詞が切なく素敵だなあ、と感じました。

前編ミュージカル仕立てなので、台詞も曲に載せてあり、ゆっくりで分かるし、誰もが知って
いるこの有名な曲もフランス語の歌詞がとっても切なくますます泣けました。

カラー使いがやっぱり大好きな60年代の映画らしくフランスだなあ、と思ったり、ミュージカル
といってもベースがジャズだったり、食事はやっぱりフランスって質素だなあと思ったり。
若いときには感じなかったことも見つけたりして。

カトリーヌ・ドヌーヴはサンジェルマン界隈で一度見かけたことがあります。
もう最近の貫禄がついている彼女を。
今も綺麗なひとだけれど、やっぱり若いときはこんなに可憐なひとだったのね、と
あらためて観ました。
何と言ってもやっぱりこの名曲のおかげで不滅の名作になっているように思います。

観たあとも、もちろん私の頭の中はこの曲だけがずっと流れ続けています。
今週は少なくともこの曲が流れ続けるでしょう。。。。
[PR]
# by 40ansparis | 2009-01-06 20:54 | cinema | Comments(6)

フェーヴを当てたのは

c0181947_1495653.jpg

私でした~!

お店にカエルのフェーヴが飾ってあったので、てっきりカエルが出てくるのかな、と思ったら
お皿にのったベニエ(揚げ物のこと)でした。

最初、上下逆に見た私はキノコだと思ったのですけれど。。。キノコだと思った上に
beignetsと書いてあったので、わかりました。

美味しかったです!
綺麗に半分ずつ!昨夜のうちになくなりました。
[PR]
# by 40ansparis | 2009-01-06 01:53 | 家でお茶・おやつ | Comments(0)

今年初めてのガレット・デ・ロワ

c0181947_1215968.jpg

今日は粉雪、と思っていたら結局一日中降り続いていました。

それでも今日のお休みはKさんの働いているブーランジェリーに行こう!と思っていたので
早速まずは近くのレピュブリックでメトロを降りてお散歩。

どのブーランジェリーでもこの週末からどーんとがレット・デ・ロワが並んで賑わっています。
うちはとにかく薄く焼きあがったのが好き。そしてもちろん手でひとつずつ模様をつけていたり
する素朴でシンプルなものが好きです。
メゾン・デュ・ショコラなどのショコラが入ったようなアレンジしたタイプのものは、ふたりとも
全然興味がありません。

二人しか居ないので、もちろん中から出てくるフェーヴもどっちかが当てる訳ですが、、、
それでも楽しいひとときです。今やコレクターも居て、すごいみたいですね。
私はまだ5個くらいかな。

今晩のデザートなので、早速王様になれるかどうかは未定です。。。
楽しみです~。
1月いっぱいは家の近所の美味しいところあちこちのを、かわるがわる毎日のように
食べ続けます。(我が家の場合)だって1月しか食べられないお菓子ですから。。

c0181947_1323111.jpg

明日はですね~、最高気温がなんと氷点下のマイナス6度とか予報で言っております。。。
c0181947_1332580.jpg

子供達は世界中どこでも、雪の中でも元気に遊んでいます。
c0181947_1343819.jpg

この少ない雪をかき集めて、よくこの大きさの雪だるまをつくったね。。。

寒いこの時期、ガレットと熱いお茶で身体を温めるという言い訳もありながら、同時にガレット・デ・ロワを食べることは、さらりと年が明けて実感の全然ない私の身体に、年が明けた!と実感させる年始の行事です。
[PR]
# by 40ansparis | 2009-01-05 02:29 | 家でお茶・おやつ | Comments(2)

パリでの日本人作家の本たち

先日ゆっくりとフナックへ。
まずはデザインブックやアートの本が並ぶコーナーを眺めていると、あのナバズタグが表紙の
デザインブックが。いつ見てもかわいい。
c0181947_21394788.jpg


そして日本人作家のコーナーもどんどん充実しています。
売れていると聞く、源氏物語。私のフランス語の先生も既に読んだわ!というこの厚い本。
本当にそんなに売れているのかな。
c0181947_21414515.jpg


そしてもちろん、大御所たちの本もたくさん。
ミシマ・カワバタなどなど。
でも一番売れているらしい、常にヒット本のコーナーにあるのは村上春樹です。
c0181947_21432215.jpg

もちろんフランス語なので、表紙のデザインが、なんとなくフランス人好みになっているのが
面白いです。

そしてこの日、私は映画のコーナーで、ついに長年気になっていた(ちょっと大げさですが)
本を見つけて購入。
それはピアフとマルセル・セルダンの往復書簡、つまりふたりが実際に書いた手紙の
ドキュメント本。
日本に居た頃、フランス文学者の方が、ピアフ最期の手紙はとても素敵だ、と語っていたのを
聞いたことがあり、日本語版が出版されているのですが、フランス語でいつか読みたいと
思っていました。

人の気持ちに敏感だった彼女の一言一言。まだ読み始めですが、心にしみます。
[PR]
# by 40ansparis | 2009-01-05 00:37 | 本 livre | Comments(0)

Il neige !

c0181947_21313032.jpg

ものすごーく寒くなってきているパリです。

今朝、といっても私が起きたのはお昼近くですが、、、今も粉雪が舞っています。
今日も最高気温は1度。
明日からは最高気温も氷点下の予報です!
今年は特に寒いっ。

でも日中はまだ平気ですね。
だって、出勤時と仕事帰りの時間の寒さを思えば全然!

ぽかぽかになるように、歩きましょう~。
[PR]
# by 40ansparis | 2009-01-04 21:29 | ひとりごと murmure | Comments(0)

妹夫婦、姪からのカード

かわいい~カードありがとう~。
本当はもっと鮮やか~なグリーンでとても綺麗です。
c0181947_7473893.jpg


一生懸命書いてくれたメッセージや、いつもメールで送ってくれる写真を見ているだけで
私は涙が出てきちゃって。。。
体温が高い私だけれど(夏、嫌がられます。。)また今度会ったら、姪たちをぎゅーっと抱きしめたいヮ~。
[PR]
# by 40ansparis | 2009-01-03 07:45 | ひとりごと murmure | Comments(2)

ma vie・・・・・・・

c0181947_729410.jpg

2009年早々、マイペースにさらりと明けてしまいましたけれど、皆様Bonne Annee!

2008年最後の夢も、そして実は2009年最初の夢、つまり初夢も、私の夢は2日連続で
人生初のフランス語の夢でした。
その中のフランス語が文法的に正しかったかどうかは、、、定かではありませんけれど。

ようやく自分の内側までも、パリが日常になってきている、ということなのかな?と自分で
分析してみました。

思えば私、結婚も遅いし独りが長いので、引越しやらあちこちへの出張も何度もしたお陰で
いつも、どこに居ても、結局のところ私は私です。

そんな私は私、と常に超マイペースとよく言われるこの私に、お付き合い下さる周りの方達の
お陰で実は私らしく居ることが出来ている、とも思って感謝しています。

2009年初めに、そんなことをあらためて思いました。
大好きなプレヴェールの詩から。

Ma vie n'est pas derriere moi
ni avant
ni maintenant
Elle est dedans.    Jacque Prevert


(私の人生は、私の後ろにはいない
 前にも、今にもいない
 それは、私の中にある)

c0181947_7373520.jpg

お天気がよかったけれど、週末までパリはずっと最高気温0度の予報です。
[PR]
# by 40ansparis | 2009-01-02 07:27 | パリの空 le ciel deParis | Comments(6)

Au gourmand

年末年始もあまり関係のない仕事をしてきたので、私にはいつも通りの休日です。

さて、ここAu gourmandに来たのは夏以来です。

野菜好きの私にとっては、ここでの一皿一皿はビストロ価格とは思えないくらい、野菜の素材が
よくてサービスも優しくて、いくつか行ったビストロの中でも、今のところ私の中では一番の
お気に入りなのです。

日本から年末年始のバカンスでパリに滞在中の友人と会うのも、ちょうど夏以来です。
夏はお仕事で来ていたので、夜便で帰国するその日の夕方に少しお茶をしただけでした。

今日はゆっくりと話をしながら食事。こんな時間が私にはとても心和む大切な時間です。

野菜がここは美味しいので、今日は二人ともTout Legumes(ぜんぶ野菜)というコースに
しました。
アミューズは海鮮のウニなどのあったか一口スープ。
c0181947_20161479.jpg


アントレはシャンピニオンや栗、すいとんに入れるようなもちもちしたもの?、野菜の甘辛煮。
ポーチドエッグ添え。フランス語では甘くてしょっぱいのを文字通り、sucre-saleと
言います。不思議と和風な感じでした。
c0181947_20185691.jpg


メインももちろん野菜です。
シンプルな野菜たちのバター焼き。トマト、キャロット、ビーツなどなど盛りだくさん。
c0181947_20202875.jpg


デセールも野菜です。
プティマロン(栗のようにあまいフランスの小さなオレンジ色をしたかぼちゃです)の
コンポートとアイスです。
c0181947_20214284.jpg


12月忙しかった私の疲れた胃に、優しいメニューでした。それにこの時期のフランスは
カロリーの高いものばかりが続きます。
ノエル時期のフォアグラ、ビュッシュ・ド・ノエル、そしてもうすぐガレット・デ・ロワ~!

次回会えるのは2009年の夏ですね。
今年もこんなささやかでいいので、優しいひと時を過ごす時間に恵まれますように。
[PR]
# by 40ansparis | 2009-01-01 03:08 | 外でご飯 | Comments(2)

2008年最後の日の夢は・・・・

普段通り、休み明けの今日。
あっと言う間に2008年最後の日です。

目が覚めて、気がつきました。

今朝、初めてフランス語で自分も相手も会話をしている夢を見ました~。
でも舞台は仕事をしているお店だった。。。。。。

12月がどれだけ忙しかったのか、、、ということでしょうか?
それだけ日常で耳にするようになった、と理解しておきましょう。。。

他の方には些細なことかもしれませんが、私にとっては自分で驚きです。
c0181947_7493087.jpg

[PR]
# by 40ansparis | 2008-12-31 23:45 | ひとりごと murmure | Comments(2)