<   2018年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

雨続きの日々の本と栞

雨があまりに続くので、何となく"梅雨"の栞にしてみました、笑。

c0181947_18120132.jpg


この栞は、この春になると高校を卒業する姪っ子が小学生の時に作ってくれたもの。

季節毎にイラストが違うのです。
[PR]
by 40ansparis | 2018-01-30 18:08 | 本 livre | Comments(10)

日に日に

明るくなって行くこの時期の朝。

c0181947_06332873.jpg


たった一週間前のミッドナイトブルーの空から、朝8時の空がここまで明るくなりました。肉眼で見る方が写真よりもうワントーン暗い気がします。

ただ通常は、一月や二月の方が寒く真冬の雰囲気が漂うので、一日中どんよりします。

今朝はエッフェルさんの頭は雲隠れ。
c0181947_06332825.jpg







[PR]
by 40ansparis | 2018-01-28 06:29 | パリの空 le ciel deParis | Comments(8)

雨が続きすぎて

日本は雪が大変そうですが、

パリとパリ周辺郊外は、クリスマス前から毎日の様に続いている雨で、セーヌ河の水位が上がり、パリ南西部の郊外は既に洪水。
c0181947_01165341.jpg


パリ市内は、いよいよこの週末にはセーヌが溢れるか?!と厳戒態勢です。

セーヌ周辺を走る鉄道は駅を閉鎖中です。

大きな被害になる前に、雨が止まってくれると良いのですが。

気温は一月にしてはまだ穏やかで、冬の終わりから春先に綺麗な歌声を歌って目を覚ませてくれる小鳥が、今年は既に鳴いています。

自然や動物も混乱中です。
[PR]
by 40ansparis | 2018-01-27 01:07 | ニュース | Comments(6)

いつもの朝のカフェ

出勤の朝のカフェのカウンターで、いつも一緒になるアルベールは70代後半の独り暮らしのムッシュウ。

先日"今、何読んでる?"と言う会話になり、バッグに入れていた今読んでいる本を見せて話をしました。

c0181947_01223525.jpg


その本は小説で、実話ではないけれど内容にホロコーストの事やナチスから逃れアメリカへ渡った男女などが出て来る、大戦中のドラマのお話。

突然アルベールが
"私ね、ユダヤ人なんだよ。"
と言うので、
"それが何なの?どうでもいい事よ、そんなの。"
と首をすくめました。

少しアルベールは自分の人生を語ってくれました。

彼の両親はナチスから逃れる為、運良くアメリカへ渡り、アメリカではアルベールはテアトルや時々映画の端役をして生きて、戦後しばらくしてからフランスへ帰って来たのだそうです。小説の話を体現している人が直ぐ近くにいて、私はびっくり。

初めて聞くアルベールの人生は、それこそ小説になり得る波乱に満ちていて聞きながら感動していました。

c0181947_01223657.jpg


当の本人は、通ってきた家族や自分の人生の重みや痛みを全く感じさせない軽い笑顔で語るのでした。

まさに事実は小説より奇なり、、、です。


[PR]
by 40ansparis | 2018-01-24 01:06 | cafe | Comments(10)

土曜の夜のカフェ

久しぶりに入った、大好きなアールデコの時代の装飾が素敵なカフェブラッスリー。
c0181947_22554528.jpg


その時代に思いを馳せる。





[PR]
by 40ansparis | 2018-01-22 22:51 | cafe | Comments(6)

ブルーの朝の空

c0181947_20265049.jpg


朝が真っ暗じゃなくなって来た、、、ような気がします。
綺麗なネイビーブルーの朝。
[PR]
by 40ansparis | 2018-01-20 20:24 | パリの空 le ciel deParis | Comments(4)

スーパーのBioショップ

Bioのショップもレストランも増える一方のパリ。

テイクアウトも出来るお惣菜レストランで外出先にランチをサクッと食べながら眺めていると、最近は男性客もかなり多いのです。

最近、仕事場近くに出来た、スーパーFranprix のBioスーパー。

ここでかなり気に入っているのが、サラダバーとシトロンプレッセ。

c0181947_06072012.jpg


サラダバーは一般のフランプリにもある所はあるのですが、種類がビオスーパーの方は若干違います。

ビーガンコロッケのようなものから、サヤから出してある枝豆、チーズ、チキン、スモークサーモン、キノア、様々な野菜、ゆで卵、etc。
値段は重さで。


一般フランプリにあるオレンジプレッセを大小ボトルに入れて持ち帰りが出来るマシーン、そのレモン版がこのビオ フランプリにはあり、皮まで食べるほどレモンが好きな私は、良く利用しています。

オレンジと違ってジュースを集めるのは大変なシトロン。

小さなボトルでも、一体何個分のレモンを搾っているの?とマシーンが働く間眺めていましたが、多分30個近くは使っていたのではないかしら。

住んでいる近所にも、今やビオのお店は5件もあります。
c0181947_06363812.jpg


仕事の日は簡単なものしか作りませんが、シンプルに調理すると余計に、自然味の濃さや甘さを感じます。




[PR]
by 40ansparis | 2018-01-19 05:40 | 食べ物エトセトラ | Comments(10)

des huîtres : 牡蠣

あっさり牡蠣が食べたいけれど、疲れが出てレストランに出掛けるのは億劫、と牡蠣のテイクアウトをしてみました。

c0181947_05033168.jpg


お店で食べる時のように盛り付けて持ち帰り用に準備してくれます。

酸っぱ〜〜いのが大好きな私は、レモンでも好きですが、必ず添えてあるエシャロット入りのヴィネグレットで食べるのも好き。

日本の美味しいお米とお水なら、牡蠣ご飯も美味しいんですよね。
[PR]
by 40ansparis | 2018-01-17 04:57 | 食べ物エトセトラ | Comments(8)

朝焼けとエッフェルさん

c0181947_17465542.jpg


タクシーで朝、仕事場二店舗を往復。

エッフェルさんの足元を通りました。

本当に繊細なレース模様。
c0181947_17465555.jpg


[PR]
by 40ansparis | 2018-01-14 17:43 | パリの空 le ciel deParis | Comments(6)

面影

c0181947_06470237.jpg


11月にお邪魔したノルマンディの海辺を思い出しました。






[PR]
by 40ansparis | 2018-01-13 08:05 | Voyage, petit sejour | Comments(0)