<   2017年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ちょいと

出かけてきます。

繁忙期になる前に、
この春と夏の名残とともに。

c0181947_18153886.jpg


以前働いた会社の店長の口癖でした。
ちょっと、、のかわりに
ちょいと。
古風で、聞いていてなかなか好きでしたが、あまりもう耳にしない言葉になりましたね。



[PR]
by 40ansparis | 2017-08-30 18:08 | ひとりごと murmure

黒猫の誘惑、そして寄り道

私には読書の春夏。

でも思っていたクラシック文学の再読は数冊で、結局新刊で気になるものを読んだり、あちこち寄り道してしまいます。

さらに最近フランスは、日本ほどではないけれど猫を取り上げるのが増えていて、本屋さんでもあちこちで誘惑されて困ります。

c0181947_17475546.jpg


この春夏の寄り道。
"猫の様に行動して、猫の様に考え生きよう"という猫哲学の本。

誰でも猫の様に生きられるものならそう生きたいけれど、人間サマはそうも行かないのよねえ、、と呟きながら読み終えました。

c0181947_17475533.jpg


様々な作家達の猫を表現した文章の引用集。

他にも店頭で見かけただけでも、

c0181947_17475602.jpg


作家の新刊の帯に何故か黒猫がいたり、

c0181947_17475767.jpg

絵本にも。

寄り道している場合では無いのに、、、と言いながら、見つけるとやはりフラフラと、、、。





[PR]
by 40ansparis | 2017-08-29 17:35 | 本 livre | Comments(9)

日曜日の雨

c0181947_06154036.jpg



予期せぬ雨の朝。
起きた時に余りにも暗くて、これからやって来る、秋冬の暗い朝を想像してしまいました。

c0181947_06154030.jpg



パリのブティックの色は、本当に様々でカラフルだったり、シックだったり。

街並みがグレーベースだから、綺麗なカラーが映えるのです。

c0181947_06154197.jpg



[PR]
by 40ansparis | 2017-08-28 05:50 | 仕事の日 le travail | Comments(6)

晩夏の夜更けに聴く南米のリズム

サルサも堪らなく好きなリズムなのだけれど、夏の終わりはもう少し骨太で哀愁ある南米音楽がいい。

c0181947_07041543.jpg



私自身は東北出身で、北国生まれで北国育ちなのだけど、私の中に何か、何処か南からの血も少し流れているのを、何かの拍子に良く実感することがあるのです。それは遠い昔。

スパニッシュ音楽のリズムやギターの音色だったり、

サルサのリズムやソウルのリズムに身体が動く時、

演歌の様にさえ聴こえてくる絞り出すような哀しく切ないスペイン舞踊のギターと歌声を聴いている時、、、。

この歌い手はメキシカン。コスタ リカ出身。
コスタ リカと言えば!今私が一番気に入っている苦味のカフェの産地。

頭の中で彼女の低音の歌声が周り止まらない、、、。




[PR]
by 40ansparis | 2017-08-27 06:49 | お気に入り : J'adore ! | Comments(0)

窓辺のパトロール

c0181947_07324384.jpg


まだここんちはヴァカンスだニャ。
[PR]
by 40ansparis | 2017-08-26 07:30 | ひとりごと murmure | Comments(4)

タイミングと運命

友人ドミニクと久しぶりにランチ。

彼女がヴァカンスからパリに戻ったら、一緒にランチをしよう、という話をしていました。

先日、テロがスペインのバルセロナ市内で起きたと知った瞬間、私は固まりました。
彼女はまさに今年も去年同様、バルセロナにヴァカンスで滞在していたからなのです。

c0181947_04505633.jpg


ヴァカンス先からいつも送ってくれる絵葉書も受け取ったばかりでした。

今日会って、お互いに抱き合い、生きてて良かった!と再会を喜びました。

怖かったワ!通りを一本離れただけの場所に滞在してたのよ!

現場ならではの話を聞きながら、数秒、数メートル、ちょっとだけ違えば、それは彼女の身にも起こり得た出来事。

運命の分かれ道は紙一重、、、今のこの日、この時を一緒に過ごせる事に、二人とも感謝した時間でした。



[PR]
by 40ansparis | 2017-08-25 04:40 | フランス人・フランス観察 | Comments(4)

冷やし中華のタレ 追記

以前書いたタレの記事が今でも良く読まれているようです。ありがとうございます。

その時に書いたのはお気に入りのシードルのヴィネガーを使ったタレ、でしたが切らしてしまった時には、サラダ用に常備しているマイユのヴィネグル ドゥ ヴァン(ワインヴィネガー)を使っています。

c0181947_16413191.jpg

このヴィネガーを使うタレの方は、しっかりハッキリしたコクのある味になるので、シードルのヴィネガーだと軽すぎると思われるようでしたらこちらをオススメします。

東京にいた頃、黒酢のタレの冷やし中華を食べたことがありますが、コクがあって美味しいタレでした。それを思い出します。

フランスで手に入るヴィネガーの中ではもしかしたらこの方が本来の正統冷やし中華のタレに近いのかもしれません。
もう、本来の味も、思い出しながらなのですが、、、。

このワインヴィネガーのタレ、

少し残ってしまった場合、大根やキュウリを切って漬けておけば中華風の浅漬けになりますヨ。

タレ自体は冷蔵庫で4-5日は保存出来ますけどね。


[PR]
by 40ansparis | 2017-08-24 16:26 | 食べ物エトセトラ | Comments(2)

久しぶりに夏日です

c0181947_01435513.jpg


肌寒く、すっかり秋のパリでしたが

最後の足掻きでしょうか、、、

日照時間の少ない、暗いこれからの季節を思うと嬉しい太陽です。

c0181947_01435677.jpg


パリ市内は少しヴァカンスから戻って日に焼けた人々が増えましたが、まだ閑散としています。


[PR]
by 40ansparis | 2017-08-23 01:16 | パリの空 le ciel deParis | Comments(6)

雲が染まる

c0181947_05401876.jpg


帰りの空。

雲が夕焼けに染まる時間が、少しずつ早まって。

c0181947_05401983.jpg


晩夏の夕暮れは、
" そんなに急いで行かないで!" と、

夏にまだしがみついていたい気持ちで一杯になります。
[PR]
by 40ansparis | 2017-08-22 05:35 | パリの空 le ciel deParis | Comments(4)

une tomate verte

グリーントマトは、普段使いの日常手に入るトマトに比べると値段は高いので、トマト リュクス、、、と密かに呼んでます。

あまりにこのグリーントマトが模様、形、、、綺麗だったものですから。

c0181947_02565740.jpg


下から見ても綺麗です。

c0181947_02565803.jpg


味わいもフルーティ。
トマトは私には野菜と言うよりも、むしろフルーツです。




[PR]
by 40ansparis | 2017-08-21 02:52 | 食べ物エトセトラ | Comments(4)