<   2017年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

カフェと言うより喫茶店

近所のメトロの最寄り駅周辺には4件のカフェが見えて、少し先も含めたら7件くらいはあります。

食料品買い出しの途中休んだりは、あちこち試したのですが、本をゆっくり読むには、一番地元民率が高いカフェ。

c0181947_16194926.jpg


他の界隈の人や観光客がこの辺りに来たとして、入るとしたら間違いなく別のカフェだろう、と思う。

地元民率ほぼ100%、地元のおっちゃん、おばちゃん、お兄さん達、、、私が自分の界隈を村と呼びたくなるこの辺のなんとも言えないボヘミアンな雰囲気。

アーティストのアトリエも多くて、アーティストが多く住んでいるせいもあるかもしれません。

c0181947_16195081.jpg


中に居ると妙に落ち着く、むしろ昔の喫茶店のような雰囲気。

垢抜けてはいないけれど凄くあったかくて人懐こい。

日本から来た友人が私を待つ間、トランク片手にカフェの入り口で、入ろうか、、、迷いながら中を見ていた時に

" 入っておいでよ!"
と手招きして席を案内してくれた若いスタッフ。

周りに何件もカフェはあるけれど、この雰囲気は他に無い、人情溢れるカフェなのです。
だから、野菜がはみ出しているお買い物カゴを引っさげて一休みしたりします。

ミネラルウォーターに瓶もの、野菜、、、買い出しって私にとってはエクササイズみたいなものです。
[PR]
by 40ansparis | 2017-07-27 16:03 | cafe | Comments(0)

ソワレ

少し前に、郊外のお宅でのソワレへのお誘いを受けて伺いました。

夏の夕暮れから夜、お庭でテーブルと椅子を置いて、軽食とワインなどで語り合う。

フランスは、子供達を預けてでも大人だけで出掛ける機会を作って、そして大人達が実は一番楽しんでいる、、、。

こう言う人が集まる場所に行くと、大人達のお喋りが止まらない中で、話題が次から次へと飛躍する様を見せつけられて、いつも話題にする内容の広がりと知的さ、ユーモアに感動してしまいます。

今現在の政治の話題から、男と女の在り方、思春期の子供達のこと、愛と友情について、愛について、哲学、文学、読んでいる、または読んだ本について、ヴァカンス、旅の話、ブディズム(仏教)とキリスト教、、、、、みんな、どの方も語りが本当に凄いのです。

お互いの意見が違っていても、聞いて尊重し合う、、、でも自分の違う意見もしっかり主張。

c0181947_07161095.jpg


ロウソクだけの灯りで、緑に囲まれ、夏の夜風を浴びながら夜は更けて行きました。




[PR]
by 40ansparis | 2017-07-26 07:01 | フランス人・フランス観察 | Comments(6)

黄昏れて、、、

c0181947_23243821.jpg


[PR]
by 40ansparis | 2017-07-23 23:22 | 仕事の日 le travail | Comments(4)

むくむく、もこもこ、、、

c0181947_16313164.jpg


今朝の雲は何だか凄かった。
この感じが延々と続いていました。

レオパードの様な、ウロコのような、、、。

[PR]
by 40ansparis | 2017-07-21 16:23 | パリの空 le ciel deParis | Comments(4)

憧れの鳥かご

見てるだけでも好きな、今までに出会った事の無い鳥かごがありまして、、、

c0181947_02050901.jpg


鳥かごと呼ぶには巨大なサイズで、、、

実はフルーリストのお店の入り口に飾ってあるかごなのです。

とてもポエティック。
[PR]
by 40ansparis | 2017-07-20 02:01 | お気に入り : J'adore ! | Comments(2)

夏の夕暮れ 2

c0181947_05464087.jpg


何となく、少し日が暮れるのが早くなり始めたのを既に感じてしまいました。

c0181947_05464086.jpg


夏至が過ぎてしばらくすると、夏が過ぎていくスピードに敏感になってしまいますね。

[PR]
by 40ansparis | 2017-07-16 05:40 | パリの空 le ciel deParis | Comments(10)

エスプリ

パリのエスプリ、などと横文字好きな日本の雑誌は良く使っているけれど、、、

エスプリと言う言葉は、私には上手く日本語で訳せない言葉のひとつ。

もちろん直訳すると"精神"とは言えるけれど、何かが違う、、、。凄くフランス語らしい言葉だなあと思います。

c0181947_16574844.jpg


この言葉、哲学の本を読んでいると良く出会い、フレーズと共にすんなり理解出来るのだけれど、同じフレーズを日本語に訳した場合、分かりやすい訳では無くなってしまう。

解放された精神、または精神の解放、精神の自由、、、うーん、違う。

普段の会話にも、こんな表現がすらりと出てくるのをラジオで聴いていると、フランス語らしい表現だなあと思うのです。
[PR]
by 40ansparis | 2017-07-13 16:44 | フランス人・フランス観察 | Comments(4)

夏の夕暮れ

いつの間にか初夏から本格的な夏へ移り変わっています。

夏至は過ぎてしまったのですが、まだ日が長く夕暮れと言っても夜の22時頃です。
c0181947_21363094.jpg


[PR]
by 40ansparis | 2017-07-11 21:31 | お散歩の時間 promenarde | Comments(4)

パリが東京のようになって行く、、?

昨晩から今朝にかけて豪雨と雷。

やっと爽やかな夜に戻りました。

c0181947_05150599.jpg


35度くらいになる日は毎年今迄もあったのですが、朝晩が冷んやりするので夏も事なく過ぎていました。

去年辺りから、パリの猛暑の朝晩の気温が以前みたいに下がらなくなって、熱帯夜が続くようになった気がします。

何だか、東京と同じ都市熱の熱風になって来ているように思えてなりません。

パリが猛暑で熱帯夜の時、天気を見ると意外に南仏や南西部はパリより低い、、、。

土や緑が田舎より少ないし、オフィスが多い分、パソコンや電気製品、冷房(日本の使用量に比べたら、ほんのわずかですけど、、)など、熱風を出す原因が多いし、、。

それでも、フランスは冷房システムが日本のように進んでいませんし、一般の各家庭に冷房が無いから本当に大変なのです。

仕事場の観光客のお客様に聞いたのですが、先日アメリカの何処かでは50度超え、チュニジアのある地域では60度超えだったそうです。

冬の暖房対策は良しとして、フランスの冷房対策は非常に遅れて居るので、、、こんな妄想が頭をよぎりました。

一般家庭も日本のようなレベルで冷房を使うようになったら、それはそれでさらにパリが都市熱の酷暑になっていく危険性が高くなって、、、。

爽やかなパリの夏は今後変わって行くのでしょうか。


[PR]
by 40ansparis | 2017-07-11 04:59 | 気になる、、、 | Comments(2)

ブルターニュの海 2

フランスは、この週末から九月の初めまで、いよいよ学校はヴァカンスに入ります。

何処で過ごすの?と言う会話が道端やカフェで行き交っています。

先日訪れたブルターニュの海をもう少し眺めていたいので、また少し写真を。
c0181947_01293460.jpg

前回アップした場所から少し離れた界隈ですが、雰囲気は似ています。

c0181947_01293597.jpg

野性味溢れる海岸沿い。

c0181947_01293509.jpg


訪れた海が一望できるチャペルには、不思議と日本の短冊を吊るすような形で自分のメッセージや祈りを着ける事が出来るようになっていたので、お祈りしてきました。
c0181947_01293664.jpg



[PR]
by 40ansparis | 2017-07-07 01:22 | Voyage, petit sejour | Comments(6)