<   2017年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

本まとめ 2016F/W-2017

c0181947_06242783.jpg

(友人が送ってくれたカレンダーがあまりにチャーミングで、、、)

映画同様、半期に一度の本まとめ。自分の記録用で退屈でしょうけれど、お付き合い下さいませ。

今シーズンも魅力ある本に出会いました。映画同様にやはり私は実話をベースにした本は気になります。

c0181947_06242789.jpg

今シーズンの自分のNo.1は、アメリカ大陸を発見した、と言われるクリストフ コロンブスの人生を実在する古文書などをベースに推理小説仕立てにしたポルトガル人作家の本。

コロンブスとは一体誰だったのか?スペイン人かスペイン人か、、、など、、この作家は言ってみればポルトガルのダン ブラウンみたいな感じです。
歴史をベースに書いていて、ずっとずっと気になっていました。凄く面白く、14世紀頃のスペイン ポルトガル、ヨーロッパの歴史まで勉強になりました。

もう一冊もかなり厚みがあったのですが新刊発売当時から気になっていた好きな作家タチアナ ド ロネの伝記本。これは英国人作家のダフネ ド モーリエの人生を描いた本。ヒッチコックが鳥など幾つか映画化した原作を書いた作家です。
文庫になって嬉しくて厚みにもめげず秋冬に読んでしまいました。

c0181947_06242887.jpg


哲学者ショーペンハウアーを幾つか読みました。数いる哲学者の中でもかなり悲観主義者ですが、、割と私は好きです。そしてル モンド紙に哲学、文学批評を書いているジャーナリストがショーペンハウアーについて書いた本は、いつもの近所の古本屋ムッシュウが見つけてくれたのですが、この本でショーペンハウアーの人生を知り、彼の人生と思想が繋がっている理由がわかりました。
作家の人生背景を知るのが私は好きです。

どの本屋でも売れてます!と積んでいたので春夏から横目で見ながら数ヶ月が経ち、あまりに勢いが止まらない様なので文庫シリーズ1を読んでみた、イタリア人女性作家(らしい) L'amie Prodigeuse "は期待したものの、私は心にそれ程刺さりませんでした。作家本人が正体を表さずミステリアスなのも話題みたいです。シリーズ2,3と出ているのですが続きは読もうと思いません。

c0181947_06242855.jpg

現代の本を読んでいると、やはりクラシックに戻りたくなり、今シーズンはデュラス、ジャン コクトー、ポール ヴァレリーを。コクトー、晩年に書かれたエッセイを読むと、彼の繊細過ぎる心は晩年、存在自体を難しくさせて辛い時代だった様子が伺えます。今の年齢で読んだからこそ理解出来たのかもしれません。

c0181947_06242968.jpg

アインシュタインの栄光と名誉の陰に、家族の中では幾つもの悲劇があったことを描いた本も考えさせられる本でした。
10代から統合失調症になりほぼ病院で人生を送った息子のエドゥアードがまだ20代のうちに、お母様も亡くなり、ナチスから逃れる為にアインシュタインはアメリカへ亡命してしまい、父と息子は30年近くほとんど顔を合わせる事なく終わる、、ほとんど父に捨てられた状態のまま無気力に人生を送った息子の状態を思うと、、複雑でした。
c0181947_06243062.jpg

エリック エマニュエル シュミットはまだ10区に住んでいた頃から幾つか読んでいる作家です。10区のあのコスモポリタンな雑然とした界隈で私は何度も道端ですれ違い、本のサロンでも見かけ、、、不思議に縁があるのです。
どうしてあの庶民派界隈で見かけていたのか、、あの作家の心の内を覗かせて貰ったような本、、哲学本のような印象が残りました。

秋冬はどうしても思うようにページが進まないのですが、それでも幾つもの興味深い本に出会えて読んでいる時間、とても良い時間を過ごすことが出来ました。

春夏は予定している厚めの本を、比較的ゆっくりと読めるシーズン。
本だけを抱えてフラフラとカフェのテラスへ行けるヴァカンスや夏の休日、、、
今からそんなひと時が楽しみです。


[PR]
by 40ansparis | 2017-03-25 05:35 | 本 livre | Comments(2)

右と左

フランスは次の大統領選挙に向かって動いています。

現大統領の左派はパッとせず、右は政治家の例にもれず金問題で脅かされて、、
極右がメキメキと伸びていて戦々恐々とした雰囲気です。

イギリスのEU離脱に、トランプ大統領と来て、、、さてフランスどうなる?と国民も不安です。

c0181947_06063992.jpg

仕事場近くのいつものカフェは、いつものムッシュウがスタッフや他の常連さんと、いつものサッカー談義。

フランス人はサッカーの話、好きですね。昨晩のPSG(パリサンジェルマン)とモナコの試合はあーだった、こうだった、、今夜はああだこうだ、、。
そして政治の話も止まらない。

私がまだどんより気だるい空気の中に居るのに、まあ、早朝からフランス人はよくしゃべる、、、。
フランス人って、まず口が年を取らないのですよね、笑。

私の住んでいる界隈は左派の界隈、仕事場界隈は完全に右の界隈です。
フランスは割と職業でも分かります。

仕事場界隈と住んでいる界隈、本当に右と左の雰囲気や人、その区のイベント、違いを面白いくらいハッキリと感じるのです。


[PR]
by 40ansparis | 2017-03-22 05:53 | フランス人・フランス観察 | Comments(2)

下半期映画まとめ 2016F/W-2017S/S 後半

c0181947_03313078.jpg


毎シーズン私はやはり
実話をベースにした映画が好きなもので限られた時間でどれを観るか、、と言う時には優先して観てしまいます。

毎シーズン上映がある、第二次世界大戦中の実話を元にした映画、、、この秋冬は2作品観ました。

前シーズンにもありましたが、今シーズンもユダヤ人の子供を自由なゾーンへとナチスから逃げさせる家族の物語がまた信じられないミラクルと感動の余韻に浸りました。
映画を観ている間中、しょっちゅう涙が流れていました。これは原作本も良いらしいので読みたいリストに入っています。大戦中、本当に沢山のフランス人レジスタンスの人々や大人達がこうして子供達だけでも、、と助けていたのですね。この原作本を書いた方は今もまだご健在。

c0181947_03313154.jpg


上映が貴重なイングバー バーグマンの作品も少しでしたが時間が合い観る事が出来ました。ストーリーの裏に深いものが込められています。

c0181947_03313194.jpg


ポカンと時間が出来て、ただ時間が合う映画を選んで何となく観た映画もありました。コメディや不思議な映画や、、、
それでもイベントシーズンの疲れを取るには映画の中に浸りたい時もあり、、。
疲れ過ぎると今度は映画の二時間にも耐えられず、笑。

c0181947_03463678.jpg

黒澤映画のオマージュ上映第二弾がありましたが、春夏の第一弾のセレクトの方が個人的には好きな作品が多くて、今回は2作品だけ観ました。やはり三船敏郎が若い時でも圧倒的な存在感を醸し出して居るのを観て満足。二時間以上の長い作品が多くセレクトされていたので時間が取りにくかったです。

c0181947_03463680.jpg


数年前にパリオペラ座に振付師としてNYシティバレエ団から招かれたバンジャマン ミルピエの舞台を作り上げるまでを追ったドキュメンタリーフィルムも興味深い映画でした。
古い老舗にありがちなオペラ座の古い体質と新しいスタイルを持ち込もうとする若手クリエイターとのぶつかり合い、、会社が古い体質を変えようとする時も同じ様な事が起きますが、、自分の二十代 三十代を思い出しながら観ていました。

c0181947_03463762.jpg


ヌーヴェルヴァーグの再上映には、いつものシーズンほど出会えず、、時間が合う時に少しだけ観ました。
イベントシーズンは見逃してしまった映画もありますが、今は直ぐにインターネットなどで観る事が出来ます。

春夏はまた良い映画に出会いたいものです。比較的時間が取りやすい春夏には古い映画の再上映が観たいですが、、楽しみに待つことにします。


[PR]
by 40ansparis | 2017-03-20 03:50 | cinema | Comments(6)

下半期映画まとめ 2016 F/W - 2017S/S 前半

秋口9月から2月までの、半期に一度の映画まとめ、意外に沢山観る事が出来ましたが、長くなるので二回に分けますので、途中切れます。

前半後半と分けますが、観た時期は時系列ではなく、アトランダムに並べています。

c0181947_03150967.jpg


この秋冬、観る事が出来て一番嬉しかったのは上映から50年の記念でリマスターされて再上映された大好きな "un homme et une femme (男と女) "。
二十代からもう何回観たのか分からないくらい、、でも大きなスクリーンで観たのは三十年ぶりくらいかな。

観に来ているのは、年配の方ばかりでした。低予算で手持ちカメラに近い形で撮られたこの映画、画像も荒くてブレたり、、でも今こんなに美しい映画は逆にないかも。時代の古さは電話がまだ交換手を介してだったり、洋服だったり、、でも50年経っても色褪せない美しいフランス映画でした。

前シーズンは作家のステファン ヅヴァイグの人生を描いた映画を観る事が出来、今シーズンは詩集を読んだことのある詩人パブロ ネルダの人生背景を描いたもの。人生や政治背景を知った上で読むべき詩だったのだとわかりました。

c0181947_03151013.jpg

フランス映画も、やっとこの所、心に残る良い映画が上映されるようになりました。
実話ではないけれど、フランソワ オゾン監督のFranzも大戦がらみの痛みを描いた物語でセザールに値する作品だったと思います。

c0181947_03151114.jpg


Mal de pierre (石の痛み)は、マリオン コティアールとルイ ガレル、監督は良くフランス映画に出ている年配のニコラ ガルシア。ドラマティックな心を揺さぶられる大好きなタイプの映画で、いつの間にか中堅俳優になったルイ ガレルを観たくて三度も観てしまいました。
原作本よりも映画の方が素晴らしく良かった珍しい例。

c0181947_03151147.jpg


好きな女優のひとり、イザベル ユペールの春夏に観た映画もまた観て。彼女は何処か少女っぽい不思議な魅力があり、60年代の若い頃から雰囲気が変わっていないけれど、60歳にはとても見えない、、。

c0181947_03151257.jpg

社会派ドキュメンタリーフィルム、実際にフランスで死者まで出て社会問題になった肥満者向け薬品の事件を描いた映画も見応えありました。

あまり話題にならず、アッと言う間に上映が無くなってしまったけれど、あのジャンピエール レオが晩年のルイ14世を演じた映画は、テアトル風になりがちな時代と人物なのに、当時をリアルに感じるほどの映像でした。
きっと本当にこんな感じだったのだろうと思わせる演技、、なかなか他の俳優には出来ないかもしれません。

続きはすぐ後に。。。
[PR]
by 40ansparis | 2017-03-20 03:45 | cinema | Comments(6)

また肌寒くなりましたよ

c0181947_00140467.jpg


好きなピアノトリオをかけて、本をゆっくり読む時間が至福の時。
[PR]
by 40ansparis | 2017-03-19 00:10 | ひとりごと murmure | Comments(2)

春はまだ遠い彼方

晴れたりどんよりしたり、暖かくなったと思ってもまた肌寒くなったり、、、。

四月までは、カシミアさえ仕舞えません。うっかり薄着をすると風邪を引いてしまいます。

今年はPâques (イースター)がかなり遅く四月の半ばなので、春めいてきましたが、本当の私の春はまだ遥か先です。

c0181947_06391837.jpg


ここ三年ほどPâques の時期に重なるので行かなかったサロン デュ リーヴル(本の展示会)が来週あり、今年は行こうと思えば行けるけれど、入場料とあの物凄い人混みを思うと躊躇してしまいます。

先日新聞で読んだのですが、この本のサロンにサイン会の為に招待されていた推理小説の若手作家の一人が、このサロンへの出席をボイコットする、と発表しました。

理由は "本にお金を払うのは分かるけれど、文学にアクセスするのにお金を取るなんてあり得ない" "入場料が高すぎる。"と本好きの気持ちを代弁しています。
入場料で本が一冊買えますから。

とか何とか言いながら、好きな作家のサイン会はあるのか、、まずはプログラムをチェックしますけれどね。
[PR]
by 40ansparis | 2017-03-16 06:25 | ひとりごと murmure | Comments(4)

ル ソレイユ〜〜

午前中から昼間、窓を全開して太陽の光を浴びて、、、ああ、信じられないくらいに、本当に心の底からこの季節がやっと来た事が嬉しいです。

サラダが美味しいです。
c0181947_04233707.jpg


休日は、またそんな午後にシエスタするのが癖になりそうです。

が、30分のつもりが、よく本気で眠ってしまうので、気をつけなければ、、、。

[PR]
by 40ansparis | 2017-03-15 04:16 | 食べ物エトセトラ | Comments(10)

10年のフランス生活に思うこと

先日、ファッションウィークに仕事でパリに来た友人と久しぶりの再会。

c0181947_06464867.jpg


二人ともパリに来た時期がほぼ一緒なので、お互いのフランスでの人生を振り返りながら語り合いました。

去年の秋で私はパリに来て丸10年でした。

一言でフランスと言う国を表現するのは難しいけれど、敢えて一言で言うなら、、、、

フランス、、凄いな。

でしょうか、笑。

もちろんイヤな部分、日本に比べて不便だったり不満もありますが、それらを超えて最近特にこう思うのです。

c0181947_06464906.jpg


まず、人生の楽しみ方が素晴らしい。
お金をかけるのではない、モノではない、真の贅沢を大切にしている点。

ですから、生きることのアート、Art de vivre と言う言葉が存在します。柔らかく言うなら、日常を楽しむ(アート)。

そして田舎より特にパリジャンは気取屋と、とかく言われますが、実際に話をする様になると、友人ほどの付き合いでなくても、実は皆んな気取りが無くてむしろ凄く人懐こい。東京よりは大阪に近い感覚です。(実際にパリの日本人は大阪出身の人が多いです。私の周りだけ?)

気取りなく、自然さを大切にしている気がします。食べ物でも人でも。

そしてフランス人の中の好奇心と知性と無邪気な子供心、これらが上手く混ざり合っている点。

だからなのか、、、かなりの高齢者でもひょいひょいとiPhoneを躊躇せずに使いこなしたりしていますし、、、何歳でも何をするにも遅いと言う事は絶対に無いよ!と私は何人のフランス人に言われた事でしょうか。


人間くさく、はっきりモノを言うフランス人、へりくつではかないませんし、いい加減ですが、、、

仕事はそれなりに、人生をプライベートを楽しむ、大人が楽しむ事にかけては素晴らしく" 良い加減 " である事、私の今後の人生でも大いに賛同したいと思います。


[PR]
by 40ansparis | 2017-03-12 06:12 | フランス人・フランス観察 | Comments(26)

雨続きでしたが

二週間ずっとパリは雨続きで、フランスの各地は暴風雨による被害があったり大変でしたが、

c0181947_22450998.jpg


やっと雨の日々は終わったようです。
c0181947_22450991.jpg


[PR]
by 40ansparis | 2017-03-10 22:42 | パリの空 le ciel deParis | Comments(0)

Les temps Mérovingiens : メロヴィング王朝展

c0181947_03274784.jpg


今シーズン一番行きたかった展示。
駆け込みで、終わる直前に行けました。

このメロヴィング王朝は、4-7世紀にヨーロッパを網羅したフランク王国に存在。

春に読んだ古代文書についてや、秋冬もヨーロッパ文化、言語、宗教の流れに関する本を幾つか読んでいたのですが、必ずこのメロヴィング王朝が出て来ていたので、何か不思議な流れでした。

c0181947_03274872.jpg


7世紀終わりに王家はダゴベール王3世までで抹殺されて滅びた、、、事になっています。が、ダゴベール王3世の息子が密かにかくまわれて南仏ラングドックで生き延びて居た事が分かっています。

キリストの血脈が入っている、と明らかにしていたせいで狙われ、抹殺されてしまった王家。

ヴァティカンや英国の図書館、パリ郊外の国立古代美術館、フランス国立図書館などから、秘蔵の手書き文書や本、ビジュー、オブジェが集められ、来館者も皆さん食いいるように見ていました。

c0181947_03274826.jpg

既に五世紀で今のようなアルファベットになっているのが、古代文書を見ていて感動。

王家がモチーフにした蝉や蜂のビジューも五世紀のものとは思えないモダンな可愛らしさでした。

思っていたよりも小さかったので美術館のサイトからお借りした写真を。
c0181947_03274945.jpg


知っていた事のパズルがまたまた繋がった感動の展示でした。

近いうちに本、映画まとめもそろそろ、、、。
[PR]
by 40ansparis | 2017-03-09 03:11 | Musee Expositionなど | Comments(4)