<   2017年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

30年代の名残 : コルビジェのアパルトマン

パリの建物やモチーフには、アール ヌーヴォーの名残を残すものを今でも沢山見る事が出来ますが、他のスタイルも残っています。

少し郊外よりのブーローニュビヤンクールの辺りは、20世紀を代表する建築家コルビジェが彼のキャリアの中でも初期に、アパルトマンを幾つか手がけたものが残っています。

c0181947_18353531.jpg

ここは彼の作品の中でも一番古い部類に入るアパルトマン。

家では無くて共同の建物、つまりアパルトマンの時のコルビジェの特徴の一つは、横に長い帯状の窓。

c0181947_18353545.jpg


当時は新しい素材のコンクリートを使った、シンプルミニマル、モダンな、クラシックなパリのアパルトマンとは全く違うスタイルが斬新で徐々に話題になり、当時のお金持ちがオーダーした家もあります。
c0181947_18353675.jpg

ただ、まだコンクリートの質も良くなく、コルビジェ自身も新しい素材の為、知識不足で、後から建物に問題が生じたりもよくあり、今のような大絶賛の評価ばかりではなく苦労したようです。
c0181947_18353725.jpg

今でも残るクラシックな彫刻が施された装飾のあるパリのアパルトマンとは全く違いますね。
c0181947_18353707.jpg


この数か所を訪れたのは実は秋の終わりの世界遺産の場所が無料で観覧できる日でした。
普段は私用の場所で立ち入り禁止の場所にも入れてもらい、詳しい専門家の説明を聞きながら見たコルビジェのアパルトマン、とても興味深い時間でした。

あらためて、、アールデコもそうだし、30年代の素敵なこと、、、。

[PR]
by 40ansparis | 2017-01-30 18:19 | お散歩の時間 promenarde | Comments(10)

大人は分かってくれない、、、

冬のコートの風景が数年前には、ダウンばかりの風景になり、コートもチェスタータイプが多くて、フォルムやスタイルがゆったりレトロな私の持っているコートのひとつは、周りから見ると、恐らく古臭く見えていたに違いないのだけど、、、、、

いつの間にか、モードは巡り、ニットなども含めてオーバーサイズ流行りになり、私のレトロコートは全く違和感が無くなりました。

でも、ボリュームあるゆるいオーバーサイズに関しては、元々パリジェンヌのスタイルでもあるのであまり流行と言う感覚も無いけれど、、コートまでになるのは予想外でした。

c0181947_02042705.jpg


スポーツテイストがモードになるなんて、以前は誰が想像しただろう、、、とつくづく最近驚くのは私だけかしら。

ジャージのパンツやトップス、スニーカー、、、。

上の写真は友人が置いていったアメリカ版のマリークレールだったと思うのだけど、、、もう私は"今"のモードは分からない大人になったのだなあ、、、とつくづく思いながら眺めていました。

アディダスのスタンスミスが" カワイイ"と言う感覚とか、、エレガントなワンピースをスニーカーで"はずす"とか、、私はもう全く分からないのです。

古い人間で結構、、、、、。

先日観た映画でも、古いジャズに固執するピアニストに仲間が言うシーンが、まるで自分に言われているセリフのようでした。
"そんな古いスタイルのジャズ、今の若者は聴かないんだよ。新しいスタイルを受け入れなきゃ。"

はい、私はジャズっぽい、も
フュージョンジャズもテクノジャズも、
全く分からない、受け入れられない、

コテコテのモダンジャズしか好きじゃない、頑固な古い人間なのです、笑。

でも、
古い人間、つまりは歳を取ると言う事。
[PR]
by 40ansparis | 2017-01-30 01:35 | モード*ファッションla mode | Comments(16)

やや明るく、、、

朝八時の空が、真黒、真っ暗ではなく、少〜〜しずつ明るくなってきたのが分かります。
c0181947_16025598.jpg


気温もようやく上がって来て、ホッとしています。
重い洋服を早く脱ぎ捨てたい気持ちです。
[PR]
by 40ansparis | 2017-01-28 16:00 | パリの空 le ciel deParis | Comments(4)

彼に運命を任せよう、、、、

新聞続きで、、、。

この月曜日のトランプ大統領就任日発売の、風刺画のパリの週刊新聞Charlie Hebdoの表紙を、仕事帰りの夜通りかかったキヨスクで見ました。

夜で画像が暗くてすみません。
c0181947_07150516.jpg


描かれやすいキャラクターゆえ、選挙中から沢山描かれていましたが、これからますますこの新聞の常連になりそうです。

表紙は、
" 彼に運を任せよう "

とあり、トランプ大統領がゲームで遊ぶ子供のように見ているボタンが四つ。

- エスプレッソ
-ショコラショー(ホットチョコレート)
- 砂糖なしカフェ
-爆弾X

、、、、と言うブラックジョークでした。

トランプ大統領の動き、、、世界を右往左往させる事にならないよう祈ります。
[PR]
by 40ansparis | 2017-01-25 07:02 | 気になる、、、 | Comments(8)

2016était l'année difficile : 2016は困難な年だった

先日のフィガロ紙に、ルーヴル美術館の館長のロングインタビュー記事がありました。
c0181947_02574704.jpg


2015年のテロの後、フランスは2016年も引き続き旅行関係だけでなく沢山の商店や業界が観光客激減による困難に直面している訳ですが、毎日それでも人の行列が絶えないように見えるルーヴル美術館でももちろん同じ事。

c0181947_02574842.jpg


館長のインタビューによると、外国人観光客による売り上げは2015に比べて70-75%。

特に大きい減少は日本人マイナス61%、ロシア人マイナス53%、ブラジル人マイナス47%、中国人マイナス31%。

さらにヨーロッパの隣国イタリアやドイツからは週末を過ごす近場からの観光客が以前は居たのが、テロの後はパリは選択肢から消えたと見えて、こちらも激減。

モンパルナス辺りの有名カフェでの激減はアメリカ人もトップのマイナスグループに入るらしいけれど、ルーヴル美術館に関しては元々アメリカ人観光客は比率は高くは無かったのだそう。

激減した売り上げをカバーする対策としては、ルーヴル美術館側から海外に展示に出して行くしかない、、とプレジデントディレクターは語っています。

今年は上向きに活気づいてくれますでしょうか。


[PR]
by 40ansparis | 2017-01-23 02:40 | 気になる、、、 | Comments(6)

今週のドレスコードは

" ファーに埋もれる"

なーんて言いたくなる寒さです。

c0181947_06252995.jpg

冬らしいカードを置いてみたら、たまたま似たような、ファーに埋もれているカードだったのでした。

温暖化を忘れるくらいの大寒波ですね。

一説によると、、、
温暖化が進む、と誰もが懸念している中で、逆に地球は氷河期に入っていく、、と言う説もあるのだそう。

そんな極端な、、。



[PR]
by 40ansparis | 2017-01-19 06:17 | お気に入り : J'adore ! | Comments(4)

春を待つ香り

ノエルの時期に、球根から葉が少し伸びているヒヤシンスを幾つか部屋に置くのが、最近の年末年始の恒例。

ひとつ1€くらいで売っているので、幾つか、色はピンクや紫だと良いなあ、、、と思いつつ選んで購入。

c0181947_02420377.jpg


あれよあれよと伸びて、3つの内の2つは斜めに背が高く伸びてしまって、残りひとつはこじんまりと。全部ピンクでした。

花にもそれぞれ個性が出るのを見て、人間みたいだな、と可笑しくなる。

毎日少しずつ香りが増して、良い香りが部屋に漂う。
いつも置く、ラヴェンダのディフューザーもヒヤシンスの香りを楽しむ為にお休み。

芳しい香りを吸い込みながら、まだ遠くにいる春に思いを馳せて。
[PR]
by 40ansparis | 2017-01-14 02:33 | お気に入り : J'adore ! | Comments(16)

翻訳の壁 : 2

ノエルが落ち着いたある休日。
パリ市内の本屋の一角に、夏目漱石の本コーナーが作られていました。
c0181947_18032799.jpg


" 夏目漱石 没後100年 1916-2016 "
そうなのね〜。
フランスの本屋に教えてもらいました。

吾輩は猫である、の有名な始まりがフランス語訳になってパネルに書いてあります。

いつも思うのですが、、
Je suis un chat. (私は猫)

間違ってはいないんだけれど、、違うんだよねえ〜〜と翻訳文を見つめる。

でも、かと言って、そうしか訳しようがないのも事実。

翻訳本はあくまでも翻訳本。
繊細な日本語で読める喜びを噛み締めます。
日本人作家の本を読んだフランス人の友人にもニヤッと勝ち誇ったように言ってしまうのです。
" ごめんね〜、日本語で読むと、もっと繊細なニュアンスなんだけどね、訳してあげられないのよ〜。ふふふ"
c0181947_18032866.jpg

(姪っ子達がメッセージを書いて送ってくれた猫のカードです。)

***私が勘違いしまして、生誕、と書いたのですが、marucoxさんに没後である、と直して頂きました。ありがとうございます!
[PR]
by 40ansparis | 2017-01-11 17:51 | 本 livre | Comments(12)

今年の冬は寒く感じます。

c0181947_03314390.jpg


北ヨーロッパに強い寒波が来ていて、かなり寒かったのですが、少し和らいで来てホッとしています。

風邪を引いたり咳をしている人も多くて、知り合いに会ったりしても、ビズーをしかけると、
" 今、風邪ひいてるから、、"とビズー無しになる事も数回、、、。

ビズーをあえてしない、、相手に移さないように配慮します。普段顔の距離がかなり近いフランスですが、こう言う時期は流石にビズーを遠慮します。

今年の冬はいつも以上に寒く感じますね。
皆様もご自愛下さいね。

[PR]
by 40ansparis | 2017-01-09 03:25 | フランス人・フランス観察 | Comments(18)

Joyeuse année ! Champagne!!

ここ数日は出勤時間の朝の気温、マイナス5度だったり、日中も最高気温はマイナス1度だったり、、久しぶりに北ヨーロッパらしい冬日でした。
c0181947_22303833.jpg



シャンパーニュとフォアグラのシーズンです。
ガレット デ ロワのシーズンも到来。

フランスは、まだまだ食いしん坊シーズンが続きますよ。

皆様に笑顔のある一年でありますよう、祈ります。
c0181947_22251806.jpg


[PR]
by 40ansparis | 2017-01-02 22:21 | ひとりごと murmure