<   2015年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

街歩きで見つけるパリの建物の面白さ

パリの石の建物の装飾は、草花など様々なモチーフの彫刻が施されていますが、、、

この建物の装飾は、なんてモダンな柄なんでしょう。
c0181947_17584937.jpg


シンプルですっきり、細部の彫刻が洒落てます。

あとは、他の地域で上をたまたま見上げた場所に密かに施されてあった彫刻。
c0181947_17584978.jpg


こんな小さい発見が、何年経ってもあるのが街歩きの楽しさです。
[PR]
by 40ansparis | 2015-07-30 17:48 | お散歩の時間 promenarde | Comments(14)

juillettistesとaoûtiens : 7月組と8月組

今年は40度近くまで行ったパリも、この週末からは急に肌寒くなってしまいました。

子供達は7月8月と引き続きヴァカンスですが、仕事をしている人達は、7月に取る人達と8月に取る人達に分かれます。

7月は、太陽の光が眩しい正に夏と言う日々でしたから、帰って来た人達も、満足顔。

朝のカフェでも、常連さんの顔は半分くらい見えます。
帰って来た人達のヴァカンス話を聞きながら、これから8月に取る人達が楽しみで仕方ない表情でまた語り出す、、、。

こんな日常の一コマも、私にとっての夏の光景です。

太陽があると、人間も動物も、無意識ながら、やはり嬉しそうです。

c0181947_16443269.jpg


[PR]
by 40ansparis | 2015-07-27 16:35 | フランス人・フランス観察 | Comments(10)

夏になると食べてます

もう四年くらい気に入って食べているキノア。常に乾燥キノアかレトルトのナチュラルな味付け無しのものを常備しています。

食べ始めた頃に、一度ブログにも書きましたが、私は常にタブーレの様に冷たくして食べるので、夏になると食べています。

この日はシンプルに、パプリカとシブレットと少し残っていたエシャロットを混ぜただけ。
バルサミコを使ったのでキノアの色も黒っぽくなっています。

c0181947_05284016.jpg



仕事場は、今年は予想外の事が多すぎ。

急遽、休みが変更になり、、、ここ二週間ばかり出勤が続きます。

ブログも、休みがちになると思います。
私にとっては夏の夜長、、、なのに明るいうちから眠くて眠くて、、、笑。



[PR]
by 40ansparis | 2015-07-14 05:17 | 食べ物エトセトラ | Comments(18)

ボードレールが猫を語ると、、、

" 一日毎の、猫を好きになる最もな理由 " と言う本を、秋冬に古本屋さんで見つけました。

本の大きさも定型ではなくて、小さめ正方形で分厚いこの本は、365日分、365ページに、詩や小説から抜粋し選ばれた、猫に関しての文章が書かれていて、各ページに素敵なグラフィックが描かれています。

c0181947_05434319.jpg


どのページも素敵なのですが、身近に黒猫がいるので、私が一番好きなのは、この見開きの2ページ。

c0181947_05434498.jpg


どちらのページも、詩人ボードレールの書いた詩からのものです。

" 彼らは孤独の奥底でスフィンクスのような高貴な姿で、考え事をしながら横たわり、終わりのない夢の中で眠りにつくようだ "

" 彼らの豊かな身体つきは、沢山の魔法が散りばめられている。黄金の瞳は、まるで細かな砂がそうさせるように、ほのかに煌かせる。神秘的でミステリアスなその瞳を。 "

黄金の瞳、、これは間違いなく黒猫を表現した文ですが、、凄く納得です。
c0181947_645243.jpg


沢山の作家や詩人、画家が猫に魅了されてきた事に1ページ1ページ驚き、共感させられる本でした。
[PR]
by 40ansparis | 2015-07-10 05:25 | 本 livre | Comments(12)

この夏も日本映画

毎年、パリで夏になると何故か日本映画の上映が増えると言う話を、去年も書きましたが、もちろん今年も上映しています。

今年は小津映画よりも溝口健二監督作品が多いです。
c0181947_02591408.jpg

山椒大夫、安寿と厨子王の物語、、日本人でありながら、きちんと知らなかった、と分かりました。

c0181947_02591414.jpg

楊貴妃、の物語に、

c0181947_02591442.jpg

赤線地帯、、、
女の激しさを描く溝口映画が何故フランス人に人気があるのか、、、何だか分かってきました。

c0181947_02591425.jpg

そして、雨月物語。

古典の題材なのに、溝口映画は斬新で、激しくて、残酷で、浮世離れしているようで、現代の私達にも共感する、通じる感情が描かれている、、、。

最近、じわじわとはまってきた溝口映画です。

毎回思いますが、、、日本語の台詞を聞きつつ、フランス語の字幕を読むと、、、

うーん、何か違うんだけどなあ、、、と感じる事がよくあります。
でも、これは翻訳本を読んでも同じ事。

絶対に、当てはまる同じ表現の訳が見つからない、本当にズバリ同じ意味に訳せない、、、と言う事が起きるから。
つまり、同じ表現が見つからない、と言う事をさらに訳せば、同じ感情が存在しないから、、とも言えます。

だから、その国の言語も、その国の国民性や文化を理解する事に繋がる訳ですね。

[PR]
by 40ansparis | 2015-07-07 02:44 | cinema | Comments(10)

今年もブルーコラージュ

去年もしました、、ブルーコラージュ。

今年のブルーは、、。
c0181947_19000618.jpg


暑いので、ブルーのコーナーを作ったり、大好きな海のモチーフのテーブルにしたり。

ベルトリッチ監督が二十代に最初に撮ったと言う映画の鮮やかなブルーのポスターに心奪われたり。

暑い時の熱いカフェもお茶も良いですが、さすがにアイスグリーンティーにしました。氷が早く溶けすぎて暑さを再認識。
大好きな青リンゴは一年中食べていますが、夏はサラダに入れるのが私の定番。
c0181947_19000747.jpg


こちらには無い、涼を取る手法が豊富な日本の素晴らしさも、あらためて感じています。
[PR]
by 40ansparis | 2015-07-04 18:51 | ひとりごと murmure | Comments(20)

猛暑@Paris

この春は、なかなか気温が上がらなくて肌寒かったのですが、ヴァカンス直前になり、一気に40度になりました。

専門家の見解では、体感気温だと42-45度にもなるそうです。

みんな今日は、外を歩いていると、お風呂上がりでのぼせたみたいな、赤ら顔になる位でした。

c0181947_05532053.jpg


この暑さに、何故か、列車の電気系統に問題発生で、大きなターミナル駅は大混乱。

今週末から学校がヴァカンスに入ると言うのに、またヴァカンス時期に恒例の、空港関係者のスト!など、、、わざと混乱させているかのような、、状況になっています。

でも、お天気続きに、みんな機嫌良し。

私もあの暗い冬を思うと嬉しくて。

肌も思い切り出して、子供からおばあちゃんマダムまで、仕事の人達も、今日はみんなパリもヴァカンス地のようなスタイルでした。

太陽の光を浴びて、軽いワンピースでフラフラと出勤するのが、気持ち良く、世界中からの観光客と仕事場で接するのも楽しくて、、、夏がゆっくり過ぎてくれないかなあ、、、と思っています。

この暑さに、、、黒猫、、"あぢ〜〜。"
c0181947_05532072.jpg


知っている、他所の猫ちゃんは、日陰にひにゃん(避難、、)!

彼らは、この毛皮、脱げないものね。
c0181947_05532112.jpg


今週はこのお天気が続きそうです。





[PR]
by 40ansparis | 2015-07-02 05:38 | ちょっとした出来事 | Comments(14)