<   2015年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

夏時間になりました

毎年の事だけれど、起きた後も軽い時差ボケのような眠さと頭の重さ。

きっと疲れている時期だから、と思ってカフェを淹れていたら、ラジオから"時計を一時間早めて下さいネ。"と聞こえてきて、やっと、夏時間になったのに気付く、、、。

今朝の苺はとっても甘くて身体に染み渡ります。
フランス産の苺がやはり一番美味しい。

c0181947_1961988.jpg

先日、日本から来ていた友人が、フランスの食材のなんて豊かな事!とマルシェなどを見て感動していました。

フランスは農業大国ですし、凄いのは自給率。パンの小麦、野菜、お肉、果物、、、殆ど自国でまかなえます。もちろん、スペインやトルコなど輸入食材で安いものも普段は売ってはいますけれど。

今日は、少し本が読めるかな。
[PR]
by 40ansparis | 2015-03-29 18:50 | 食べ物エトセトラ | Comments(12)

le dernier moment

ラストスパートに入りまして、チームで休日返上しながら乗り切っています。

こんなカフェの片隅を通りかかると、

あ〜、こんなカフェの端っこに座り込んで本を読みたいわあ、、、ともどかしくなります。
c0181947_5144989.jpg


今週はさらに時間に余裕がなくなりそうなので、ブログもお休みし、コメント欄も閉じさせて頂きます。
[PR]
by 40ansparis | 2015-03-25 05:09 | cafe

パリの空気

以前も書いたように、パリの空気は最高に汚い状態です。

この週末は車の使用を控えてもらい、公共の交通機関を使ってもらおうと、メトロやバスなどの交通機関が無料です。

エッフェルさんが見える、いつもの景色も、今朝はこんな状態でした。

c0181947_5532621.jpg


凄いのが分かりますよね。

そのせいなのか、寝不足のせいか、今日は目が乾いて潤いが不足しているのを感じ、頭痛がしました。
[PR]
by 40ansparis | 2015-03-22 05:46 | パリの空 le ciel deParis | Comments(14)

私仕様、裏仕様

フランスは硬水なので、ほとんどの女性は水やお湯で洗顔する事はなく、拭き取り用のクレンジングローションを使ってメイクを落とします。

一年前までは、よく売れている、どのファーマシーでも置いているものを使っていましたが、今は断然これが私のお気に入り。

c0181947_632221.jpg


仕事帰りの時間は、もうファーマシーも閉店している時間。
なので、遅くまで開いているスーパーでも買えるこのクレンジングローションを代わりに買ったのがきっかけ。

でも、これが思いのほか良くて今までリピート。

まず、ローズのエッセンス使用で、拭き取る時の良い香り。

それと、私の裏仕様は、、、

独特の爽快感があるので、
コットンにたっぷり含ませて、
仕事で疲れた、ふくらはぎを撫でると、、、スーッとスッキリ。

それまで使っていた、疲れた重い脚用のローションともそれ程変わらないスッキリ感。で、重い脚用ローションを買う必要がなくなりました。

もちろん一時的な爽快感だけですが、そんな裏仕様にも満足しています。

この秋冬も、脚の疲れや火照り、爽快に癒してくれました。
立ち仕事の方や、脚の疲れで、火照ってしまう方、、、お試しください。
気持ち良いんですヨ。
[PR]
by 40ansparis | 2015-03-19 06:13 | Comments(6)

何でもない時間

何と言う事のない日常や、ゆっくり時間を気にせずに本を読める時間に感謝するのは、逆にバタバタしている余裕の無いシーズン。

眠すぎない時には通勤で数ページ読んだり、寝る前に少し読んでみるものの、なかなかページが進まないこの時期ですが、活字を追っている時間は私にとっては静かな心落ち着く時間です。

c0181947_20425742.jpg


でも、時間を気にせずに本に没頭したいなあ、、、。
あと一ヶ月、、、秋冬最後の山。

c0181947_20434624.jpg

[PR]
by 40ansparis | 2015-03-14 20:35 | 本 livre | Comments(10)

ピュアな気持ち

c0181947_6175692.jpg

急に気温が上がりました。

先日、冬のヴァカンスが終わって二日目くらいの日、、、。

接客中に、ドアが開いたと思ったら、

ちょこんといつもオヤツをお姉ちゃんとお小遣い持参で買いに来る、小学生一年生くらいの男の子チボーが顔を出していました。

接客中だったので、チボーには目配せ、ウインクだけして続けていたのだけど、ちょこんと顔を出したまま、入ろうともせずにただ、私を見ていました。

どうしたの、チボー?ヴァカンス楽しんだ?

とお客様のリボンかけをしながら話しかけたら、、、、

ウィ〜、、、、今日はね、買わないんだけど、、、、、、、、、
ヴァカンスで居なかったから、ちょっとマダムにボンジューだけ言いたくて、、、、。

なんて言うじゃないですか、、、、、
こんな一言で私は涙が出てしまいます。

思わず、接客中のムッシュウに、二秒お待ち下さいね!と言い、入口にさっと行きチボーのほっぺにチュ、ありがとう、優しいのね、とお礼のビズ〜をしました。嬉しそうなチボーはまたね〜と帰っていきました。

接客を中断させられたムッシュウも微笑ましくチボーを見ていました。

姪っ子たちのお手紙などもそうですが、
子供のピュアで真っ直ぐな気持ちに触れた時、私の涙腺はすぐに緩んでしまいます。
[PR]
by 40ansparis | 2015-03-08 05:59 | 仕事の日 le travail | Comments(34)

映画まとめ: 2014下半期

10月から下半期は怒涛の忙しさに突入、映画も本も殆ど9月から10月初めと年が明けてから観る事が出来たものばかり。

c0181947_65155.jpg

トリュフォーのオマージュで、かなり長期間上映していましたが、時間が合い観る事が出来たのはほんの一部でした。
c0181947_651794.jpg


相変わらずフランス映画はコメディか、それ以下の映画が多くて、心を揺さぶられるような映画は、結局海外の映画か古い映画でした。
c0181947_651872.jpg


1月のテロに関連して、シャーリーエブド紙のイラストがやはり議論を巻き起こした10年も前の事件や裁判の様子を追ったドキュメントフィルムも観ました。とても興味深く、何故描かれるか、他の新聞でも同じ様な風刺画が掲載されても何故シャーリーエブドなのか、、、など考えさせられ、絡まり過ぎた毛糸玉を目の前にしたように途方に暮れました。
でも、シャーリーエブドばかりを批判攻撃している人達にこそ、観て頂きたい、と思いました。

c0181947_652048.jpg


二月末のセザール賞は、ずっとふたつのイヴ サンローランの人生を描いた映画のどちらか?と言われていました。
が、私は先日も書いたTimbuktuを観てしまったら、もうこのTimbuktuに獲って欲しい、サンローランじゃないでしょう、、、と思い、、、、、、

結果、見事このTimbuktuがセザールに輝きました。やっぱり!と私まで嬉しかったです。いろいろな意味で凄すぎる映画。
c0181947_652293.jpg


上期同様、映画の原作を知り、新たな本、作家の発見もありました。

c0181947_681533.jpg



三月に入り、これからの一ヶ月はまた、怒涛の日々になりそうなので、今のうちに本も近日、まとめたいと思います。

秋冬は限られた時間でしたが、観た映画は、どれも良かった、、、。
いつものように、古い映画で大好きなものは二回観たりしました。

トリュフォーのオマージュ展示会を開催していたシネマテークがこの三月からオマージュ展示会をするのは、なんと大島渚監督みたいです。
大島渚監督は、フランスでは、ヌーヴェルヴァーグ ジャポネの代表的監督として捉えられています。
ですから、小津監督や溝口監督とは全く別にまた凄く評価をしているんですよ。こちらは復活祭が終わったら絶対に行きたいと思います。
[PR]
by 40ansparis | 2015-03-03 05:31 | cinema | Comments(16)

モノクロのパリ写真

パリと言う街は、本当にモノクロが似合う。

モノクロになると、余計に生き生きとした息遣いを感じる、不思議な街。
c0181947_6592020.jpg

[PR]
by 40ansparis | 2015-03-02 06:57 | お散歩の時間 promenarde | Comments(6)