<   2014年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

人間って大変ダ

"Qu'est ce qu'elle fait ???
(バタバタにゃにしてんだろ???)
c0181947_19113214.jpg


ボクは〜、いつもと同じ
フリンジさんと遊んだり〜
c0181947_19113677.jpg


コートの上で寝た振りしたり〜
c0181947_1911388.jpg


段ボールのてっぺんからお外を眺めたり〜
c0181947_19114273.jpg


後は、ずっと寝てるだけさ。
c0181947_19202457.jpg


人間って大変そ。
[PR]
by 40ansparis | 2014-03-30 19:05 | 仕事の日 le travail | Comments(16)

今年も行けず仕舞い

先週のサロン デュ リーヴル(本の展示会)も、やはり行けませんでした。

スケジュールを考えても行けないのは分かって居ても、気になり、作家に会えるサイン会の日程をチェックしたりしましたが、、、
幸い、今会いたい作家のサイン会は無かった様で内心ホッとしました。

怒涛の日々が終わったら、ゆっくり本屋さんに入り浸るとしましょう。

c0181947_1846232.jpg

秋冬は、春夏に比べると自分の場合は本に集中しにくい時期で、すぐに眠くなるため、短編やエッセイなどの軽めのものが中心になりますし、何より私はこの短編やエッセイのジャンルが大好き。

ですが、少し前のフィガロ紙によると、フランス人は短編を好まない傾向にあるらしいです。
短編の本で売行きが良い作家は決まっていて(たった二人の作家の名前だけ紹介されていましたが)、それ以外の作家の短編集は売れないそうです。

これは私にとっては驚きで、、、。
私は気にいった作家の本に短編集を見つけたら結構読んでいるので。

普段から二週間ほどのヴァカンスが二ヶ月おきにあって、夏の一ヶ月のヴァカンスがあったりする、時間にゆとりがあるフランスならではかもしれません。
ヴァカンス前に何冊も抱えてレジに並ぶフランス人を見ていると、確かに分厚い長編のものばかり。

春めいて来て、そろそろまた新聞や雑誌の"ヴァカンスで何読む?"特集の記事が出て来るのを楽しみにしながら、あと少し頑張りましょうか。
[PR]
by 40ansparis | 2014-03-29 18:30 | 本 livre | Comments(6)

この冬に一番食べたもの、、、

多分それは、、、大根。
疲れてきたり、風邪を引きそうになった時、アジアの食はやっぱり元気にしてくれるのを感じる。

近所には、パリで見かけるメインの全てのスーパーがあるのだけど、
たった一箇所でだけ買えるアジアの野菜、大根。

一本丸ごと買っても、私、一本すぐに無くなってしまいます。

c0181947_704014.jpg

サラダは毎日もちろん、三枚肉と一緒に炒める中華風、など。

大根のお味噌汁も大好きなのだけど、、、実家のすぐ近くのお豆腐やさんの油揚げがないと、これは意味がない、、、。

かなりまたバタバタの毎日になってきたので、勝手ながら、
コメント欄を閉じさせて頂く事が増えると思います。

きちんとすぐにコメントのお返事をする自信がないので、、、。
[PR]
by 40ansparis | 2014-03-22 06:51 | 食べ物エトセトラ

最近の不思議

c0181947_1935551.jpg


最近は、、、

フランス人のお客様に
" フランス語上手ですね"と言われなくなり( 自然になった??)

日本からいらした日本人のお客様には
" 日本語上手ですネ "
と言われる様になりました、笑。
(日本人に見えていない??笑)
[PR]
by 40ansparis | 2014-03-16 19:30 | 気になる、、、 | Comments(34)

j'aime bien un petit coin comme le chat.

いつも寄る幾つかのカフェで、空いてさえいれば私が座るのは必ず同じ席。

壁沿いの角の隅や窪んだ所にテーブル一席分だけある場所、一席だけ奥まっている席とか、カウンターなら一番端っこ。

常連さんでも、今日はこっちあっち、と席を変える人も居るし、反対に私が行く度にやはり必ず同じ席に居るムッシュウが二人は居たりする。

c0181947_551626.jpg


脇目も振らず、いつもの窪んだ小さい場所の席にさっと行き、テーブルに収まる私を見ているスタッフは、よく私に"猫か!"と突っ込みます。

" こっちに、こ〜んなに広い空間があって沢山の席が空いてるって言うのにねえ、、、"と。

人を観察するにも、この方がいいのですが、じっくり本を読みたい時が多い私は、フランス人の止まる事無いおしゃべりから少し避難する必要があるから、、なんですけどね。
でも、実際、猫のように狭い空間に収まっているのは落ち着くのも確か。

例外は、初夏から夏までの気持ちのいいシーズン。


誰もが、それぞれ、落ち着く場所ってありますよね。
[PR]
by 40ansparis | 2014-03-13 05:35 | cafe | Comments(12)

春の光とテラス

今年初めて、テラス席が全く寒くなく
むしろ太陽の日差しが強くて暑いくらいでした。
c0181947_6192036.jpg

お昼頃。

私は眠りまくった為、カフェが飲みたくて。
日本から来た知人は、最初はカフェと
言っていたのだけど、
春の日差しに思わず

喉が渇いたから〜、とフランス人のように白ワイン、笑。

太陽の日差しを久しぶりに顔に浴びて
なんて気持ち良かったこと!
今日の日差しは
あの暗い陰鬱な冬、と言うトンネルを超えたのね!と言う嬉しさで一杯にしてくれました。
[PR]
by 40ansparis | 2014-03-08 06:12 | cafe | Comments(18)

偶然ブロカント

先週からパリはファッションウイーク。
コレクションやモードの展示会が目白押しで、半期に一度必ずパリに来る友人 知人達や元同僚達がまた来ています。

元同僚の彼女の滞在しているホテルに、荷物を一旦置きに同行していた時に、秋も地元のブロカントに偶然出会いました。
その時もたった2€で、小さなボウルやお皿に出会いましたが、
c0181947_21535592.jpg


今回も、何故か彼女と待ち合わせしていた近くにブロカントが。
秋冬はなかなか蚤の市に行く気力が無く、しばらく行っていなかったので新鮮、しかも蚤の市は観光客も多く、最近特に高め、、ブロカントはもう少し青空市、ガラクタ市に近いのでとてもお得。
c0181947_21535823.jpg


ふらふらと何と無く見て回っていると、大好きな小さなボウルを見つけました。
ひとつ5€の表示がついていてリモージュでした。他にも好きなタイプ!と手にとるといつもそう、と言うジンクス通りジアンのプレートでした。

ワンちゃんがお手伝いに隣にいるムッシュウとマダムのブースは私の好みのものばかり。

手に取って眺めていたら、ムッシュウが私に"そのボウル、二つで5€でいいヨ!"と言ってくれたので、ホント?!と連れて帰る事に。

今まで手に入れた小さなボウルの中でも一番小さいので、リップを隣に置いてみました。
c0181947_215414.jpg


こんな不思議な出会い、、、、
いつもそうですが、私は気合を入れて行くと出会わず、ふらりと気まぐれに寄ってみたり偶然出くわした場所だと思わぬ出会いがあります。

c0181947_2154453.jpg

[PR]
by 40ansparis | 2014-03-06 01:37 | パリのマルシェ・蚤の市 | Comments(22)

映画 番外

土曜にフランスの映画監督、アラン レネ監督が91歳で亡くなりました。

c0181947_0155667.jpg


上半期にもスクリーンで観る事が出来た Hiroshima mon amourがやはり私は何度も観たい映画として一番印象に残っています。
ご冥福をお祈り致します。

番外としてもう一つ。

この冬に見逃した映画、結構ありますが、あえて観ずに一本に絞るなら、と他の映画を選んでしまったので観なかった映画があります。

c0181947_016456.jpg

若松孝二監督の、三島由紀夫が自殺した日のエピソードを映画にしたもの。
去年のカンヌで小さい賞を確か獲っているのです。

観たい気持ちはあったのですが、寒く疲れている時期に、この重い映画は、観る気になれませんでした。

でも、気持ち良いヴァカンスシーズンに観たいかと言うと、、、
それも難しいかも、笑。

暗い冬に公開だったせいか、パリでも評判は今ひとつで上映が終わりました。
[PR]
by 40ansparis | 2014-03-05 00:04 | cinema | Comments(8)