<   2013年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

冬時間になりました

この日曜日にフランスは冬時間になりました。

時計を一時間戻したので同じ時間に起きても、一時間睡眠時間が増えて、ぐっすり眠る事が出来ました。
c0181947_18105668.jpg


冬時間になった途端、まあ本当に家の中で聞こえる風の音がビュン〜!と冬の音になりました。そしてどんより冷たい雨。

何だかバタバタ、いよいよ忙しさもピークに入ります。

向こう一週間ほど、休日返上で人混みの中へ行って参りますので、一週間ほどコメント欄を閉じさせて頂き、ブログも休ませて頂きます。
ご了承下さいませ。

本をゆっくり読めて、冬眠出来るのは
いつかしら。。。
[PR]
by 40ansparis | 2013-10-27 18:01 | ひとりごと murmure

ひと波去って、、、

半期に一度、パリに出張でやって来る友人達や元同僚の波が去った。。。

この波が去ると次は、いよいよ自分の繁忙期の大波がやって来る。

積もる話も沢山、でも意外に毎回同じ様な会話をしている気もする。

ファッション談義から、日仏の男女の違いや、、、
必ず毎回聞かれて笑ってしまうのが
"....で、結局、日本とパリはどっちが暮らしやすいの〜??"

c0181947_4193227.jpg


いつも明確な答えは出なくて、毎回私の返答も同じ様な事を言っている。

どこを我慢出来て、どこを自分が良いと納得出来るか、だろうし、、、

安全や便利さ、サービス精神、物質的豊かさは間違いなく日本に軍配が挙がるけれど、

フランスにはものじゃない豊かさがあり、細かい事を気にしない伸び伸びした自由さが人々にもある。

日本はフランスに比べると、考え方や意識の中に"こうでなければいけない"が多過ぎて、それがたまに人を窮屈にさせている。
何方かというと、フランスは
"そうじゃなくても、いいじゃない"の
方が強い気がして楽になる。(私は)

自由な分、自分の身は自分で守るしかない、と言う緊張状態なのも事実。

物事は日本のようにスムーズには進まないし、可能性を信じて"自分で"交渉し議論し勝ち取ると言う、心身ともに強さも必要。

ここまで話すと、友人達、
"よく生きてるわネ〜、私はムリ!"
なんて言う。

そしてそれぞれの好きなパリを満喫して日本へ帰って行く。

全く文化の違う国だから、やはり比べられないテーマであり、答えは毎回出ないのでした。
[PR]
by 40ansparis | 2013-10-23 03:56 | フランス人・フランス観察 | Comments(28)

日曜の朝

つい先日のカフェ風景は夜でしたが、こちらは早朝。
もう朝八時頃は、こんなに暗くなりました。まだほぼ夜の暗さです。
エッフェルさんも、まだネックレス部分しかライトがついていません。

c0181947_64529.jpg


日曜の朝の静寂は、何とも言えなくて好きなのですが、、、
この日曜日は心なしか、さらに静かでした。

この週末から、パリの子供たちはまたヴァカンスに入りました。
なので週末の表情も変わります。

11月初めがカトリックの万聖節の祝日、それに合わせた2週間の秋のヴァカンスです。日本で言うならお盆のような感じでしょうか。

子供でいるならフランスはいいですね、笑。一ヶ月半くらい待つと次のヴァカンスがやってきて。

当然、今のヴァカンスの次はノエル(クリスマス)のヴァカンスです。

私も、冬眠するため、眠る為の冬のヴァカンスが欲しいくらいですが、、
当分お預け。
常に眠そうな猫やうさぎのようになったまま冬を超えましょう。
(季節はあまり関係なく眠いのですが、笑)
[PR]
by 40ansparis | 2013-10-21 06:28 | フランス人・フランス観察 | Comments(20)

温かさ

一見冷たそうなガラス、、、
c0181947_1813666.jpg


それなのに、ほっこり、温かい、、。
c0181947_18131095.jpg


ひとつとして同じにならないから
愛おしくなる、ガラスの温かさ。
[PR]
by 40ansparis | 2013-10-18 18:07 | ひとりごと murmure

夜のカフェ風景

c0181947_4524864.jpg

日が短くなると、寂しくなりますが、
こういう季節だからこそ、
灯りの灯るカフェの姿は、心を温かくしてくれます。
[PR]
by 40ansparis | 2013-10-16 04:50 | cafe | Comments(18)

上半期映画まとめ 2013

怒涛の下半期に入る前に、上半期のまとめを記録しておかなければ、、。

上半期は、フェリーニの映画から始まり、クラシックな映画はリマスターされた同じ映画を何度も観たりして
数よりも、質の意味で満足度が高かった。

以前すでに書いた、アラン ドゥロンの"太陽がいっぱい"も、3回も観てしまいました。

Hiroshima mon amourは、こちらも以前書きましたが、この映画で知った日本人俳優、岡田英治氏の品の良さ、
フランス映画の中でも負けない存在感があり、見入ってしまいました。
エマニュエル リヴァの声がまた、デュラスの文章にぴったりの声質。

大好きなシェルブールの雨傘は、、
ジャック ドゥミ監督の奥様 アニエス ヴァルダによるリマスターがハレーションを起こしたかのように、全体がパステルになり過ぎていて私は画像が荒くてもいいから元の映像で観たかった、、、。
とは言え、何回観ても、分かっているけど毎回大泣き。
この映画を観た後は、絶対に人との約束は入れられない、笑。

ドゥミの名言、、、
"Mieux vaut prendre avec légèreté des sujets graves qu’avec gravité des sujets légers"
(軽い主題を大げさに描くよりも、重い主題を軽く描く方が良い、、、)

だからこそ、この悲劇の恋愛話をドゥミは、ミュージカルに仕立てて、
カラー映画を最大に活かした明るさで演出した、、、。
名作だ!本当に!と観た後も、あちこちから聞こえて
フランス人にとっても、大好きなクラシック映画のひとつなのだなあ、と実感。

c0181947_1723716.jpg


以前から観て観たかった、イタリアの監督、ヴァレリア ズリーニの映画も幾つか観ることが出来た。
ジャン ルイ トリンティニャンの出演作
も。太陽がいっぱい、などもそうだけれど、この時代はイタリアとフランスの共同製作がとても多く、俳優人も混ざっている。


一方新作は振り返ってみれば、私が選んで観た映画は、全て原作が既に小説になっているものばかりでした。

c0181947_1724023.jpg


南仏が舞台の、クラシック文学、マルセル パニョール原作の二作は、南仏訛りやマルセイユの綺麗な海の景色に心癒されました。
現代のアラン ドゥロン、ラファエル ペルソナ もなかなか良かった。

地味な評判で終わってしまったけれど、私の中では、かなり久しぶりにスクリーンで観た ファニー アルダンとローラン ラフィットのしっとり切ない物語が、しみじみ良かったなあ。
主演の二人、大好きなだけに感情移入が強かったせいかも知れないけれど。

秋冬は、、春夏よりも時間が限られるけれど、また良い映画に出会えたら嬉しいです。


今回は古い映画、新作、と画像をまとめてみましたが、あらためて思うのは、古い映画のポスターの、それぞれが何て洒落ていること!
新作映画のポスターのつまらなさ。。
[PR]
by 40ansparis | 2013-10-13 17:34 | cinema | Comments(16)

秋の日の、、、

この水曜日から、パリは急にお天気も気温も変わりました。

秋と言うよりも初冬へ向かうような空模様です。
最高気温も10,11度、朝晩はもう7度。

一気にパリジャン、真冬のコートとダウン姿が増えました。
私はまだそこまで寒くないのでトレンチにしました。

この寒さになった今週のある朝のカフェにて、いつものように新聞を。
c0181947_57910.jpg


大分前にも書いたのですが、新聞ル パリジャン紙のお天気欄のコメントがいつも面白いのです。

一気にグレーのどんより空と寒さに変わる予報を、こんな風にコメントが添えられていました。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
"Chanson d'automne"。
(この日のタイトルは、秋の歌、と言う、ヴェルレーヌの有名な詩のタイトルをそのまま使っています)

"秋の日のヴィオロンの
すすり泣き、、、、、"
徐々に気温が下がり、空はより曇ってどんより、、、、

有名なヴェルレーヌの詩を
嫌でも思い出さなければならない。
何故なら、この水曜日から特に北部はグレーの空で雨が続く。
南仏は明るい空を楽しめるけれど、、

そして我々はまた、この詩を繰り返す、、、

"Blessent mon cœur ........
(心破れて、、、、、)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ル パリジャンの様な大衆紙にして、このエスプリ。
こんな風にフランス文学をさらりと入れてユーモアや皮肉で包む、、、

フランス、こんな部分はとても憎いなあ、といつもニヤリと
してしまいます。
でも、こんなお天気予報のページを
こんなに真剣にいつも読んでいる
人って
いつものカフェのカウンターでも
私くらいかも、笑。

夏は遥か遠くに行ってしまいましたね。。。
[PR]
by 40ansparis | 2013-10-12 04:50 | フランス人・フランス観察 | Comments(16)

Huile avec herbes de Provence

オリーヴオイルの消費量、私はかなりあります。減るのが早い為、しょっちゅう買っている気がします。
c0181947_128397.jpg



お気に入りのオリーヴオイルで作り置きしている、お気に入りオイルがまた別にあります。


良質のオリーヴオイルに、ニンニク丸ごと、Herbes de Provence(プロヴァンスねハーブのミックスで、フランスでは簡単に手に入ります)を入れて置くだけ。
c0181947_1275742.jpg



ほのかにニンニクの香りがして、夏の南仏を思い出させてくれる、香り良いオイル。

私は何に使っているかと言うと、、、

夏の暑い時は、バターは少しお休み。
その代わりに、このオイルをバゲットにたっぷり塗ってから、好きな野菜とサーモン フュメ(スモークサーモン)を挟んでサンドイッチに。

後は私のフランスでのお漬物代わり、オリーヴを、プロヴァンス風に。
普段忙しい時期は買って来てしまいますけど、、、。
c0181947_128197.jpg


このオイルを少し取り、中のニンニクを少しみじん切りにして加えてさらに、タイム、パセリのみじん切りを混ぜて、水で洗った瓶入りオリーヴを漬け込むだけ。2,3日したら食べています。

後は、もちろんお肉やお魚、ズッキーニや茄子を焼く時に表面に塗ったり、
バゲットを着けて食べたり、サラダに振りかけたり、、、。

一番のお気に入りは、サンドイッチにする時かな〜。
[PR]
by 40ansparis | 2013-10-10 00:58 | 食べ物エトセトラ | Comments(22)

上から目線

c0181947_22325912.jpg

[PR]
by 40ansparis | 2013-10-07 22:32 | ちょっとした出来事 | Comments(20)

灯りが灯る時間

灯りが灯る、このくらいの時間が
パリの建物が抜群に美しい!と
感じる頃。

アパルトマン毎に、入口は違う柵の
模様が浮き上がり、とても綺麗。
c0181947_445962.jpg

[PR]
by 40ansparis | 2013-10-06 04:41 | お散歩の時間 promenarde | Comments(23)