<   2013年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

夏の思い出の断片

早くも八月が終わろうとしています。

夏ってどうして短いのでしょう。。。
過ぎ去る夏の思い出のかけらを集めてみました。
既に日記に書いたものもありますが、
書き切れなかった小さな出来事など。

c0181947_52042.jpg


パリ郊外の可愛い番地プレート、

友人のあるお祝いにご馳走した和食:
今回はちらし寿司をメインに。

フランス人の友人のリクエストで日本のカレー: フランス人に常に大好評。
この時はブロッコリーと海老で。

野外シネマ : 無料で誰でも楽しめるヴァカンス中のイベントを沢山企画するパリ市って本当に凄い。

久しぶりに大好きな作家、ヅヴァイクの読んで居なかった本を二冊堪能。描写が繊細。

今年選んだ日焼け用クリームはアヴェンヌ。これはこれで良かったけれど、ひどい火傷の箇所も酷くならなかったのは、、実は以前も書いた、普段使っているヴェレダのマリーゴールドのクリームのお陰。アヴェンヌの日焼け後用よりもずっと良かったのでした。
いつもより綺麗に焼けてる、とフランス人友人に言われたほど。よって
来年からは日焼け後クリームは必要なし。

そして、、、
仕事場の黒猫クンの、まさかの4度目逃避行。同じ通りのアパルトマンの庭に居た所を管理人マダムが発見。


そしてそして、思い出に浸っていると、夏の最後は、来ました、高すぎる税金の支払い。。。
あ〜、C'est la vie.............

こうして短い夏は去って行きます。
[PR]
by 40ansparis | 2013-08-30 05:19 | ひとりごと murmure | Comments(24)

街路樹は今

パリジャンの会話も"ヴァカンスどうするの?" から
"ヴァカンスどうだった?" に変わり、

ニュースの冒頭でもアナウンサーが
"ヴァカンスが終わった後、日常に戻るのは簡単じゃないですね〜"
(そりゃ、4週間も5週間も休めばね、、、)
なんて言っている、
この時期のパリです。

朝晩はすっかり肌寒くなり、長袖のものを羽織る人が多くなっています。

街路樹も、枯葉が沢山。
c0181947_39686.jpg


日中はまだ気持ちの良いお天気が続いていますけど、暮れるのも早くなりました。
c0181947_39895.jpg

[PR]
by 40ansparis | 2013-08-28 02:01 | お散歩の時間 promenarde | Comments(14)

日曜日の朝

久しぶりの雨の日曜日。

朝の静寂、雨の匂い、ラジオはジャズに合わせて、、、

最高。

仕事じゃなかったら、、、。笑
c0181947_0565225.jpg

[PR]
by 40ansparis | 2013-08-26 00:53 | 仕事の日 le travail | Comments(14)

続. 段ボール物語

Quoi !? (にゃに?)
この段ボール、持ってっちゃうの?!
ガーン、、、。
c0181947_6591867.jpg


この高台から見える景色も、次の段ボールが来るまでお預けにゃんだあ。
c0181947_6591928.jpg




ま、でもボク、、、、、
c0181947_6592226.jpg

空いた段ボールの中も、
嫌いじゃにゃいですから。
[PR]
by 40ansparis | 2013-08-24 19:00 | 仕事の日 le travail | Comments(14)

夏の終わりを感じる味

大好きなミラベルやレンヌ クロードを
見かけるようになりました。

初物はまだ、最盛期の甘さよりあっさりしているけれど美味しくて。

久しぶりの味に、嬉しさと夏がもうすぐ終わる寂しさを同時に感じて
切ない味。
c0181947_20513731.jpg

[PR]
by 40ansparis | 2013-08-23 20:46 | 食べ物エトセトラ | Comments(18)

T'es ou !? : どこにいるの〜!?

散々呼んで、探して探して、、、、、

首輪の鈴の音が微かにした!と思ったら、、、、、


Je suis la !
(へへ、ここだよ〜)

c0181947_730795.jpg

[PR]
by 40ansparis | 2013-08-22 07:25 | 仕事の日 le travail | Comments(18)

Dimanches d'aout : 八月の日曜日

壮大な物語の大作を続けて読んだこの夏。

そのため、またもや二年待ちの1000ページの方には手が付けられず。

久しぶりにメランコリックな普通の男女の物語がいいな、と
モディアーノを再読。

c0181947_22581564.jpg

タイトルは、、、
"八月の日曜日"
ぴったり。

そしてページを開いて思い出した、、
舞台はニースだった、、、。

トゥルーヴィルに行った後も、
エトルタに行った後も、
こんな同じ事があった、、、不思議。
[PR]
by 40ansparis | 2013-08-20 22:26 | 本 livre | Comments(6)

日没は21時くらいになりました

毎年パリの広場を利用して行われる
ヴァカンスの間の恒例イベント、野外シネマ。

もう終了しましたが、、、
八月のまだ始めの、ヴォージュ広場での回に友人と行きました。

私は仕事後だったので、友人がピクニック用に軽い夕食を持参で来てくれて。みんな芝生に座ったり寝転がり
心地よい夜風に吹かれながら映画を観る。。。夏の一番気持ちがいい季節。

c0181947_4374899.jpg


映画開始の21時半でも、まだ明るかったのです。
今、21時半はかなり暗く、ちょうど空はミッドナイトブルー。

映画が始まる頃に見えた夕焼けが
この夏一番の空かなあ。
c0181947_4375590.jpg

[PR]
by 40ansparis | 2013-08-19 04:28 | cinema | Comments(24)

Nostargie a Nice : ニースへの郷愁

ニースの眩しい日差しや海、蝉の声がまだまだ恋しく、遠い目になってしまいます。

私はお酒が弱いので、アルコールの話題が殆ど出て来ないこの日記。。。
今日はニースを思い出しつつ。

ニースで友人達とアペリティフ(フランスでは簡単にアペロ、と言います)を
飲む時には、必ずロゼワインに氷を入れて、でした。

南仏はやはりロゼの生産地。
眩しい太陽にはロゼが似合う。

このヴァカンス中にフランス人の友人を和食に招いた時も、友人が持参してくれたのは
やはりロゼでした。

友人が一緒に持って来たのは、、
ピンクグレープフルーツジュース。
私の為の特別アペロの為に。
c0181947_6103157.jpg


ロゼとピンクグレープフルーツジュースを混ぜてアペリティフに。

色合いもロゼのまま、さっぱり。
お酒が飲める友人自身も気にいって
一緒に。

ニースのスーパーは、どーんとロゼばかりが積まれていたのを思い出します。
[PR]
by 40ansparis | 2013-08-18 05:55 | 食べ物エトセトラ | Comments(12)

パリからほんの30分

先日、オーナーのお嬢さんオードレイに付き添いを頼まれ、ちょっとパリ郊外へ。
c0181947_2104196.jpg


ちょっと離れただけで、自然も空間も
沢山、ゆったりした田舎の様な景色。

ひと休みしたカフェは、緑の中に隠れた、なんとも可愛いカフェでした。
c0181947_2104664.jpg

[PR]
by 40ansparis | 2013-08-16 20:51 | お散歩の時間 promenarde | Comments(8)