<   2013年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

下半期 : 本 2012-2013

忘れないうちに自分の記録として下半期分の本まとめを。

前回上半期をアップして暫くした頃、知人の一人から"オススメだって言うから読んでみたら難しかった!!"と"存在の耐えられない軽さ"にクレームが入りました、笑。
が、、、私、オススメなんて一言も書いて無いんですヨ。
私の独断と偏見ですから、読み流して下さいね。

秋冬の繁忙期はじっくり大作が読みにくいので、暫く中断してもいいエッセイ本がまず多くなりました。
普通は秋の夜長、読書に最適、でも私は少しペースがゆっくりしヴァカンスシーズンにもなる春夏の方がじっくり読書が出来ます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

(エッセイ、随筆)

c0181947_2352619.jpg

- 何の知識もないフランス人に着物と言うものの作りから歴史を解説している文庫本。

- 東京時代に扱っていた香水のひとつを創り上げた知る人ぞ知る調香師の日々の香りに纏わる日記

-"le parfum 香水"が有名なドイツの作家の、愛と死の哲学的エッセイ

c0181947_2353014.jpg

- La cuisine des écrivants (文豪達の小説の中に出てくる料理や食べるシーンだけを掻い摘んだ本)
他、現代の作家のものもちらほら。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::
( 古典回帰 )

映画も下半期は古典もの、文豪ものにリンクしていたので、エッセイの合間に。

中でも、フランス語で再読したアンドレ ジッドのシンプルで繊細なスタイルにはまってしまいました。
c0181947_2353250.jpg


田園交響楽を読んだところ、流れるような文章にスラスラと、あっと言う間に読み終えて、シンプルな文体で綴られていながら、綺麗で繊細な感性、読後に凄い感動と余韻。

これで火がつき、狭き門、背徳者、さらに日本語でも読んでいなかった、詩やエッセイ、彼の内面の呟きを綴ったものをまとめた本も読みました。

" les nourritures terrestres"は、フランス人には何世代にも渡って、何度も読み返す自分のバイブル、と言われ続けてきた本だそう。
彼の人生哲学、詩、偏見ある社会への怒り、同性愛者としての葛藤、などセンシュアルでピュアで、悲しい美しさも漂います。

フランスの彼の本のプロフィールには、彼がいとこの女性と形だけの偽装結婚(フランス語では、白い結婚、と言う表現をします)をしていたこともハッキリと明記されています。

アンドレ ジッドは同性愛者だった為、結婚生活の間も、やり場のない思う相手への切なさや苦しみ、葛藤を書き綴る訳です。結婚していながら、形だけの妻とは何ら関係を持たずに、男性と旅行に出かけたりしながら、それは小説へと形を変えて行きます。

そういった彼の背景を知った上で彼の小説を読むと例えば"L'immoraliste"(背徳者)は、小説の形をした彼の自伝に近い、という事が分かります。

敬虔なカトリック教徒でありながら、教会への批判精神も持ち、Cave de Vaticanと言う小説も書いていて、この本は長い間、ヴァチカンで禁書扱いにされていたそうです。

偶然にも、この春フランスでは同性愛者の結婚が認められ既に結婚式を上げたカップルがいますが、ジッドの時代はその偏見と戦わなければならなかった、、。

偏見ない社会へ、女性へも開かれた社会へ、と自由と解放を訴えた新しい世代の作家として存在した作家だった、だから今も若者に売れ続けているのでしょう。

川端康成の文章もそうですが、ふたりともノーベル文学賞受賞者。
難しそうですが、むしろ最近売れている作家達の文章よりも、ふたりともむしろシンプルで読みやすい、そんな共通点を感じました。

下半期に読めなかった彼の自伝はこの春夏に読みたいと思っています。
c0181947_235349.jpg


古典ものは、他にも読みましたが日記の中に写真を載せたりしたのであえてここではジッドについて語りました。

古典回帰はもう少し続きますが、その合間に現代作家のものも読んでいます。春夏はやはり秋冬よりも読書に集中し易いかな。
ただ、夜読むとすぐに眠くなってしまうのが辛いところ。。。
[PR]
by 40ansparis | 2013-05-30 22:35 | 本 livre | Comments(23)

trop mignon--!

少し前に、ご一緒した方のお土産が!
c0181947_1620038.jpg


うさぎ!

初めて見た、うさぎの最中でした。

可愛すぎる。
[PR]
by 40ansparis | 2013-05-29 16:17 | 家でお茶・おやつ | Comments(22)

le meilleur baguette2013

今年バゲットコンクールで優勝したブランジェリーが遠くないので、試してみました。
c0181947_17275989.jpg


例年コンクールで優勝すると一年間はエリゼ宮に、このバゲットが納められて大統領が食べるバゲットとなります。

近所に一番自分が気に入っているブランジェリーが2件あるのですが、、、

やっぱりいつも買っている自分の気に入っているブランジェリーのバゲットの方が美味しいかな、、、。
そんなものですね。

コンクールに参加しない美味しいブランジェリーは沢山ありますから、当然と言えば当然。

誰もがみんな、
"うちの近所のあそこのバゲットが一番!" と思っていたりしますね。
[PR]
by 40ansparis | 2013-05-26 17:18 | 食べ物エトセトラ | Comments(14)

道端の予告

昨日は結局朝の気温が3,7度!最高気温も結局10度を切りました。
ショコラショーが飲みたいほどでした、笑。
最低気温は1887年以来の記録だそうです。

さて、先日の出勤日の朝。

出勤道を歩いて行くと道端に次々現れた、メッセージ。
c0181947_14371864.jpg


そう、この日曜日はまた大規模な、同性同士の結婚反対のストが予告されているから。
c0181947_14372169.jpg


法律で既に可決されて、今はもちろん同性同士で結婚が出来るようになりました。

でも、フランス革命の時代から変わらず、フランスは国民が強い!
法律で決まったって、なんのその。
続けます。
決まっちゃったのかあ、なんて諦めませんヨ。
さらに加速しそうな勢いに、パリでは
20万人と想定するこのストに4500人もの警備を配置するそうです。
c0181947_14372379.jpg


フランス人、、、この日曜日は母の日なのに、笑。両立出来るんでしょうか。

メッセージは
"みんな、お父さんとお母さんから産まれてる!"
"仕事に行きたいぞ、ゲイの結婚式に行くよりなら"
などと書かれています。
[PR]
by 40ansparis | 2013-05-25 14:22 | フランス人・フランス観察 | Comments(10)

湿度を感じる、、、

ここ最近のパリの写真で、カラッとしている写真、、、ないんです。
何だか湿度を感じる写真ばかり。
c0181947_2344322.jpg


5月も後半だと言うのに、こう寒いのが続くと、以前の仕事柄つい考えてしまうのが、、、

あらら、、、この春夏物はかなり苦戦してるだろうなあ〜、、と。

いつもならノースリーブのワンピースを着ている時期なのに〜。。

明日はさらに今日より下がるらしく、最低気温は4度!最高気温も11度!とか。どうなっているんでしょう。
今日の午後も、一瞬ですがあられが降りました!

フランス人のお客様もみんなお会計の時にお天気の話題になり、
"J'en ai marre!!!!!" (もう、ウンザリ!!!)と叫んでます。
[PR]
by 40ansparis | 2013-05-23 23:36 | 仕事の日 le travail | Comments(8)

雨、雨、雨

今日も13度です。

こちらは昨日のル パリジャン紙。
c0181947_0471958.jpg


過去5年の同じ今頃の気温を比べると
やはり今年は例年と全然比べものにならないほど気温が低いままのようです。

いかに今年は気温が上がらずに続いているか比較して書いてあります、、、。

5月と言うのは、フランスは祝日も多く、初夏の陽気で南仏などは早めのヴァカンス気分を味わう人が多いのですが、只今映画祭開催中のヴァカンス地カンヌも雨模様で、テラスも悲しい風景になっている写真が出ています。
c0181947_0472251.jpg


ニュースなどで日々流れる、カンヌ映画祭の模様も、傘を差しての映像が。
いつもは、いかにもヴァカンス地と言う日差しが眩しい映像なんですが、、、。

南仏でなくとも、今が本来一番良い季節。パリでさえ、例年なら23度から25度くらいにはなるはずなんです、けどね。

この記事によりますと、まだまだ続くだろう、、とのこと。

貴重な太陽の時期が!
[PR]
by 40ansparis | 2013-05-20 00:38 | 気になる、、、 | Comments(24)

どんより

c0181947_1264167.jpg


何だか今年はずっとコートを着たまま。
私は軽いカーディガンやトレンチに変えましたが、フランス人でも寒がりの人達は、まだ冬のコートを着てストールを巻いている状態。

太陽が占める割合は増えていますが、
今ひとつ気温が上がらない、相変わらずのパリ。
[PR]
by 40ansparis | 2013-05-16 01:23 | パリの空 le ciel deParis | Comments(18)

l'hymne a la mere 母と言う存在

フランスのfête de mère 母の日はもっと遅い26日なのですが、聞いたところによると日本は今日とのこと。

フランス人を見ていて微笑ましい光景のひとつ。
会話の途中でも、お買い物の時でも、電話でも普通に、、、

" Je t'aime maman !"
(ママン、愛してるよ。大好きだよ。)

子どもだけじゃなく、60歳くらいの人達でも普通に言う。
そして、電話でなくすぐ目の前に居ればすぐに同時にほっぺたにビズ〜。

個人主義なのに、スキンシップが多いせいか、人懐こさは日本人以上に見える。

母と言う存在を持っていない人は居ない、誰にとっても特別な存在。
雑誌で紹介されていたので読んだアルバートコーエンの"私の母の本"。

彼の母を描いた作品だけれど、誰もが郷愁を感じながら読む、そんな作品。
c0181947_1830277.jpg


誰もが苦しい時にとっさに出るのは
"お母さん〜"とよく言います。
お父さんの存在がどう、とかではなく、本能的に言わせるのでしょう。

私は母と学生時代の真ん中くらいから、でしょうか、、、
お母さん、ではなく自然に"Tさん"と名前で呼ぶようになりました。

多分それは、母が私に独りの女性として、年上の女友達のように様々な話をしたり、同じ目線で接してくれたからそうなったのかもしれません。


一緒に写っているのは、同じ作家の、20世紀最高傑作のひとつ、と言われる知る人ぞ知る大恋愛小説、
Belle du Seigneur

実は去年のヴァカンス前に読もうか躊躇していたのがアンナカレニーナとこの本。
何故躊躇していたか?
c0181947_18303059.jpg


どちらも1000ページの大作で。
この夏はこれに挑戦しようかな、と二年越しの決意。


母の日だけれど、我が家流、父の分も一緒に、、、

元気でいてね。いつも大きく包んでくれてありがとうね。
[PR]
by 40ansparis | 2013-05-12 18:02 | 本 livre | Comments(18)

ce que je n'aime pas....

小説が映画化されるとフランスの文庫本はすぐに、その映画のポスターの表紙になって店頭に並びます。

映画も本も私は好きですが、私はこれが好きじゃないんです。

秋冬の映画まとめに書いた、文豪フランソワ モーリアックの"Thérèse ...."も
もちろんこの様に。
c0181947_1938714.jpg


今年初めに観たアンナカレニーナもそうですし、公開されて2週間程経つ、ボリス ヴィアンの"L'ecume des jours"(泡の日々)も、既に。
c0181947_19381055.jpg

その他沢山。

映画化されてから、読もうとした場合は、私はですから出版社の違う普通の表紙のものがあればそちらを選ぶか、ブックオフなどの古本を扱うお店で古いバージョンを探して購入します。

でも、きっと映画の表紙にした方が、映画を観た人も見つけやすく、売上もいいのでしょうね。

ところで、ボリス ヴィアンと言えば私にはジャズマンとしての方がイメージ出来るのですが、今回、シューレアリズムの傑作と言われる小説の映画化、、、現実離れした世界をどんな風に映像にしているのか?誰もが気になるところ。

観た人達の反応がすこぶる悪く、、途中退場する人も何人もいる、と耳にしていたので躊躇していましたが、他に観たい映画もなく、、、。

観て来ましたが、、、半分も経たない内に私も退屈してしまい、そう思い始めた頃、三人が出て行きました。。。
ここまで、と言うのはホントに珍しい。私は一応最後まで観ることは観ましたが。

イマジネーションを掻き立てる小説の方を読んだ方がいいのでは、、と思いました。

ゲームやアニメ世代には良いのかもしれませんが、、ボリス ヴィアンの小説に愛着があればある程、何コレ!と思ってしまうかも。。。
ポスターはフランスの売れっ子二人が主演ですから良く出来てますけど、、。

視点を変えて見れば、メロドラマを撮る方がむしろシンプルだと思うので、こんな映像を撮れるのは、ある意味天才かも?映像にしようと言う勇気はブラヴォーですね。

ボリス ヴィアンの小説でイメージしながら読む方が、美しい物語として心に残る気がします。
[PR]
by 40ansparis | 2013-05-10 19:07 | 本 livre | Comments(14)

"もしも、あの時、、、" / 三都物語

L'essai (Florence), la cuisine (Tokyo),
Le dessin ( Paris)

c0181947_19273355.jpg

"序文"

人生の様々な段階で、私達はその都度ひとつの選択をし、または岐路に立ち、幾つかの可能性から選択を繰り返して今に至ります。

誰もがふと、振り返る時、もしもあの時、、、だったら、、あっちを選んでいたら、、、と、想像を巡らせたり後悔したりすることが必ずあるはずです。

そんなエピソードのひとつを、それぞれ語って欲しくなり、今回ホスト役の私は、他メンバーのおふたりにこのお題を投げかけました。

今年第2弾の三都物語、前回同様にそれぞれが同じテーマで語らせて頂いています。それぞれを三都市分
(イタリア、フィレンツェ: ihokoさん
日本、東京: whiteさん)
巡って頂けると嬉しいです。

三都物語の回は普段よりちょっと長くなりますが、お付き合い下さい。

皆さんの"もしも、あの時、、、"も
聞かせて頂きたいなあ。
様々なドラマがありそう。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

社会人になって2年ほど過ぎた頃、海外旅行に行こうと友人二人と計画を立てた。私達は、卒業旅行は国内だったので、初めての海外旅行だった。

その女子三人の旅行先はすんなり英国に決まった。
私以外の二人はロンドンに、私はロンドンよりも田舎にある、ピーターラビットのモデルになった村に興味があった。

三人とも違う会社で仕事をしていたので決めた日程は動かし様がなかったが、どういう訳か旅行会社の手違いでオーバーブッキングとなり、同日程の英国行きで三人分の確保が難しいと言う。
他の都市への変更は可能性として考えられるか?と聞かれ、計画は振り出しに戻ることになった。

私は、何処でもいいよ、二人で決めて、と匙を投げ、行き先の再決定は二人に任せた。

二人がそれなら、と決めたのはフランスのパリだった。
ちょうど格安のチケットが手配出来るとのアドヴァイスもあり、すんなり決まったようだった。
c0181947_19273560.jpg


一週間私達はパリど真ん中の観光エリアではなく、勧められたモンパルナス界隈のプティホテルに滞在した。

モンパルナス界隈は、言わずと知れた6区と14区のちょうど堺目にある、昔からアーティストがたむろしていたボヘミアンな地区。

ヘミングウェイやフランスの文学をかじっていた若き三人は、毎朝の様にヘミングウェイもエッセイに書いている彼が呑んだくれたり、せっせとノートに書きものをしていたカフェのひとつに通い、テラスで道ゆくパリジャンを眺めながら朝食をとったり、歩き疲れた身体を安める為にカフェで語らった。
この滞在中、パリの本場のカフェ文化の洗礼を受け、その喧騒の中に居る心地良さを満喫した。

c0181947_19273624.jpg


日本へ帰り、またそれぞれが日々の忙しさに揉まれて行き、その後その友人二人はパリには来ていない。

二人が決めて、私は一度行ってみるのもいいかもネ、と二人が決めた船に乗っただけだったのに、
結果、一番パリから離れられなくなってしまったのは私だった。

その後は一週間位の有休がもらえるとパリに来たり、機会に恵まれて仕事としても何度も出張にパリに来て、と
パリは私にとって、自分の田舎と同じ位に居心地の良い無くてはならない場所になっていった。
c0181947_19273810.jpg


そして今私はパリに住んでいると言う人生の不思議。

初めて来たパリで通った同じカフェに、私は20数年経った今現在も通い、同じテラスから変わらない景色を眺め、時々ここに居る意味を思う。
古いスタッフも、よく知っている。

c0181947_19274138.jpg

もしも、あの時、、、
旅行会社のオーバーブッキングがなくスムーズに英国に旅行していたら、
今、私はパリには居なかったかもしれない。

パリに住む様になってから、何度もまた読み直してみたヘミングウェイの描いたパリ。

ヘミングウェイも、有名になる前に、ただひとりの外国人としてパリの街を歩き、異邦人としての目線でパリを感じていたからこそ、今の私の心にも響き、共感させられたり、同じ道を歩きながら愛着を感じたりするのだろうと思う。
c0181947_19274449.jpg

彼の言葉がいつも流れてくる。
" 若い頃、もし君がパリに出会ったならパリはその後一生君についてまわる。
何故ならパリは移動祝祭日だから。"

c0181947_19274556.jpg

今回のイラストは、今回描いたものではなく、何回かパリに来ていた頃に毎回描いていたスケッチブックから載せました。
[PR]
by 40ansparis | 2013-05-02 00:02 | 三都物語 | Comments(24)