<   2011年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

時間の色

たまに寄る本屋さん。

本屋さんといっても、店頭にあるのは、実は古本です。新しい古本(?)から本当に古いものまであります。
c0181947_4113864.jpg

小さい本屋さんって、お店の名前が洒落ているところがわりとあって、オーナーの言葉に対する
洒落っ気がわかります。

このお店は couleur du temps (時間の色)。
[PR]
by 40ansparis | 2011-05-28 21:07 | お散歩の時間 promenarde | Comments(6)

トレンチが復活

あんなに初夏の陽気だったパリ、、、また一気に気温が下がって数日、、、今日は17度だったとか。
また、ジャケットやコート復活です。

仕事帰りの頃の21時頃は、まだまだ明るくて、気持ちがよかったのですが、今日は久しぶりにひんやり、
そして曇り空。
c0181947_62273.jpg

空に写っている二つの物体は、、、、凧を上げている人達がいたのでした。

昼間と夜の間。。。。。
c0181947_631638.jpg

雲が多いので、いつもよりもちょっぴり暗くて、モノトーンに見えます。
夕陽が反射しているところだけがちょっぴりオレンジがかっていましたけど。

c0181947_653992.jpg

同じ夕陽でも、この時期の夕陽は、陽のあたりかたが柔らかく感じます。
c0181947_671116.jpg

[PR]
by 40ansparis | 2011-05-27 23:59 | パリの空 le ciel deParis | Comments(6)

パリの日本支援、続いてますよ

パリでも、まだちらほらと、日本支援のコンサートや催しのポスターや広告を見ます。
これは今月末にあるらしい、バレエのチャリティーの舞台のポスター。
c0181947_524381.jpg

日付を確認してみたけれど、、、、私は仕事の日でした。

先日も、常連客のマダムが「そうそう、あなたに聞きたかったことがあるの。あの日本の大地震は
はっきりと日付はいつだったかしら?」
と、私に聞くので、3月11日ですよ。と答えました。

聞けば、そのマダムは、大きな事件や事故、出来事をダイアリーに記入しておくことにしているそうで、
忙しくて過ぎてしまい、忘れているうちにもう思い出せなくなってしまった、、、とか。

「今年は年明けすぐから、まずヨーロッパや周辺はテロや内戦でしょ。そしてこの震災。波乱で荒れている
年よね。。。。神様が怒っているような気がするわ。」とマダムが仰っていました。

先日、カンヌ映画祭も終了しましたが、、、華やかなニュースもある中、フランスは裏では戦争をしているし。

フランス人たちの安くて近いヴァカンスのメッカ、チュニジアやモロッコも、今年は行くのを止めた、という
フランス人が私の周りでも多くて、本当に世界の状況は変わってきているのを感じます。

今年ほど、人の、自分の命について考えた年はないかもしれません。
[PR]
by 40ansparis | 2011-05-25 22:22 | 気になる、、、 | Comments(12)

Minuit a Paris : (パリの真夜中)

今回のカンヌ映画祭のオープニングを飾った、先日公開されたばかりのウッディ・アレンの新作を
観てきました。

今回の映画は、パリを愛するウッディ・アレンが、パリを舞台に撮影した映画で、大統領夫人のカーラ・
ブルー二が出演していることでも話題になりました。
c0181947_1335941.jpg


評価は今ひとつのようですが、、、でも今回のポスターがまず、私嫌いじゃないです。
雰囲気として、ゴッホなどの絵画の中に主人公が溶け込んでいるようなポスター、その秘密は
ストーリーに隠されているんです。

私はそれほどウッディ・アレン派ではありませんが、わりと彼の映画は観ていることは観ています。

今回は、最近の彼の映画によくある、アメリカが舞台の軽い恋愛ものとはまたちょっと違う雰囲気です。
これもパリの美しさがそうさせてしまうマジックなのかしら?

ストーリーはうまく説明出来ませんが、、、ちょっとファンタジーっぽくて、それがきっとあまりよい批評に
なっていないんじゃないかな、、、と想像しています。

ただ!冒頭にしばらく流れる美しいパリの景色の数々、それがウッディ・アレンカラーとなって映し出されて
それだけでも感動します。

私の好きなロダン美術館、よく歩くオデオン交差点やその界隈、仕事場から遠くないカフェのある交差点や
リュクサンブール公園、、、、、そしてモンマルトルの坂や、、、、、、普段観ているフランス人監督が
撮るパリとはやっぱり何かが違う、ウッディ・アレン独特のカラーで撮られているパリの街並や景色。

晴れ、くもり、土砂降り、昼間、夜、、、、本当にパリは美しい!と感動してしまいます。

設定で20年代になるシーンがあるのですが、そこに登場するのが、20年代の女性を演じるマリオン・
コティアール。彼女の20年代のスタイル、ワンピースがとっても素敵でした。
ちょうど、彼女は赤ちゃんが産まれたばかりです。そして仕事場のお店にもいらした時があり、
エディット・ピアフの映画で一躍有名になって、ハリウッドからオファーが来るようになってからでも
飾らないシンプルな人柄で、私はお店でお会いして以来、ずっとファンです。
c0181947_1442991.jpg


ウィットに富んだ軽快な会話も、ウッディ・アレンの映画の特徴でしょうけれど、今回は、主人公の
アメリカ人男性が、パリの街で夢見がちになっていくので、セリフもとっても詩的で、パリを賞賛する
セリフの数々は、、、、多分、パリを愛する監督自身の思いなんじゃないのかな、、、、と感じました。

日常の汚い部分を一切排除した(笑)美しい夢のようなパリ、それがこの映画で観られるわけですが
でも、結局、私はもっと日常の裏の部分も映し出したパリを描いた映画の方がずっと共感出来るかな。。。。

こんなにパリを美しく撮れたのは、ウッディ・アレンがフランス人ではなくて、外国人だからでしょうね。
パリを離れた人、パリに住んでいたことがあり、今現在違う場所に住んでいる、そんな人がこの映画を
観たら、わ~~!パリに行きたい!としみじみ思うでしょう。
[PR]
by 40ansparis | 2011-05-23 18:25 | cinema | Comments(10)

ちょっと私信

いち早く、、と思って眠る前に。日本はとっくに日付が月曜になっていますね。
パリももうすぐです。

母Tさん、お誕生日おめでとう。
c0181947_6542059.jpg


Tさんの笑顔が絶えない一年でありますように。
私もポジティブにものを考える時、ほっほっほっとTさんの余裕のある笑顔を目に浮かべてます(笑)。
[PR]
by 40ansparis | 2011-05-22 23:52 | ひとりごと murmure | Comments(4)

便利さ、と裏腹に

先日、ようやくゆっくりした休日、買い物を済ませてあるカフェで一息。

お手洗いを出る時に、蛇口の水を出しっぱなしで出ようとしていた自分に気付く、、、、。

パリは、レストランやカフェの水道の蛇口が、押すだけで水がしばらく出た後、ひとりでに止まるように
なっているところが多いのです。このタイプに慣れてしまっていた自分、、、、ひねる蛇口だったのに
戻さずに手を洗った後、そのまま出ようとしていました。自分で笑ってしまって。

c0181947_5341910.jpg


便利さって、人間の脳みそをどんどん減退させていく、それを実感します。

例えば、たったの2週間日本に帰国しただけでも、便利大国日本の、どこにでもある自動ドアに
慣れてしまい、パリに帰った直後、お店などのドアの前で立ったまま、開くのを待ってしまっている
恥ずかしい自分がいたり、、、、、。

便利さは、どんどん人をバカにしますね。

ある程度、自分の身体や手を使って、自分がしないと、脳みそがなくなってしまいそう。。。。
[PR]
by 40ansparis | 2011-05-21 22:31 | ちょっとした出来事 | Comments(8)

水玉!

流行していなくても,パリでは必ず水玉のものや、ボーダーのものが毎年見つかります。

子供も大人も水玉。
こちらは大人用。パンプスまで水玉でした!
可愛いけれど、いくら水玉好きでも、実際にはパンプスはシンプルな方が自分は好きかな。。。。
c0181947_574358.jpg

今年は流行としても多く見られますけど,パリで見ると、いつもの定番と言う感じ。

こちらは子供用。プティバトーのウインドーでした。かわいい~!
c0181947_574819.jpg

パリは小さい子供から、ボーダーや水玉の着こなしが既にパリジェンヌです。いえ、ホントに。
[PR]
by 40ansparis | 2011-05-20 22:00 | モード*ファッションla mode | Comments(10)

30年代のアクセサリーはモチーフ満載

アンティークジュエリーのウインドーをふと覗いたら、30年代のアクセサリーがディスプレイされていました。

ちょうど今年辺りは、アクセサリーは30年代に多く見られたような、虫や蝶や、鳥、フルーツなど、
モチーフ使いのものが流行していますけれど、こんなにぎっしりモチーフがいると、、、、、、、、。
c0181947_4284844.jpg

最初、通りがかりにちらっと見た時、ハエに見えて(笑)ぎょっとしたのですが、ハチの間違いでした。。。

小さいブローチとピアスならまだ着ける気になるかな?首周りにこんなにぎっしり蜂がいるのは、うーん、
この蜂たちに負けないくらいの、濃い顔が必要ですね。
[PR]
by 40ansparis | 2011-05-19 21:24 | モード*ファッションla mode | Comments(6)

夏のお気に入り、今年も、、、、

暑い季節になると、、、いえ、秋冬でも結構食べているんですけれど、特に暑くなった時の私のお気に入り
おやつ。
フルーツはとにかくすごく食べますが、冷凍フルーツもやめられません。

去年も同じことを書いているのを思い出したのですが、冷凍食品専門店Picardの冷凍フルーツはホントにホントに美味しい。

いつも買う、去年も書いたfruits rouges(赤い実のフルーツのミックス)は、つまんでいると、手が紫色に
染まってすごいことになるので、スプーンですくうのが一番です。
c0181947_0205436.jpg

これは、よく作るパンナコッタのグリーンティー版を作ったときに乗せて食べたもの。

他にも、マンゴーやらいろいろあってとにかくアイスクリームよりもよく買って食べているのですが
季節外れの、大好きなミラベルが最近の特にお気に入り。
c0181947_0225376.jpg

秋じゃないとお目にかかれない、ロレーヌ地方のミラベルを、季節外れの暑い時期に食べるこの幸せ。

ミラベルは手でつまんでも汚れないので、袋からまるでポテトチップスでも食べているかのようにつまんでは
食べて、、、、、、止まらないのです。
[PR]
by 40ansparis | 2011-05-18 17:16 | 家でお茶・おやつ | Comments(12)

どんどん日は長くなり、、、、

先日、透けるエッフェルさんを写真に撮ってみたら、、、、ちょうど21時のギラギラが始まっていて
そのギラギラが、綺麗に水玉のように写っていたのでした。
c0181947_4363161.jpg

パリは、今がどんどん一日ごとに日が長くなっている時期です。

毎年そうなんですが、明るいうちに晩ごはんを食べているのが、ちょっと変な感じです。

ふと思ったのですが、いえ、きっとヨーロッパに住んでいる日本人なら思ったことがあるのかもしれませんが
今年も来るであろう、日本のあの湿度の高い猛暑。。。

震災後何かと節電、、とか言われているようですが、、、、その前に、このヨーロッパのサマータイムを導入して
みたらいいのに、、、、と思ってしまいます。

一時間時計をずらすだけで、暗くなってからの電気を点ける時間がかなり遅くなります。
さらにフランス人の場合、かなり暗くても電気を点けずに暗い部屋で居たりして、、、。

我慢して冷房を一度上げる、なんていうのよりも、ずっと効果的だと思うのですが、、、、、、。
c0181947_442778.jpg

「試してみたらいいのにネ。。。。」
[PR]
by 40ansparis | 2011-05-15 21:34 | ひとりごと murmure | Comments(8)