カテゴリ:フランス人・フランス観察( 69 )

右と左

フランスは次の大統領選挙に向かって動いています。

現大統領の左派はパッとせず、右は政治家の例にもれず金問題で脅かされて、、
極右がメキメキと伸びていて戦々恐々とした雰囲気です。

イギリスのEU離脱に、トランプ大統領と来て、、、さてフランスどうなる?と国民も不安です。

c0181947_06063992.jpg

仕事場近くのいつものカフェは、いつものムッシュウがスタッフや他の常連さんと、いつものサッカー談義。

フランス人はサッカーの話、好きですね。昨晩のPSG(パリサンジェルマン)とモナコの試合はあーだった、こうだった、、今夜はああだこうだ、、。
そして政治の話も止まらない。

私がまだどんより気だるい空気の中に居るのに、まあ、早朝からフランス人はよくしゃべる、、、。
フランス人って、まず口が年を取らないのですよね、笑。

私の住んでいる界隈は左派の界隈、仕事場界隈は完全に右の界隈です。
フランスは割と職業でも分かります。

仕事場界隈と住んでいる界隈、本当に右と左の雰囲気や人、その区のイベント、違いを面白いくらいハッキリと感じるのです。


[PR]
by 40ansparis | 2017-03-22 05:53 | フランス人・フランス観察 | Comments(2)

10年のフランス生活に思うこと

先日、ファッションウィークに仕事でパリに来た友人と久しぶりの再会。

c0181947_06464867.jpg


二人ともパリに来た時期がほぼ一緒なので、お互いのフランスでの人生を振り返りながら語り合いました。

去年の秋で私はパリに来て丸10年でした。

一言でフランスと言う国を表現するのは難しいけれど、敢えて一言で言うなら、、、、

フランス、、凄いな。

でしょうか、笑。

もちろんイヤな部分、日本に比べて不便だったり不満もありますが、それらを超えて最近特にこう思うのです。

c0181947_06464906.jpg


まず、人生の楽しみ方が素晴らしい。
お金をかけるのではない、モノではない、真の贅沢を大切にしている点。

ですから、生きることのアート、Art de vivre と言う言葉が存在します。柔らかく言うなら、日常を楽しむ(アート)。

そして田舎より特にパリジャンは気取屋と、とかく言われますが、実際に話をする様になると、友人ほどの付き合いでなくても、実は皆んな気取りが無くてむしろ凄く人懐こい。東京よりは大阪に近い感覚です。(実際にパリの日本人は大阪出身の人が多いです。私の周りだけ?)

気取りなく、自然さを大切にしている気がします。食べ物でも人でも。

そしてフランス人の中の好奇心と知性と無邪気な子供心、これらが上手く混ざり合っている点。

だからなのか、、、かなりの高齢者でもひょいひょいとiPhoneを躊躇せずに使いこなしたりしていますし、、、何歳でも何をするにも遅いと言う事は絶対に無いよ!と私は何人のフランス人に言われた事でしょうか。


人間くさく、はっきりモノを言うフランス人、へりくつではかないませんし、いい加減ですが、、、

仕事はそれなりに、人生をプライベートを楽しむ、大人が楽しむ事にかけては素晴らしく" 良い加減 " である事、私の今後の人生でも大いに賛同したいと思います。


[PR]
by 40ansparis | 2017-03-12 06:12 | フランス人・フランス観察 | Comments(26)

サン ヴァランタン

タイトルは、日本で言うバレンタインの日のフランスでの言い方です。

フランスはほとんどは、男性から女性へ、ブーケを贈ったりするのが主ですが、最近は活気のない時期を盛り上げるマーケティングが活発になってきて、どんなジャンルのお店でも。バレンタインにかこつけて何とか売り上げを上げようとしているのが見えます。

皆さんは、、、
ハート、、、
c0181947_07185388.jpg


捕まえる事が出来ましたでしょうか?
c0181947_07185485.jpg



[PR]
by 40ansparis | 2017-02-15 07:08 | フランス人・フランス観察 | Comments(2)

今年の冬は寒く感じます。

c0181947_03314390.jpg


北ヨーロッパに強い寒波が来ていて、かなり寒かったのですが、少し和らいで来てホッとしています。

風邪を引いたり咳をしている人も多くて、知り合いに会ったりしても、ビズーをしかけると、
" 今、風邪ひいてるから、、"とビズー無しになる事も数回、、、。

ビズーをあえてしない、、相手に移さないように配慮します。普段顔の距離がかなり近いフランスですが、こう言う時期は流石にビズーを遠慮します。

今年の冬はいつも以上に寒く感じますね。
皆様もご自愛下さいね。

[PR]
by 40ansparis | 2017-01-09 03:25 | フランス人・フランス観察 | Comments(18)

Le dernier moment : 直前

いよいよノエル前の最終週になりましたね。

今年は近所の界隈だけかもしれませんが、直前の週にモミの木を抱えて帰る姿を多く見かける気がします。

えっさえっさと、子供達にも手伝わせて大きなモミの木を抱えて帰る姿、、、見ていると微笑ましくて、ほんわかします。
c0181947_06325701.jpg


大好きな赤ちゃんの肌着メーカー、プティバトーのノエルウインドウ。
c0181947_06325872.jpg

可愛すぎる、、、。
[PR]
by 40ansparis | 2016-12-22 06:27 | フランス人・フランス観察

フランスのベーシック

先日、約束があり、普段歩かない界隈に行った時に通りかかったアニエスbのブティック。
トカゲのロゴが可愛い。
c0181947_18494756.jpg


こんなネイビーの店構え、アニエスのブティックは黒のイメージが勝手にあったので、良いネイビーの色合いにパチリ。

フランス人はとにかくベーシックな物が好きだとつくづく思うのです。

この春夏、日本のサイトなどでよく見かけた流行っていたらしいワイドなパンツもパリではほとんど見かけませんでした。

流行りよりも自分の好きなスタイルをする。だから、ファッションの都と言われながらも、あまり実際の流行が普段は分かりにくいパリなのです。

"それ、前に流行ったのだよね"などと誰も言わない、本人が好きならそれで良い、のがフランス。楽ですね。
[PR]
by 40ansparis | 2016-10-19 18:42 | フランス人・フランス観察 | Comments(18)

今週は猛暑です

秋になってしまった、、と誰もが思ったくらい肌寒かった週末が終わったら、なんと一転、この春夏一番の猛暑になりました。

連日、36,37度。パリには珍しく夜になっても気温がなかなか下がりません。

フランス中に警報が出て、夜中普段は門を閉じるパリ市内の大きな公園も、夜中中解放しています。
c0181947_18310779.jpg


大きなオフィス以外は、ほとんど冷房なんてないフランス。
みんな夜中公園や芝生で少しでも涼しく、、、と凄い人数のひとたが過ごしています。

私の住んでいるのはフランス式に言うと3階、日本で言う4階。
暑くてなかなか寝付けませんが、暗い冬が長すぎるから、私は暑い〜〜と言っていられる事、軽いワンピース一枚で過ごしていられる事が、それでも嬉しい位です。
c0181947_18310861.jpg

それに猛暑も日本ほどは続かないのは分かっていますから、儚い猛暑です。
もう、枯葉もかなり落ちていますし。
c0181947_18310826.jpg


少し木の多い辺りなんてこんなに。

店頭に秋冬物がディスプレイされていたり、新学期の文房具が沢山積まれているのを見ると憂鬱になる最近です。
[PR]
by 40ansparis | 2016-08-26 17:59 | フランス人・フランス観察 | Comments(10)

一番静かな夏

商店街の小さなお店は、殆ど今はこんな張り紙が貼られて閉まっています。

c0181947_18304903.jpg


" 皆さん、良いヴァカンスを!
太陽と海、バンザイ!
8月26日に、いつもの笑顔で
再オープンします!"


今週は、仕事場の横丁も、住んでいる界隈も、一番ヴァカンス休業が多いです。

日本も、大人も子供も、こうしてゆっくり休めばいいのに、、、といつも思います。


[PR]
by 40ansparis | 2016-08-13 16:41 | フランス人・フランス観察 | Comments(8)

フランス 、この夏のヴァカンス事情

今週から来週は、ヴァカンス地が最も賑わい、一番宿泊施設などが満室、パリは一番静かな時期です。

いつもの仕事場近くのカフェの常連客もまばら、カフェのスタッフも一部ヴァカンス、、といつもの景色も少し違います。
c0181947_17370105.jpg


安近短の代表だった、フランス人のヴァカンス地、チュニジアやモロッコなどの北アフリカも、最近の情勢と治安の変化で、毎年行っていた私の周りのフランス人もみんなが行かなくなりました。

それでは皆何処に行くのか、、、私の周りに関しては、みんなスペインやポルトガル、少しイタリア。

パリが厳戒態勢がさらに厳重になった今、ヨーロッパ中、今度は小さなテロが止まらなくなり、観光業界は振り回されています。

c0181947_17370218.jpg


カフェの常連同士は、界隈で働く者同士でもあり、短い人でも6年くらいは知っているので、プライベートもそれぞれみんなが知っていたりします。

自らのカップル事情も、みんな屈託無く、面白可笑しく話すのも、常連同士長く知っているからこそ。

特にヴァカンス前は、このプライベート話で毎日持ちきり。

大人の事情に巻きこまれ、聞いていると子供達も大変そう。

でも、そんな事さえ辛そうに見えない、むしろ生き生きと話していたりして、楽しんでいるかのように見えてしまうフランス人。

ヴァカンスが終わって、皆んな戻ってきてからの、それぞれの大人の事情は、どうなったのか、、、9月になると連日また話を聞く事になります。

ともあれ、、、Bonnes Vacances!!
[PR]
by 40ansparis | 2016-08-03 17:10 | フランス人・フランス観察 | Comments(6)

au bord de la mer.... : 海辺で、、、


フランス人がヴァカンスの話をすると、必ず出てくるフレーズ。
海辺でね、とか浜辺でね、と言う意味です。

少し前に、日本の文豪の本を選んであげた友人から、携帯へショートメッセージがありました。

" 太陽の下で、海辺のテラスで、ミシマの École de la chair (肉体の学校)最高!"

まあ、金閣寺よりは、これの方が海辺の読書には合うだろうと思って選びましたが、、、気に入ってもらえたようで何より。

c0181947_20073066.jpg


肉体の学校は、、三島の中でも軽く読める内容ですが、、友人の、
" 60年代の日本人にしてはモダンだし、ドラマのSex and the city みたいだね"
と言う感想には大笑いしました。

この小説には、文豪ミシマの、、

年増=豊島園 なんて言う駄洒落もあるのですが、、その部分がフランス語にどう訳されているのか急に気になってしまい、、、、

後日、本屋で立ち読みし確認して来なければ、笑。
[PR]
by 40ansparis | 2016-07-15 19:54 | フランス人・フランス観察 | Comments(4)