カテゴリ:cinema( 89 )

un ete japonais:日本映画を想う夏

昨年の夏は黒澤映画の回顧展があり感動。

今年は、ヴィスコンティと並んでフランス人にも人気の小津安二郎を中心にセレクトされた古き日本映画の回顧展が。嬉しいですね~。
c0181947_4253390.jpg

只今ヴァカンスの真最中、一番パリジャンがパリに居ない時期。空いているだろうとギリギリに出掛けたところ、、、なんと長蛇の列に超満員!

自分の都合と合う作品しか観ることが出来ていませんが、かなり感動しています。
他にも今村昌平監督、吉田喜重監督、溝口健二監督、そしてもちろん黒澤明監督の名作ばかりが。観たくてもなかなか自分の自由になる時間と合わなくて悔しい限り。

小津さんの映画は、兎に角美しい~!ヴィスコンティなどの巨匠たちにも共通して感じる独特の確固たる美意識。
完璧主義で俳優にも自由な演技をさせずに、表情や仕草全てコントロールした小津監督。
従って、時に不自然な演技に見えるのが気になるのだけれど、日本語や映像の色合いの美しさを前にすれば、小さいこと。
c0181947_4253552.jpg

簡単に訳されたフランス語の字幕を目で追いながら、あ~このことばの美しさは訳せないのよねえ、と独りで悦に浸り。

大島渚監督は、小津監督とは対極の異端児。
フランス人が好きなエロティシズムに溢れていて斬新、まるでヌーヴェルヴァーグのフランス映画を観ているよう。私は好き。

感動して独り映画館を出る時に3人のフランス人マダム、ムッシュウに声をかけられました。
"何度観ても素晴らしい!"
"台詞が素晴らしい。ポエティックで"
"オズの映画はエモーションに溢れていて感情表現が繊細、美しいね~!"
小津映画について語りたくて止まらないムッシュウ、マダム達をどうにかヤンワリ振りきれたのは20分後。

日本ででさえ、もう映画館でこの時代の映画を観ることなんて出来ないんですよ、今は、、、と私が話すとフランス人小津ファンの皆様、何故⁇とまた語り始めて、、。
恐るべしフランスの小津ファン。日本人よりもずっと映画を見込んでいます。

フランスは日本映画のみならず、世界の古き良き映画をリスペクトして、一大論争を巻き起こしたような問題作でさえ上映したりと、映画を本当に愛していると言うのに、、。
日本も興行収入が取れる大型映画ばかりでなく、こういった上映をすればいいのに。
映画作りを目指す若者は何を観ればいいのかしら?

"フランスと違って日本は、映画作りに関わっている人達が映画だけで食っていけない国なんだ、、"と、たけしさんが以前悲しそうに語っていたのを思い出しながら帰りました。
[PR]
by 40ansparis | 2012-08-18 19:52 | cinema | Comments(14)

再発見

c0181947_19372776.jpg

写真を加工するのは、あまり好きではないのですが、この枠組機能は、映画まとめにとても向いていることを発見。

さて、この春は、いつものシーズンより映画を観ていない私です。
この上半期は"量より質"と言う感じ。
新作よりも古い映画の再上映の方が、かなり密度高い再会、再発見がありました。

Insoutenable legerte d'être
この上半期はまだ終わっていないけれど、間違いなくこの上半期の、私のナンバーワン。日本でも話題になってかなり前に観たものの、話題の割には自分の中では響かなかった映画。
再上映に偶然会って、実はもともと、原作本がフランスではセンセーションを巻き起こした名作、と言うことを今回初めて知り、今夢中で読んでいる最中。
後日、あらためて本と共に書こうと思います。

Œdipe roi
パゾリニのオマージュ上映にて。
イタリアの鬼才パゾリニが、ギリシャ伝説のひとつ、オディプス王の物語を自ら演じた名作。他の作品には賛美両論意見が分かれる監督だけれど、パゾリニが鬼才ゆえ。私には北野武さんと同じ匂いを感じます。

Sandra
この春は幾つかヴィスコンティ作品も観る事が出来て感動。彼の描くイタリア貴族、美意識、時にアンモラルな世界。何故か引き込まれて。

Stardust memories
ウッディアレンは、特別好きな監督ではないけれど、何だか観てしまう。
読みたい本がはっきり浮かばない時に、何となく本屋さんで軽く読める恋愛小説を選んでしまうのに似ている、笑。
これは、観ていなかったかなり監督が若い頃の、一番個人的要素が強い作品だとか。
かなり若く美しいシャルロットランプリングが、ウッディアレン映画に出演していること自体に不思議な感覚を受けながら観た。

さらっと自分の記録用に。
こういった映画を、DVD とかではなくて、今なお映画館の大きなスクリーンで観る機会に恵まれるパリって凄いなあ、と、毎回そのことに感動しつつ映画館を後にする私です。
[PR]
by 40ansparis | 2012-06-23 19:38 | cinema | Comments(14)

気が付けば、、、

ばたばたとしている間の小休止。
気がつけば、カンヌ映画祭もとっくに終わってしまっていました。

カンヌ開催中から、新聞やテレビのドキュメンタリーで目立っていたのは、あの!フランス人俳優
ジャン・ルイ・トリンティニャン氏の映画出演。
c0181947_1844495.jpg

これはカンヌで上映された新作「Amour(アムール)」関連で、彼の人生のドキュメントがテレビ放映された
辺りのフィガロ誌の記事。

そう、あのダバダバダ、、、、♪ 「男と女」の彼です。
私はこの映画と、これまた大好きなロメールの映画「ma nuit chez Maud」に出ていた彼が好きですね~。
c0181947_1883095.jpg


そしてカンヌが終了、蓋をあけてみたら、なんとこのミカエル・ハネケ監督の「Amour」が
パルムドール賞に輝きました。

ヴァカンスが近いせいか、ハリウッド系、アクション系が多くて、観たい映画があまり最近ありません。
バタバタしているので、ちょうどいいけれど。

公開されたら是非観なくちゃ。
[PR]
by 40ansparis | 2012-05-31 11:59 | cinema | Comments(6)

マリリンの年 l'anne Marilyn

今年はマリリン・モンローの没後ちょうど50年なので、もともと多く見かけるマリリンモチーフですが
今年はさらに、ポスターなど見かけます。
c0181947_1845078.jpg

ぼやっとしたポスターなので、あまり良く見ていなかったけれど、今年65周年のカンヌ映画祭の
ポスターもマリリン。

街のアートも、よく使われるマリリンモチーフ。
c0181947_18461825.jpg


先日観たMy week with Marilyn(マリリンとの一週間)は、実際に当時イギリスで映画の助手を
していた人が、マリリンのローレンス・オリヴィエとの映画出演で英国滞在中の際に、マリリンと関わった
実話を本にしたもので、それを映画化したもの。

それは、、、、マリリンファンの私としては、、、、個人的には、、、まあまあ、、、かな。。。

最近また大きなスクリーンで、昔のいわゆる名作をいくつか観ることが出来たので、やっぱりそういう
映画を観てしまうと、、最近の映画は、映像や技術は素晴らしいけれど、感動が薄いな、と実感。

まあ、とにかくマリリンの年であることには違いないようです。
c0181947_18574741.jpg

[PR]
by 40ansparis | 2012-04-27 11:42 | cinema | Comments(10)

Ah, je regrette un peu.... ちょっと後悔、、、

映画まとめの番外編をちょっぴりと。

ノエルの忙しい時期、大きなスクリーンで観たかった映画のひとつに、アニメーション映画がありました。
私には珍しく、アニメーション映画だったのは、主演の猫の声を吹き替えしたのがアントニオ・バンデラス
だったから、、、、、、だけではありません。

秋口にいち早く観た予告編を観て、一気に虜になったその理由は、主演の猫が私のパリの友人猫ちゃんに
ウリふたつ、まるで彼女をモデルにしたかのようなそっくりさだったので。
c0181947_19194248.jpg

あ、映画の中では男猫なんですけどね、笑。

この同じ時期に公開の他の映画を圧倒して人気になり、大人の間でもかなりいい批評だったんですョ。
劇場で観れなかった分、インターネットで何度も何度も予告編を見ては癒されていました。

もしそっくりさんコンクールがあったら、彼女の優勝は間違いなかったのに。
私には彼女が演じてしゃべっているようにしか、見えません。なので、嬉しくて。
キャメルの毛も、グリーンの綺麗な瞳も、まるで彼女、でしょう?
c0181947_19222955.jpg

[PR]
by 40ansparis | 2012-04-10 12:16 | cinema | Comments(18)

2011-2012下半期 映画まとめ

秋冬は、食のサロンや大きな商戦の時期もあり、感動した映画に出会っても、なかなかすぐにその映画に
ついて書くという余裕がなく、結局過ぎてしまいました。
忙しい時期、疲れきっていると、さらにシネマに足を運ぶことさえ辛い時期もあったりして、劇場公開を
見逃してしまった小さいフィルムもありました。

ちょっと3月までずれこんでいますが、下半期のまとめを自分なりに、自分の記録用に。。。
今回は、それぞれについて本当は感動を書きたかったのですが、簡単に。

(ドキュメンタリー映画)
*Michel Petrucciani
*Les mains d'Hermes : エルメスのものづくりの裏側のドキュメンタリーフィルム。上映がほんの
                   数日のみ、という貴重なフィルムでした。まさに完璧なものづくり!
*Dans les Bras : ピレネー中部の田舎にある、フレンチの三ツ星レストランの父と息子の創作現場の
              ドキュメンタリーフィルム。
*Je suis venu vous dire.... : 大好きなゲンズブールの貴重な秘蔵フィルムを集めたドキュメンタリー
                      フィルム。動く彼を見る機会自体が、最近は貴重なので、個人的に
                      かなり満足。
c0181947_4582297.jpg


(実話をもとにした映画)
*La dame de fer
*J. Edgar : FBIのもとを創立した男性の実話。デカプリオの演技力を見直し、感動。
         クリント・イーストウッドの映画作りにも感動。
*Intouchable: フランスでは社会現象を巻き起こしたくらいにヒット。主演のフランソワ・クルゼは
            若い時のジャズマンの映画で出会って以来知っている俳優で、パリのカフェでも
            お会いしたことがあり、個人的に好きな俳優。
*CLOCLO : 実話シリーズでは、私のナンバーワン。70年代のフランスの大アイドル、クロード・
         フランソワの人生を描いたもの。2時間半もある映画でこんなに短く感じた映画は初めて!
         この映画については後日、もっと書きたいと思います。

(小説の映画化)
映画もネタが不足しているのか、ベストセラーの映画化が年々増えている。
*L'amour dure trois ans : 主人公の男性の悲観的思考に共感。男性を演じた俳優は現代の
                     ジャン・ピエール・レオだと私は思うのだけど、、、。
*La vie d'une autre : フランス人女優Sylvie Testudが監督を務めた映画。ビノシュは不思議な
                 女優。綺麗にも見えるし、とっても醜くも見える、、、。
*Des vents contraire : ヒットしている若手作家の小説を映画化したもの。でも、この小説家の本は
                 どうも、私には文体が合わず、本は相性が悪かったけれど、映画はわりと
                 良かった、、、かな。 男性がひとりで子供を育てている、、、そんな家庭環境が
                 多いフランスの社会現象をも描いている、現実的にもありそうな場面がたくさん。
*Extremement fort et incroyablement pres : 9.11NYテロをベースにした小説の映画化。
                                   このテーマはどうしても涙が出るけれど、映画と
                                   しては、どうしてもハリウッド的に感じてしまう。

(フランス現代社会を反映)
*Des vents contraire
*Parlez moi de vous : 主演のカレン・ヴィアーは私にとっては、フランス人女優の中の
                  メリル・ストリープ。彼女が出る映画は、ピリッとしまるし、脇役でも凄い存在感。
                  今まで彼女を主演にした映画がなかったのが不思議なくらい。
                  核家族、孤立していく現代社会の孤独や寂しさを描いていて、個人的には
                  とても良かった映画。
c0181947_5164260.jpg

*Detachement : フランス映画ではないけれど、今年最初のショック、といっていい映画。
              去年話題になったイランの映画、Une separation と同様、現代社会の問題を
              残酷に、現実的に描いている、、のと、主役を演じたアドリアン・ブロディの存在感に
              よる映画のインパクトが素晴らしくて。彼の凛とした、品のある存在感は大好き。
              以前観た、戦争時代のユダヤ人ピアニストを演じたLe pianistもまた観ることが
              出来たのですが、本当に彼はハリウッドの俳優の中でも品があって、別格の存在感。
c0181947_5224222.jpg


(番外編)
*The Artiste : アカデミー賞も獲って、世界的に有名になったフランス人俳優、ジャン・デュジャルダンが
           まるで、古きよきハリウッドの、クラーク・ゲーブルのようでとってもよかった映画。
           結局みんな古き良き時代のハリウッド映画は好きなんじゃない?と再認識。

(フランス人のメンタリティー・アムール)
*L'art d'aimer: 監督のエマニュエル・ムーレの映画は、それほど大ヒットはしないけれど、いつも
            フランス人の日常の男女をよく描いていて、私はロメールの映画みたいに感じて
            個人的に凄く好きな映画。ただ、ヒットしないため、あっという間に劇場公開が終わって
            しまう、、、、。この映画にも、大好きなフランソワ・クルゼ氏登場。
*2Days in New York : 2Days in Parisを撮った女優、ジュリー・デルピーの最新作。
                  本来はこの上半期に入れなければいけないのだろうけど、、。パリ編同様
                  フランス人メンタリティーの独特さを描いているコメディ。(自己中心、勝手、
                  フランス女のヒステリック、、、などなど)フランス人の間でも楽しむ人と
                  下品なだけ!と毛嫌いする人と、賛否両論。

(再上映で再感動)
*Le sauvage : イヴ・モンタンのオマージュ上映にて。あらためて、素敵、、、、と惚れ直して、、、笑。
c0181947_532182.jpg

*Michelangero Antonioni : マイナーかもしれないけれど、私、イタリア映画でもこの監督、大好き
                     なので、、、。大きなシネマのスクリーンで観れて大感動!!
c0181947_5342085.jpg

       そうそう、昨日のニュースで、、、、アラン・ドロン氏、入院と。。。。

*Le Mepris : 映像も、バルドーも、ピコリも、、、、ゴダール調のセリフの言い方も、そして素晴らしい
          音楽も、大好きな映画。これも大きなスクリーンで観れて、大大感動。。。

長くなりました。
このほかにも、観たのですが、まとめとしてどうしても印象深いものを選びました。

この上半期は、どんな映画に出会えるでしょう。。。。。楽しみです。
[PR]
by 40ansparis | 2012-04-05 21:48 | cinema | Comments(14)

Flamenco Flamenco

去年のPina辺りから、最近ダンス関係のドキュメント映画が続いていて、タンゴ、そしてこのフラメンコ。

c0181947_20224588.jpg

小さい頃から、スペインと言う国は知らなくても、フラメンコは知っていた私。
祖母も母もフラメンコを踊っていたから。

でも、発見は、知っていたスタイル以外に様々多様なスタイル、バリエーションがあると言うこと。

テーブルをげんこつで叩いて、ギターなしでタップをとってみたり、、、。

日本の演歌と共通してるようにも思える、もの哀しい郷愁を掻き立てる叫びと囁き。

力強くたくましく、そして男も女もセクシーに。いかにもラテンの国のダンス。

この監督の光の使い方が、なんとも綺麗で、伝統のフラメンコが芸術に見えた。
[PR]
by 40ansparis | 2012-01-19 20:03 | cinema | Comments(17)

La dame de fer : 鉄の女

c0181947_728589.jpg

"鉄の女"は、言わずと知れた、元英国首相マーガレット サッチャーのこと。

この映画のフランス公開日は来月2月15日ですが、先日、avant première (先行公開)で一足先に観ることが出来ました。

サッチャー女史は、エピスリー(食材屋さん)の娘だったこと、子供も二人、引退後はアルツハイマーに、、、など知られざる事実も描かれて当時の女性としてはかなり大胆な考え方と行動力、、引き込まれました。

c0181947_72882.jpg

鉄の女の異名を持つ彼女だったけれど、迷った末に決断した冷戦で、自国の兵士が負傷死した際には、その兵士の家族全てに自ら手書きでお悔やみと国としてのお礼、慰めの手紙を送ったりと、細かい女性の気配りも忘れない女性だった。
今の時代ならきっと本文はパソコンで、しかも秘書が作り、最後のサインのみ大統領が書く、その程度でしょう。

難しい時代を背負って来た重圧が、引退後、彼女にアルツハイマーと言う症状となって現れる姿は、見ていて辛くなり。

c0181947_728992.jpg

演じたメリルストリープが、とにかく凄すぎる。。。いつも彼女には驚かされてばかり。

終了した途端、会場は拍手喝采でした。

私もブルーやターコイズカラー好きですが、サッチャー女史のクローゼットの中はブルーだらけ。そして書類にチェックをいれたり、線を引く時のペンも赤ペンではなくてブルーのペンだった。ここまで徹底されると、ブラヴォー!ですね。

やっぱり実話は、引き込まれますね。
公開されたらもう一度観たいと思います。
[PR]
by 40ansparis | 2012-01-14 23:40 | cinema | Comments(20)

Bonjour tristesse : 悲しみよ、こんにちわ

もちろん誰もが知っている、フランソワーズ・サガンの小説「悲しみよ、こんにちわ」。

この秋は、怒涛のサロン続きと季節柄の大忙しで、いつもよりも読書と映画にかける時間がかなり
少なくて、それがストレスです(笑)。

少し前の、サロンの合間の休日、この小説の映画化されたものを初めて観てきました。
c0181947_1261440.jpg

私は初めて観ましたが、これは1958年に公開された、コロンビア製作のアメリカ映画。

サガンの世界、つまりブルジョワのフランス人家庭、サントロペでのヴァカンス、パリ、、とフランスが舞台
なのに、アメリカの俳優達によって(名優ばかりだけれども)演じられて、英語で話される会話、、、、
というのがかなり観ていてやっぱり違和感があったけれど、主演のセシルを演じているジーン・セバーグは、
ブルジョワ家庭のお嬢さんらしい高飛車な物腰や言い方、プライドの高さ、そして若さゆえの残酷さが
共存する難しい役には、不思議と合っていました。

他にもデボラ・カーなど、名優ぞろいですけれど、大体小説の映画化で映画の方が良い出来、ということは
あまりないと私はいつも感じるので、、、、ま、この映画も、やっぱりサガンの書いたフランス語で読む方が
本当の感情の機微を感じ取ることが出来ると思います。

ジーン・セバーグは、ゴダールの「勝手にしやがれ」の雰囲気が強すぎて、最後のエンドロールまで
ずっと違和感を引きずった。

多分、、、私の勝手な想像だけれど、この勝手にしやがれの印象が強すぎて、他のどんな映画の
どんな役を演じても、この印象を拭えない、、、それが後々彼女を苦しめて、結局は他のヒット作に
恵まれず、自殺に追いやった原因にもなったんじゃないかな??

全編この映画ではみんな英語で話しているのだけれど「勝手にしやがれ」でのジーン・セバーグの
英語訛りのフランス語は、なんだかとっても可愛いのを思い出してやっぱりそちらの方が観たくなって
しまう。

サガンもかなり離れていたけれど、またサガンの文体も読みたいな、、、と観終わって思いました。

他にももう少しだけ、観た映画があるのですが、また後日にまとめて感想を、、、、。
[PR]
by 40ansparis | 2011-12-06 17:23 | cinema | Comments(10)

les cinemas en Septembre : 9月のシネマ

バカンスが明けた9月、いい映画がありそうで、、、なかなか出会えず。
いい映画は、観た中では結局ほとんどが古い映画でした。

印象に残ったのが二つあったので、忘れないうちに記録しておきます。

Habemus Papam

監督 ナンニ・モレッティ
主演 ミシェル・ピコリ、 ナンニ・モレッティ

この映画の方が、今年のカンヌ映画祭のパルム・ドールにふさわしかったのではないか?!と議論にも
なっていたイタリアの映画。

ヴァチカンのパップ(ローマ法王)が逝去し、次のパップを選定することになり、多数決で決定した男性の
重荷や重圧、プレッシャーとの戦い、ヴァチカンの裏舞台をユーモアたっぷりに描いた映画。

ヨーロッパにいると、ヴァチカンやパップの存在がカトリック教徒の中でどれだけ凄い存在かを感じます。
もう大統領なんかよりもずっとずっと雲の上にいる存在。
それだけに、その立場を背負うという重圧は、想像以上かもしれません。
映画で選定する多数決の最中、神父たちが「私になりませんように、、、、」と祈るところが印象的。
c0181947_442418.jpg

主演のミシェル・ピコリも素晴らしい演技だったけれど、周りをとりまく人達もとっても人間味溢れる
笑いの絶えないいい映画でした。

カトリックに関しては、完全に私は部外者なので、第三者的に冷静に見つつ、、、やはり入り込めない
何か、を感じて同時に入ってはいけない、ということをいつも感じます。教会に入るだけでも場所を
お借りする気持ちで入ります。
クロスモチーフのペンダントひとつにしても、流行っているから、、とかそんな風に気軽に身に着ける気には
なれません。

部外者の身として、勝手なことをひとつ書かせて頂くとすれば、、、、、パップになる人物が、この映画のように
ここまで本当に庶民の気持ちを理解し、庶民のレベルまで下がって心から庶民の近くに居るとしたら、、、
もう少しヨーロッパの庶民事情は、違っているんじゃないかしら、、、、、なんてちょっと皮肉を感じました。


un ete brulent   「焼け付くような夏」
監督 フィリップ・ガレル
主演 ルイ・ガレル、モニカ・ベルッチ

c0181947_495716.jpg

いつからか、一番気になるフランス人若手俳優、ルイ・ガレル。
お父さんのフィリップ・ガレルは、ヌーヴェル・ヴァーグの頃から、低予算で身内(当時の奥さんや子供)を
使って映画を撮り続けてきた人。

そして、このフィリップ・ガレルの映画は、いつもいつも不毛な愛や葛藤を描く、暗くて重い映画ばかり(笑)。
でも、映像の雰囲気や役者の選び方、時々しか流れないけれど選ばれた音楽、、私、結構この方の
世界、好きなんです。

今回も例にもれず、暗く重い話。。。。モニカ・ベルッチを起用して、お父さんの映画としては初めて
メジャーな映画館での上映になったんじゃないかしら。。。。
ただ、一般批評は最悪。新聞批評や玄人受けはわりといいみたいです。
ヌーヴェル・ヴァーグのロメールやゴダールも、好き好きがはっきり両極端に分かれるから、不思議では
ありませんけれど。

批評が悪いだけに、あまり映画館上映期間が長くなさそうなので、サロン続きで時間が取れるか
心配ですが、、、、もう一度スクリーンでのルイ・ガレルくんを観に行きたい、と思っているところです。

フィリップ・ガレルの他の映画も、また是非映画館で観る機会があって欲しいものです。
c0181947_4174058.jpg

[PR]
by 40ansparis | 2011-10-11 20:43 | cinema | Comments(6)