カテゴリ:cafe( 83 )

知らぬ間に

サロン・ド・ショコラが終わったあとの、とある日。もう今は、少し日にちが経ってしまいましたが。。。

いつものカフェで、いつものように静かに読書をしばらくしてから、帰ろうと本などを片付け始めた時のこと。

ひとつ席を離れて隣に座っていたムッシュウが(後で聞いたところ、ギリシャ人だそう)
「あなたを描いていたんですよ」とハガキサイズのスケッチブックを私に見せながら話しかけてきました。

小さなそのスケッチブックにはさらりと、黒と茶のみの水彩で描かれた、読書する私の横顔が数枚
見えました。

全然気が付かなかったので「え?これ私ですか?」と戸惑いながら覗き込むと、ムッシュウは
「一枚はあなたに差し上げます」とぺらっとめくりすぐ私に下さった。
c0181947_753777.jpg


思いがけない出来事に、嬉しいひとときだったのと、こんな風に普通にカフェや街に存在している
パリの無数のアーティストの方の存在を実感した日でした。
街で絵を描いている人は、パリにはたくさんいますけどね。

合いそうなフレームが手元にないので、しばらくは今読んでいるポッシュに挟んだまま、私と一緒に
出かけています。
[PR]
by 40ansparis | 2009-10-31 22:58 | cafe | Comments(14)

耳を澄ませると

どんよりグレーの空が一日中続くパリの空。空気もひんやり。
どのカフェを見ても、暑い夏よりも確実にお客様は入っている様子。

いつも、常連の指定席のカウンターまわりを必ずどのカフェでも見てしまう私。

このムッシュウも、一見ごく普通のムッシュウですが、横を通り過ぎるとさりげなーく
甘く上品な香水の香りが漂っていました。
c0181947_5493459.jpg

そんなところが、やはりフランス男です。。。。

そんなムッシュウたち、耳を澄ませて聞いていると、ここ最近の寒いパリなのでわりと男性でも
「ショコラ!(ホットチョコレート)シルヴプレ」と注文している人の多いこと。
c0181947_5525111.jpg

しかもショコラを頼んでいるのは、たいてい決して若くないムッシュウたち。

それでも、カウンター周りめがけて来るムッシュウたちのオーダーは、いつも決して変わることは
ないようです。
[PR]
by 40ansparis | 2009-10-30 21:45 | cafe | Comments(6)

囲まれた時間

ここに居るほんのひとときは、囲まれた時間。。。
そんなひとときを過ごすカフェ。という思いがこめられているのでしょうか。

にやっとさせるユーモアが隠されている時、私も発見すると嬉しくなります。
どこにでもある普通のカフェに見えたこのカフェ、お手洗いがとってもモダンで、ポプリが置いてあり
清潔で(フランスでは珍しく!ここ大事、笑)、手を洗う洗面所で鏡を見ると、、、上の方に何やらフランス語。
c0181947_543176.jpg


「私は(今)どこにもいない。」

だって、ここに居る時間は、囲まれているから?
[PR]
by 40ansparis | 2009-10-09 21:59 | cafe | Comments(8)

自分のカフェって

c0181947_6355767.jpg

馴染みのカフェではなく、違うカフェに来て見ると、、、それがたまに寄るカフェではあっても、、、

たとえ、雰囲気もクオリティも最高でも、

たとえ、それがサービスもギャルソンも完璧な老舗カフェであろうとも、

他のカフェに行けば行くほど、結局、馴染みのカフェの居心地の良さを
再確認することになる。。。。

自分のカフェってそういうものじゃないかな。
c0181947_6383538.jpg


今日は、完璧、でもなかったかな。。。

「お勘定、シルヴプレ。」って言ったのに、ず~~~~っと来なかった。ここではまあ、珍しいことでは
あるけれど。さすがに老舗カフェでも、バカンスぼけ?
[PR]
by 40ansparis | 2009-08-22 23:34 | cafe | Comments(8)

読書の時間

c0181947_3261654.jpg

このバカンス時期、何がいいって、カフェも空いてて、ゆっくりと読書が出来ること。
ふと午前中の用事の後、近くにたまたま見かけたスタバに入りました。

人が少なくて、とってもゆっくり出来すぎて、無意識に声を出しながら読んでたりして(汗)。

さあ、週末はまた仕事!充電出来たから、頑張れそう。
[PR]
by 40ansparis | 2009-08-14 20:24 | cafe | Comments(12)

Les cafes a Trouville

c0181947_5464983.jpg


トゥルーヴィルで入った二つのカフェ、どちらも、港町らしく、テーブルにさりげなくシェルが置いてあって
可愛かった~。
かもめの優しい声とかもめ達が飛び交う空、そして目の前にシェル。
c0181947_5504276.jpg


パリと同じようなカフェ風景。でもそんなちょっとしたところがやっぱり違うのでした。
c0181947_5513767.jpg

私の何かも、ついでに違ってしまったのか、この日は、カフェ以外では、いつもならシトロン・プレッセの
私なのに、オレンジ・プレッセと注文していました。
[PR]
by 40ansparis | 2009-08-10 22:45 | cafe | Comments(12)

Bon Marcheに行ったついでに

ボンマルシェの食品館、グラン・エピスリーに、いつものお気に入りバターを買いに行きました。

この中で、あまりたくさん買い込むことはないけれど、お買い物の後にちょっとカフェ、という時に
一息つくのが、この奥の方にひっそりと実はある、グラン・エピスリー内のカフェ。
c0181947_425198.jpg

本当に奥の方にあって、意外と穴場です。

週末の、食品の部分が混んでいても、ここは空いていたりして、ゆっくり出来ます。
老舗カフェのような、雰囲気とは違ってちょっとモダンなプティ・カフェです。
c0181947_441872.jpg

日本のような本格派ではないけれど、一応sushiランチもちょこっと楽しめるみたいです。

バターの売り場もいいけれど、フロマージュのコーナーもどれも厳選されてそう。。。。
c0181947_455027.jpg

パリではスーパーでも、こんな量が普通に売り場に並んでいるのですが。。。

ここにはハートの形のフロマージュもありました。
c0181947_46598.jpg

[PR]
by 40ansparis | 2009-07-20 21:59 | cafe | Comments(6)

日本大使館の帰りにて

c0181947_4454717.jpg

様々な書類関係などの申請で、何度もお世話になっている、在仏日本大使館。
今日は、10年パスポートの期限がこの8月で切れるため、既に揃えた書類を持って行きました。

日本大使館へ行くと、必ず帰りに寄るカフェがここ。
創業が1884年、とカップにも書いてあります。とても古い歴史のあるカフェです。
ここのテラスでぼーっと通りを眺めてから、メトロに乗るのがだいたいのパターンです。
c0181947_4522425.jpg


看板のメニュー表を見ると、7月1日からレストラン税などの変更があって、ちょっぴりですが
値段が安くなってます!とアピールしてあります。
でも、ここは高級住宅地だけあって、もともとのカフェの値段も他と比べると安くはなかったので
普通になったかな、と言う感じ。でも、安く引き下げるのは義務ではないので、もちろん全く変えていない
カフェもあるのを考えると、下げた努力は認めましょ。

カウンターで立ち飲みなら、エスプレッソ1杯は1ユーロになったようです。
次回はカウンターに、常連のムッシュウたちに混ざって立ってみようかな。
こういうのは、いつも寄るカフェで出来ないから、たまにしか来ないカフェで実践してみたい気も。。。

でも、今日は暑くてお天気もよく、バカンス中につき、人気のテラスもわりと空いているので
本もちょっと読んでのんびりもしたかったので、いつも座る辺りに。
c0181947_458898.jpg


通りを見ながら、そして考え事。
1999年に更新したパスポートが期限になって、今2009年。
2019年の期限切れには、私はいったいどこで何をしているのかな~?
10年ひと昔とか言うけれど、いえいえ、私には先週のことみたいですけれど。
[PR]
by 40ansparis | 2009-07-16 21:44 | cafe | Comments(6)

パリの街角にカフェ

ちょっとお疲れぎみなので、自分の目にも、パリの街角やカフェの写真を。
え?いつもパリに居るくせに、と思うかもしれませんが、仕事の日は仕事空間に居るものですから。。。
c0181947_5495646.jpg

一角曲がれば、またカフェ、というパリの街です。

c0181947_5511381.jpg


手書きのメニューは、読みにくい時もかなりあるけれど、手書きの方が見ていて好き。
c0181947_5533278.jpg


自分だけのカフェ、居心地のいいカフェ、スタッフが感じが良くて、それでも気取り過ぎていないカフェ、
見つけるのは、これだけカフェがあるパリでも簡単じゃないのよね。
c0181947_5552915.jpg


有名な老舗カフェだから、とか外観がパリのカフェっぽくて素敵でも、決して居心地がいいとは限らないし、ね。
c0181947_5564814.jpg


仕事モードの日は、もちろんカフェで寛いでいる暇がないので、やっぱりカフェ不足になってしまう私。
コーヒーというよりも、ゆったりと時間を気にしなくていい、その時間や空間が不足してしまうのです。
その時間の流れと、人々の話し声やカップ・グラスの音に囲まれた空間が、私はたまらなく好きなのです。
[PR]
by 40ansparis | 2009-06-26 22:47 | cafe | Comments(10)

結局カフェ

c0181947_5504556.jpg

仕事の日が忙しかったら忙しかったほど、休みになったら、アレもしてコレもして、あそこに行って、あれも
観て、、、、と頭の中でどんどん予定が膨らむのですけれど、結局、プライベートだと自分のペースが
ゆったりで、のーんびりして、いつものカフェに落ち着いて本を読んで、外を眺めてゆっくりな時間を満喫
して満足してしまいます。
c0181947_5551879.jpg


東京で仕事をして居た頃は、忙しすぎて、したくてもほとんどを切り捨てるしかなかったから
ゆっくりした時間の中にも余裕さえあれば、映画を観たり美術館に行ってみたり、あの頃を思えば贅沢な
時間です。時間が買えるなら、本当に買いたかったくらい、忙しかったので。
時間と人の気持ちは、お金では買えませんから。

仕事スイッチを切って、自分のペースに戻すのはとっても大切だと実感します。
[PR]
by 40ansparis | 2009-03-30 22:50 | cafe | Comments(2)