カテゴリ:パリの空 le ciel deParis( 185 )

藤の季節

c0181947_17070512.jpg

今年は去年よりも沢山、藤が咲いている場所に出会えて嬉しくなります。

ただ、初夏のようだったパリはほんの束の間、また冷んやり肌寒い秋のようなパリに戻ってしまいました。
c0181947_17070541.jpg


連休が毎週ある五月は、のんびりムードで既にパリジャンはヴァカンス気分ですよ。
[PR]
by 40ansparis | 2016-05-16 17:00 | パリの空 le ciel deParis | Comments(4)

四月の終わりのパリは

まだ雨が多く、冷んやりしています。
c0181947_20090746.jpg


でも帰りの空は、こんなに明るくなりました。
空のメッセージを想像しつつメトロへ向かう帰り道、、。
c0181947_20090720.jpg


晴れても、それは厚い雲の隙間だったりする、ここ最近のパリの空。
c0181947_20181739.jpg



[PR]
by 40ansparis | 2016-04-30 20:05 | パリの空 le ciel deParis | Comments(0)

たゆたえど沈まず

c0181947_17093909.jpg


たゆたえど沈まず。

これは16世紀から存在している、パリ市の標語、スローガンなのです。

パリ市のマークは、帆一杯に風を受ける船のマークで、ラテン語の、この標語が添えられています。

波乱の歴史に翻弄されて来たパリらしい標語です。

この標語、折に触れて私の心に浮かんで来て、励まされるのです。大好きな言葉の一つです。

c0181947_17093928.jpg




[PR]
by 40ansparis | 2016-04-21 17:04 | パリの空 le ciel deParis | Comments(24)

夕焼けが綺麗な時期へ、、、

出勤の朝、朝焼けが見れる時期は終わり、朝はすっかり明るくなりました。

それと入れ替わりに、帰りの時間の空が、晴れれば綺麗な夕焼けの時期になりました。

c0181947_19263249.jpg

この日は、夕焼けのピンクが混ざって薄紫の、何とも美しい色合い。

でも春はどんどん日が長くなり、この夕焼けを見れる時期も、アッと言う間に終わります。
今のうちに空の芸術を楽しまなくては。
c0181947_19263286.jpg

夕焼けのこの色合いに見とれて、写真を撮ってから、虹も出てる!と感激。
この時間の少し前、夕立ちが降っていたのです。
嬉しいサプライズ、ほんわかした気持ちで帰宅しました。
[PR]
by 40ansparis | 2016-04-13 19:18 | パリの空 le ciel deParis | Comments(10)

春はもうそこまで、、、

Pâques イースターの日曜日、夏時間に変わりました。

冬時間になる時には睡眠時間も一時間増えるのですが、夏時間の時には一時間進むので、夏時間になった次の日の方が辛いのです。

一時間、時空を越えた、軽い時差ボケ。

一時間進んだので、朝はまた暗くなりました。(すぐに明るくなりますが、、)

c0181947_00205344.jpg


下半期の本と映画まとめ、そろそろやっと出来そうです。
[PR]
by 40ansparis | 2016-03-30 00:13 | パリの空 le ciel deParis | Comments(12)

光に春を感じました

c0181947_06290571.jpg


フランスは只今、スキーヴァカンスの真っ最中。
地域によって少しずつ期間をずらしてあります。
パリは今週末から。

今日のお昼頃、こんな風に青空がのぞきました。
毎年この春めいた光でこの時期に感じるのですが、暗い穴倉からやっと地上に出てきたような、、気持ちになります。

光が冬の間のものとは全く違いました。
春が待ちどうしいです。

出勤の朝も、先日の二色の空から一週間で、もうこんなに明るくなりましたよ。
c0181947_06311226.jpg


[PR]
by 40ansparis | 2016-02-20 06:24 | パリの空 le ciel deParis | Comments(16)

2色に分かれた朝の空

2月に入ったら、早朝の同じ時間が明るくなりました。寒さはまだまだ続きますが、朝の空が明るいと、確実に春が近寄っているのを感じて嬉しくなります。

c0181947_05393897.jpg


先日の早朝、不思議な空を見ました。
写真だと、ちょうどエッフェルさんの背後、肉眼でもハッキリと、ニュアンスの違うブルーの二層に空が分かれていました。

毎日のように見ている空ですが、こんな空は初めて見ました。
c0181947_05393966.jpg


まるで水彩画で描かれた空を見ているようでした。


[PR]
by 40ansparis | 2016-02-12 05:31 | パリの空 le ciel deParis | Comments(10)

1月の夜空

c0181947_08024122.jpg


また気温が上がり、寒すぎないのは助かるけれど、日が短いのは変わらない、、、ですね。


[PR]
by 40ansparis | 2016-01-29 07:51 | パリの空 le ciel deParis

朝、かもめさん達は芝生に、、、

サロンの山がやっと終わりまして、いよいよ年末まではノエルとレヴェイヨン(クリスマスと年越しのパーティ)の為の山が目の前に来ています。

40代の後半と言うのは、本当に身体の変化を実感します。持久力や体力や、節々の疲労や痛みや、、、。

だから若い時のように無理しすぎるとどうなるか、がわかる分、自分で力の入れ具合、バランスを自然に変えたりして、それがまた側から見ていると、年上なりの余裕に見えたりするようで、、、、そうか、そう言う事だったのネ、、、なんて自分が20代の時に見ていた先輩や上司の事を思い出したりしています。

早朝起きるのは、得意ではないですが、起きて毎朝飽きずに感動するのが、いつものアンヴァリッド前です。

朝焼けが綺麗な12月。人も車もまだほとんど居ない時間に、沢山のかもめさんが芝生に来ていて幻想的。

c0181947_03342634.jpg


この景色が現れると同時に、う〜〜ん、、、マニフィーク!と呟いてしまいます。
c0181947_03342761.jpg


映画も本も、今年ほど時間が割けない年はないのじゃないか、と思うほど進みませんが、素晴らしい朝焼けに心を癒してもらっています。

c0181947_03342729.jpg

それにしても太陽がある季節は、例え疲れていても、お日様の光で早朝に自然と起きられる位だと言うのに、冬の太陽の光が差し込まない状態と言うのは、本当に起きるのが辛いですね。(私の場合は、、、)

太陽って、そう言う役目もしてくれているのですね。

[PR]
by 40ansparis | 2015-12-10 03:13 | パリの空 le ciel deParis | Comments(24)

必ず朝は来る、、、

と、私が20代の頃に信頼していた上司の一人が言っていたのをいつも思い出します。

どんな夜でも、夜は必ず明けて朝はやって来るのだ、と悩んでいたり迷っていた時に揶揄の形で、そう教えてくれました。

毎朝、出勤の早朝起きるのは辛いけれど、1日がこれから始まる夜明けの空を見たり、早朝の冷えた、澄み切った空気を吸い込んでいる時に、それを感じる事が出来る事に感謝しています。

c0181947_07462138.jpg


毎日違う表情の空。自然が織りなす色の素晴らしさ。
c0181947_07462180.jpg



[PR]
by 40ansparis | 2015-12-03 07:36 | パリの空 le ciel deParis