カテゴリ:パリの空 le ciel deParis( 179 )

夕焼けの時間

パリは今とても日が長いので、夜10時くらい過ぎてようやく夕焼けが見れる時間です。
感覚はまだまだ夕方です。この感覚でいると、逆に夕方と思っていた、その後の夜が短く感じる
錯覚にも陥ります。何年たっても不思議なこの感覚。
c0181947_6325854.jpg

[PR]
by 40ansparis | 2009-06-18 23:29 | パリの空 le ciel deParis | Comments(10)

帰りの空

c0181947_764026.jpg

空を見上げて、、、また写真撮ってしまいました。
[PR]
by 40ansparis | 2009-06-02 22:05 | パリの空 le ciel deParis | Comments(2)

空に癒されて

c0181947_594224.jpg

今日の帰りも、広い空に癒されて帰ってきました。
雲が織り成す大きな絵画、自然の作るもの、瞬間で消えてしまうけれど、マネ出来ない素敵さですね。
c0181947_51151.jpg

ところで、22時くらいまで明るいので、アンヴァリッド前の大きな芝生でのスポーツやピクニックが
多くなってきていて、微笑ましい、けれどふと発見してしまってから気になって、それから心がちょっと
痛むこと。
"strictement interdit " (厳重に禁止)というプレートが実は芝生の端に貼ってあるんですよ~。

だ~れも見ちゃいません。。。。
ポリスが注意しているのも、見たこともありません(笑)。

そしてところどころ、もう既に芝生が生えずにはげてしまっている部分もあります。

そして朝の気持ちのいい出勤時に見る、飲みちらかした残骸たち。
ちょっと悲しくなります。
[PR]
by 40ansparis | 2009-05-23 22:30 | パリの空 le ciel deParis | Comments(10)

沈みゆく夕陽

c0181947_6104578.jpg

先日、不思議なことがありました。
私が出会わなかっただけなのかもしれないけれど、パリで大通りの遠い先に大きな燃えるような夕陽が
沈み行くのを見ることが出来たのです。

今まで見てきた夕焼けは、何度も書いてきたように、パリでは空のブルーと混ざったピンクのニュアンス。
でもこの日見た夕陽は、オレンジ。
写真ではうまく写せなかったけれど、実家の海岸で小さい頃から見てきた海岸線に沈む夕陽のような
ビビッドなオレンジでした。

それを見た日、いとこが日本でも同じ夕陽を見ていました。

そして、私はその数日前、エリックロメールの美しい映画「緑の光線」を観たのですが、この映画の
キーポイントは、まさに沈みゆく夕陽だったのです。

海に沈む夕陽が最後の点になって、水平線の下へ沈むその瞬間、光や空気の状態によって
一瞬緑の光線が見えることがある、という伝説。それが見えた人には幸福が訪れる、という。。。。

小さい頃から見るのが大好きだった、海に沈んでいく夕陽。でも緑の光線は、、、、見たことないヮ。。。
夕陽で何かが繋がって、リンクされていた数日。
不思議でした。
c0181947_6192742.jpg

しばらく大通りを歩いて、もうすぐ我が家という頃、夕焼けはいつものピンクとブルーが混ざった
パリの夕焼け色になっていました。
[PR]
by 40ansparis | 2009-05-04 20:09 | パリの空 le ciel deParis | Comments(4)

最近の夕焼け

c0181947_544628.jpg

夏時間になって、最近の日没は夜9時近くなので、ちょうど仕事帰りに綺麗なピンクとブルーの
夕焼けを見ることが出来ます。

写真だけを見たら、冬時間の時の朝焼けと区別がつきにくいのですが、どちらも共通しているのは
日本のようなオレンジではなくて、淡いピンクとブルーの調和が綺麗なこと。

その日の雲の状態によって、線が描かれていたり、モネの絵みたいに絵の具を混ぜたようになっていたり
すべての瞬間を写真に撮りたくなってしまいます。
c0181947_548645.jpg

今日はぐっと気温も下がって、小雨も降ったりしましたけれど、夕焼けは綺麗でした。
c0181947_549830.jpg

超高層ビルで空が遮られたりしないので、大陸の空が大きく見える、それがパリの空をついつい見上げて
しまう原因です。雲の動きや形、空の色、瞬間瞬間がいつも違うのです。

でもパリだからこそ、防犯上気をつけないと、ですね。
明日の帰り道はどんな空が見れるのでしょう?
[PR]
by 40ansparis | 2009-04-25 22:42 | パリの空 le ciel deParis | Comments(4)

ミッドナイトブルー

c0181947_630286.jpg

ヨーロッパの空って、かなり真っ暗になってからでもブルーなんですよね。
それだけ上空の空気が澄んでいるのかな?
日本で真っ暗な空は、やっぱり真っ暗だもの。

だからネイビーのようなブルーはミッドナイトブルーっていうのね。

いつも夜に外を歩く時は、自然に夜空を眺めます。
星よりも私は月を眺めるのが大好きです。

特にクロワッサン(三日月)が満月よりも好きなのですけれど。
[PR]
by 40ansparis | 2009-04-07 06:30 | パリの空 le ciel deParis | Comments(0)

フランス心と春の空

女心と秋の空、なんていう不思議な(私には)言葉がありますが、私から言わせれば、一日の中でも
本当にコロコロと機嫌の変わるフランス人と、太陽と土砂降りが何度も繰り返されるコロコロ変わるパリのお天気は似ています。
風土やお天気とお国柄の性格って似てるかも、といつも思ってしまいます。

c0181947_71120100.jpg

今日だって、配達へ出かけたお昼前は、こんなに青空だったのです。
気持ちのいい週末なんだなあ、、と他人事で、ひたすら歩いていました。
c0181947_7122610.jpg


それなのに、午後はひょうまでふりました!聞いたら今日は気温が6度までしか上がらなかったとか?
今年は本当に気温がなかなか上がりませんね。

もうすぐ4月なのに。もう夏時間がくるというのに。。。。
今夜時計を進めるのを忘れないようにしなきゃ!
忘れると明日遅刻しちゃいます!まだ日付が変わっていないけれど、もう時計を進めることにして
寝ます。オヤスミナサイ .......................
[PR]
by 40ansparis | 2009-03-28 20:08 | パリの空 le ciel deParis | Comments(4)

パリの朝焼け

c0181947_6153942.jpg

最近、早朝の出勤時は、随分明るくなってきました。

写真の朝焼けは、2月の初め頃の朝焼けです。1月までは、8時頃までは真っ暗でした。

夕焼け同様、パリの朝焼けは、ピンクがかったブルーの混ざり具合が絶妙です。
ストール好きの私は、こんなストールが欲しくなっちゃいます。
こちらは夕焼け。ブルーとピンクの混ざり方、うーん、好き。
c0181947_6163715.jpg

[PR]
by 40ansparis | 2009-03-14 14:14 | パリの空 le ciel deParis | Comments(2)

ma vie・・・・・・・

c0181947_729410.jpg

2009年早々、マイペースにさらりと明けてしまいましたけれど、皆様Bonne Annee!

2008年最後の夢も、そして実は2009年最初の夢、つまり初夢も、私の夢は2日連続で
人生初のフランス語の夢でした。
その中のフランス語が文法的に正しかったかどうかは、、、定かではありませんけれど。

ようやく自分の内側までも、パリが日常になってきている、ということなのかな?と自分で
分析してみました。

思えば私、結婚も遅いし独りが長いので、引越しやらあちこちへの出張も何度もしたお陰で
いつも、どこに居ても、結局のところ私は私です。

そんな私は私、と常に超マイペースとよく言われるこの私に、お付き合い下さる周りの方達の
お陰で実は私らしく居ることが出来ている、とも思って感謝しています。

2009年初めに、そんなことをあらためて思いました。
大好きなプレヴェールの詩から。

Ma vie n'est pas derriere moi
ni avant
ni maintenant
Elle est dedans.    Jacque Prevert


(私の人生は、私の後ろにはいない
 前にも、今にもいない
 それは、私の中にある)

c0181947_7373520.jpg

お天気がよかったけれど、週末までパリはずっと最高気温0度の予報です。
[PR]
by 40ansparis | 2009-01-02 07:27 | パリの空 le ciel deParis | Comments(6)