カテゴリ:ニュース( 18 )

a voté : 投票

この日曜日はフランス大統領選挙の第一次予選の投票日。

c0181947_16440062.jpg


私は投票出来ませんが、今回は本当に蓋を開けて見ないと分からない、、興味深い選挙です。

若い人達は、まるでワールドカップみたいに今回は興奮する! なんて言っていた位、誰にも予想出来ない状態です。

フランスは自分の一票が形になる直接選挙なのが羨ましいです。だからみんな真剣になるのが見ていても良く分かります。


日本の友人から、シャンゼリゼのテロのニュースを聞いて心配のメッセージを頂いたのですが、大丈夫ですのでご心配なく。

場所がシャンゼリゼだから大きなニュースになったのかもしれませんけれど、世界でニュースにならない様な小さいのは今でもフランスは日々あるのです。

私に関しては日常は変わらず、、映画を観に出掛けたり、カフェでぼーっとしたり本を読んだり、仕事の日は一日中ばたばた、、、そんな普段のままです。

ご心配下さりありがとうございます。



[PR]
by 40ansparis | 2017-04-23 16:35 | ニュース

ご心配ありがとうございます

コメントとメールの数にびっくりした今朝です、笑。

昨夜も、コメントの返信後、すぐに眠りまして今日も仕事場です。

ひとつずつのメールやコメントに返信させて頂くのに時間がかかりそうなので、まずはこちらで無事をお伝えします。

一月が近づくにつれて、毎日のように新聞でもテロ対策の強化、またいつでも起こりうる、と記事があります。
パリは、海外のニュースにならないくらいの小さなテロがらみのあれこれは日々、よくあります。

私の仕事場界隈も、住んでいる界隈も全く離れているので私は普段通りです。

取り急ぎ、ご報告まで。
[PR]
by 40ansparis | 2015-11-14 15:52 | ニュース

本日のル モンド紙から

c0181947_5556.jpg


"私はシャーリー"と標的になったCharlie Hebdo紙を支持する、我々みんなシャーリー(紙)と共にテロに屈しない!とするロゴです。
私も、亡くなった方々への祈りと共に、テロに屈しない思いを強くし、ロゴを掲げたいと思います。

Charlie Hebdo紙は、風刺画を集めたイラストの新聞です。Hebdoはhebdomadaire (週刊の)の略。そう、週刊の新聞なのです。

来週水曜日版は、もちろんテロオマージュ特別号だそうです。完売するのじゃないかしら。

フランス語学校の時の先生の一人がこの新聞が好きで見せてくれ、それ以来私もたまに見ていましたが、政治的な内容だと、良く、冷やっとさせられるブラックユーモア風刺画を見かけました。
今回標的になったメインのイラストレーターは特にイスラムコミュニティに対するきわどい風刺画を描いていた方だそうです。

私はやっと休日、ゆっくり起きて近所に新聞を買いに行ったら、うちから一番近い本屋さんでは、既にル パリジャン紙とフィガロ紙が売り切れ!

それでル モンドしかありませんでした。
c0181947_55963.jpg

テロへのオマージュ号外付きです。

号外の表紙には
" フランスの9.11 "とあります。

中は、Charlie Hebdo紙や欧米周辺のイラストレーターの方々の、亡くなった同僚へのオマージュイラスト、風刺画が沢山。
c0181947_551219.jpg

この写真の一番上の白黒のクロスのイラスト。
フランス語が分かる方なら、この状況に、この言葉遊び、と皮肉を交えたポジティブな姿勢と反逆心に凄い!と感じますよね。
"Morts de rire " と言うのは、フランス語の表現で"死ぬほど笑う"と言う意味なのです。今回の同胞の死に対する怒りをこんな風にイラストにする、これこそCharlie Hebdo紙らしいスタイルなのです。

フランスは、表現の自由がかなり寛容な国だと思います。
性に関する事でも、他の様々なタブーと言われる主題に関しても。

だからこそ、Charlie Hebdo紙のような新聞が存在する訳です。

c0181947_551592.jpg


インターネットでも新聞が読める昨今、紙の新聞が売れなくなって来ていると言われていますが、
ここ最近で、お昼前に、こんなに新聞が売れているのを見た事がありませんでした。

コメント欄は閉じさせて頂きます。
[PR]
by 40ansparis | 2015-01-09 04:43 | ニュース

取り急ぎ、、、

c0181947_16135219.jpg


パリの銃撃テロと、日本のニュースや新聞でも大きく報道されているようで、友人や知人や、、、沢山のメールを頂いております。コメントにもありがとうございます。
心配して下さってありがとうございます。

事件のあった界隈は、幸い私の普段の行動範囲とは全く違う界隈ですから、私は普段通りでおります。

ただ、パリは以前からテロに関しては超厳戒態勢レベルであったことは承知しておりましたし、観光でパリを訪れる方々でも、沢山のアーミースタイルの警備姿を、空港やエッフェル塔周辺、メトロ構内、ショッピングセンター内などで見かけているかと思います。

普通に暮らし仕事をし、偶然にもその界隈で、その時間に通りかかったが為に被害に合った方や市民を守る為に命を落とされたポリスの人達、ご冥福を祈ります。

そして、パリに限らず、無駄に命を削る戦争やテロがなく、穏やかな日々が出来るだけ続きますよう、願って止みません。
[PR]
by 40ansparis | 2015-01-08 16:04 | ニュース

日本の雪のこと

先日の無料新聞にも取り上げられていました。
c0181947_2120786.jpg


それほど記録的な大雪だったのですね。

フランスは雨ばかりでまだブルターニュの方は洪水被害が続いています。
[PR]
by 40ansparis | 2014-02-11 21:17 | ニュース

敏感に反応したフランスです

新聞に小さい記事でもJaponと書いてあれば気になり、読み、、、良くない記事でも受け止めながら読みます。
普段は敢えてブログに書いたりもしませんでしたけれども、、周りのフランス人の知人にも言われたりして、

今回はちょっと、、、
日本人として恥ずかしい。

c0181947_715284.jpg


今月に入って直ぐからの、フランスの各紙、ラジオ、、、麻生さんのナチス発言にフランスは敏感に反応。

フランスは当時ナチス統制時代を経験しているのですからナチスと言う単語にはかなり敏感、日々の会話にも使うのはタブーと言うレベルです。

ですからこの反応は当然、そして麻生さんに対する批判も当然です。
呆れて言葉になりません。

フランス語ですが、興味ある方はご覧下さい。各紙の中から
新聞リベラシオン誌を。
http://mobile.liberation.fr/monde/2013/07/31/l-homme-d-etat-nippon-taro-aso-derape_922096

"彼は失言のヘマで良く知られている" と説明されています、笑。

良くフィガロ誌も、麻生さんの失言がある度に、失言男などと書いています。

常にテロが厳重警戒体制のフランス、、、またもやニュースはテロ関連が大きく取り上げられて、あっと言う間に日々のニュースでは麻生さんの事は聞かなくなりましたが、、、、、。

幼稚な成熟していない国、とレッテルを貼られても弁解出来ません。
[PR]
by 40ansparis | 2013-08-08 11:17 | ニュース | Comments(18)

un an apres : 一年後

c0181947_7301059.jpg

あの去年の震災からちょうど1年。

無料新聞から日々の新聞まで、今週はこの話題の特集を組んだ記事がとても多かった。
この表紙の写真は、去年、目にしなかった人はいなかったくらい、フランスでは有名になった一枚。

新聞やニュースでも、今週はあれから一年、、、と特集を組んでいたので、友人知人から、お客様からも
またお悔やみや慰めの言葉を頂きました。

震災があって一番に携帯のショートメッセージをくれた友人ドミニク、エトルタの雑貨屋さんのオーナー・
オリヴィエも、親しい友人かのように、いつも心配してメールをくれます。
フランス人の温かさを発見出来た機会でもありました。

今年は穏やかに、みんなが前を向いて歩いていけますように。
[PR]
by 40ansparis | 2012-03-11 23:28 | ニュース | Comments(8)

毎日のように、、、

平日の間も、ニュースはもちろん、新聞の表紙も一面ずっと日本のことでした。

ダイアリーをアップする気にもなれず、、毎日ニュースが流れると、画面は見ずに聞いているだけでも
心が締め付けられて辛く、毎朝キオスクを通りかかると、各誌の一面が全部日本のこと、日本の被災地の
方の写真で、新聞を手にする瞬間心が痛んで。

平日のある日のル・パリジャンやリベラシオン。
c0181947_516308.jpg

リベラシオンが表紙に使う写真は、詩的なものも多く、今回も一番詩的で、粉雪が舞う中で祈る女性、、、
この雪の風景が、東北の雪を思い出させて、また泣かせられ、、、、。
c0181947_5191010.jpg


キオスクで新聞を買うとき、レジのムッシュウが励ましてくれたり、今まで会話をあまりせずに買っていた
お客様のマダムやムッシュウからまでなぐさめや励ましの言葉をかけられたり、
カフェの中で、隣に座ったムッシュウが日本人の冷静さ、知的さを素晴らしい、頑張って、と励まして
くれたり、、、まだまだちょっとした、温かい出来事で、目頭が熱くなることがたくさんあります。

テレビで中継しているサッカーやラグビーの試合前も、アナウンスにより選手や観客全員で黙祷したり
日本語のメッセージが幕で見えたり、小さい感動も続いています。

日を追うごとに、フランスの新聞は、原発に関する記事にかなりのページを割くようになってきました。
フランスがこんなに原発に関して過敏に反応しているのは、フランスが74.4%も原子力に電力を
頼っている、世界一の原子力依存国家だから。
c0181947_5254296.jpg

普段から原子力発電に関する議論もよく聞きますし、政治でも必ずその主題が出てきて、
とても敏感。

でも、それだけに、原発に関してのニュースは、インターネットで見る日本の伝え方や説明よりも
フランスのニュースの方が分かりやすく感じました。新聞の解説も、私にはとても分かりやすかった。

分かりやすかったけれども、伝え方、その原発に関する記事に使っている写真、、、いろんな意味で
日本の状況の伝え方は偏っている気がしました。

日々、新聞の記事を目で追って、、、毎日を繰り返して、早くも一週間が過ぎてしまいました。
[PR]
by 40ANSPARIS | 2011-03-19 21:11 | ニュース | Comments(13)

祈ります

今年は反乱、波乱の幕開け。

今朝遅く起きた後に、インターネットのニュースで知った日本の大地震。
マグニチュード8.8は、国内過去最大だとか。。。

パリでも、お昼のニュースからトップニュース。
フランスは、地震というものがない、恵まれた土地なので、地震や津波というものが想像するだけで
恐ろしい!というイメージのよう。

自分なりにいろんなサイトで情報を見て、映像を見ては心が痛んで、心がざわざわして。
実家に電話しても、通じない。。。。

友人からの電話やメール。

学生時代から10年住んだ、第2の故郷、仙台。。。。今も友人、知人が居る仙台。
映像で観る地震後の仙台。。。。

現実じゃないような、映画の映像を観ているかのような、信じられない光景。

実家の安否を思いつつも、何もしようがない私に、東京の友人が、代わりに連絡をとってくれる、と
提案してくれ、、、、無事も確認出来ました。
彼女自身だって、帰宅するのに大変な思いをして帰ったりしていたのに。。。。
ほっとしたこともそうだけれど、何よりもその友人の気持ちに、涙が出ました。本当にありがとう。

お会いしたこともない、けれどブログを通して知っている方からの、優しいメッセージ。。。。
いっこさん、ありがとう。

帰る手段もなく、会社に寝泊りしているだろう、元同僚や友人たち。。。。
c0181947_2452237.jpg

どうぞ、これ以上の被害が出ませんように。

日本を離れている私を思って、メールや電話をしてくれたり、両親や家族のことを一緒に心配して下さった
友人、皆様、本当にありがとうございます。

日本を思って、祈ります。
[PR]
by 40ansparis | 2011-03-11 18:34 | ニュース | Comments(28)

Ca fait deja 20ans : 20年がもう経ちました

c0181947_655285.jpg

週末、大好きなゲンズブールの特別番組がありました。
彼が亡くなってから、今年はちょうど20年だそう。

去年、彼の分厚い伝記を読んで、ひとつひとつの曲の背景に、彼のその時の気持ちや状況が反映されていることや、
破天荒な行動と裏腹な、彼の繊細で傷つきやすい面、いろんなことを知って、ますます彼のファンに
なりました。

去年は彼の伝記の映画も公開されたり、エクスポジッションも観ましたし、、、たくさん彼に再会
出来ました。

みんな結構ジェーン・バーキンや娘のシャルロットが好きだけれど、私は彼女達にはあまり興味はなくて
もっぱらゲンズブールが好きです。

普段も気がつくと、鼻歌はゲンズブールだったり。
ただ、彼の知的な部分でもある歌詞には、ヴェルレーヌが出てきたり、語呂合わせや言葉遊びがかなり
あって、曲に追いつくようにフランス語の歌詞を歌うのは至難の業。。。ということで、鼻歌はあくまで
歌詞を誤魔化しての鼻歌ですが、番組を見ながらも口ずさんで、彼の曲の裏側にあるストーリーを
思い出してじーんとしたり、いい時間でした。
c0181947_76681.jpg

ちなみに、私のゲンズブール鼻歌登場回数の多い順に
1) La javanaise
2) Comment tu dit adieu(この曲を歌ったフランソワーズ・アルディにも去年は会えましたし!)
3) Je suis venu te dire que je m'en vais

フランス人はゲンズブール大好きな人が多いので(だからこそ特別番組まで作られるのですが)
私が鼻歌を歌いながら歩いていて、無意識に声が大きくなっていたりすると、隣で信号待ちしている
ムッシュウが続きを歌ってくれたりする時がありました(笑)。

少なくとも今週、私の頭の中でずっと流れているのは、ゲンズブールです。
[PR]
by 40ansparis | 2011-02-22 22:49 | ニュース | Comments(10)