カテゴリ:仕事の日 le travail( 96 )

四月の魚 : poisson d'avril

今日は Poisson d'avril : 四月の魚 (エイプリル・フールのことです)

どうして魚が出てくるのかは、うちのオーナーマダムに聞いても知らないわ、ということなのですが
フランスでは、日本など他の国と一緒の、何か本当じゃないことを本当のことのように人に話す、というのと
別に、同僚や友人の背中にお魚の絵やシールを知らん振りして貼っちゃう、というイタズラをするようです。
毎年販売する、お魚ショコラ。これ大好きです。
c0181947_6431978.jpg

お魚モチーフ、私嫌いじゃないのは、きっと多分自分もpoisson de fevrier(2月の魚)だから
でしょうか?2月生まれの魚座ですから。。。。

なので、今日はお客様を優先しましたけれど、自分用にひとつ買うつもりです。
中にも小さなお魚ショコラが入っているのです。
[PR]
by 40ansparis | 2009-04-01 22:39 | 仕事の日 le travail | Comments(4)

Bonne sante!!

c0181947_7504750.jpg

一月中は、まだまだ今年初めてお会いする方や友人に、
"Bonne annee! Bonne sante!"(新年おめでとう!そして健康でね!)と
声を掛け合っています。

仕事で関わる人たちは、お料理のシェフなど長時間勤務、拘束の人たちが多く、
お客様も、お店のある界隈はシックな界隈で、かなり年配の方も多いので、特に
"Surtout bonne sante!! c'est le plus important!"とみんな付け加えています。

年配の常連のお客様も、最近は混んでいないときだと、いろんなお話を伺ったりするように
なりました。
人生経験が豊富で、みなさん波乱に満ちた人生を送っているので、それぞれの方のお話が
まるで大河小説でも読んだかのように興味深く、伺った後、んーーーん。。。。と思わず
ため息が出ます。
事実は小説より奇なり。。。まさにそう思います。
実話好きな私には、本当に興味深くて、もっと時間をつくってゆっくりと話を聞いてみたいほど。

全員がそして、最後の〆の言葉は、やっぱり
"Cest la vie........" (これが人生さ。。。。。)

私も辛い時、悲しい時、そして今週のように疲れている時(ちょっと違う?)
心の中で、セ・ラ・ヴィ。。。。。。とつぶやきます。
[PR]
by 40ansparis | 2009-01-21 07:49 | 仕事の日 le travail | Comments(0)

お店で

c0181947_6463293.jpg

お店で出会うお客様は様々ですけれど、中にはプロのパティシエの方やブーランジェーの方、
料理人の方も多いです。

先日、とても印象的な出会いがありました。
生き生きとした笑顔が素敵な、シンガポールからいらした日本人女性のAさん。
聞けば、シンガポールでお菓子を教えていらっしゃる先生だそうです。

フランスが好きで好きで、とおっしゃる彼女。以前エルメで修行もされたそうです。
年に2回はいらっしゃるというパリで、今回もたっくさんお菓子を食べたり買ったりして
特に今回はガレット・デ・ロワをシンガポールの生徒さんたちへたくさん買っていかれるという
お話を聞きました。

ご自分も食べることやお菓子が大好きで、それを人に伝えるのがまた楽しくて、という彼女の
ポジティブさが伝わってきて、たくさんの元気をその日は頂きました。

お忙しいスケジュールの中、帰国の前日に、またお店に寄って下さり、ゆっくりお話をさせて
頂きました。

もちろん私は毎日お店には立っていないので、お店でたまたま出会うことの出来たお客様と
その後もメールを頂いたり、また数ヵ月後お会いしたりすると、人生の出会いって不思議だ
なあ、っていつも思います。
だって、その日、私がお休みだったら出会っていなかったかもしれませんし。
縁というものの、不思議さ。。。。。

いつになっても私もAさんのようにチャーミングでいたいな、と思います。

こんなに好きなパリでも、さすがに今回は寒すぎて、シンガポールが恋しいわ!と言って
いたAさん。またパリでお会いする時を楽しみにしていますネ。
[PR]
by 40ansparis | 2009-01-10 20:43 | 仕事の日 le travail | Comments(6)

近くのスタバにも

c0181947_728591.jpg

今朝は、本当に久しぶりにメトロがまともに動き、早めに出た私は、思いっきり早すぎて
到着。
なので、お店と同じ通りにある、スタバでエスプレッソをゆっくり飲みました。

最近、そのスタバにアジア人ぽい男性がひとりスタッフで加わっていました。その分、
行くとよく話しかけてくれる、とても気さくな黒人の女性は最近見なくなってしまいました。
異動があったのでしょうか。

飲み終わり、カップを持ってmerci !というと、その男性もmerci !と言いながら、
ちょっぴりお辞儀をしたので、やっぱり!と日本人だとわかりました。

お店にもアジア人のお客様がいらっしゃるのですが、最近は韓国の男性などは日本人かな、と
間違うこともあって、自分からあまり言わないようにしています。

パリにもどんどん出来ているスタバですが、日本人スタッフは初めてお会いしました。

そしてパリで同じように頑張っている日本人の方には、私もいつも励まされています。
フランス語には囲まれている生活が日常にはなってきているけれど、それでも母国語が
すぐ通じる安心感は格別ですね。

仕事の日はお店のまわりにモンカフェなんてないので(カフェはたくさんあるのですが)
このスタバはまたお世話になります~。
[PR]
by 40ansparis | 2009-01-08 19:26 | 仕事の日 le travail | Comments(0)

Joyeuse fete !

ノエルは終わりましたが、まだノエルのバカンス真っ最中です。

今日はこれから日本のお正月を味わいに帰国する方がお土産に、と来て下さったり、
逆に帰ってきたよ~、とお店の通りに住むTさんがお店に寄ってお土産を持ってきて
くれたり、プチバカンスでドイツの友人に会う前に、とKさんがお土産を買いに来て下さったりと
日本人のお客様や友人のご来店が多い日でした。
皆様ありがとうございました。お会いする度に励まされます。

私が教えた挨拶の言葉を早速、日本人のお客様に実践で使うマダム。。。
逆に自分がきっとこう見えているんだろうな、と逆の立場に立って見ることが出来ました。
それはマダムも同じだったようです。

マダムは英語も話さない、生粋の?ボルドー人なので、日本に関する質問もちょっとずれて
いて面白い。
「東京のエッフェル塔周辺も、観光客でいっぱいなの?」 
「東京はエッフェル塔って言わないんですよ。東京タワーです。」「あ、そうなの?」
(ほんとにフランス人って、フランスが地球の中心で回っている、ちょっとずれた感覚を
 もっています、笑)

「日本って食事のあとのデザートは、どんなお皿が出てくるの?」
「うーん。。。。。。フランスみたいな形式はなくて、必ず食べるっていう習慣がある訳では
 ないんです。」 「え?ありえないヮ。。。。。」

「日本語で話す時は、ボンジュール!ムッシュウ、とかのムッシュウ・マダムのところは
 どう言うの?」 
「そういうのは特に付ける習慣がないんですよ。」
「え?寂しいわね。」

「フランス人って、ほとんどの既婚者が愛人を探しているけど、日本もそう?」
「フランス人ほどじゃないと思いますけど、、今は大都市では増えているかも。。。」
(いったいどんな質問ですか、マダム。爆笑。)

などなど、考え方や国民性が違い過ぎてなかなか納得してもらえません。いったい
どう説明したらいいのか、困ること、多いです。

c0181947_815484.jpg

[PR]
by 40ansparis | 2008-12-26 08:00 | 仕事の日 le travail | Comments(2)

Pere Noel

Pere Noel : ノエルのパパ、サンタさんのことです。

今日も最高気温は3度と一日中かなり低くて、朝というかまだ開けていない出勤時と
昼間の気温があまり変わらない気がしました。

c0181947_8172838.jpg

そして月曜だと思ってのんびり構えていたら、、、週末並みに売れたのでした。
寒さのせいで、人出は若干去年よりも少ない気がする、とマダムが言っていました。

今はちょうどサンタさんが子供達のおうちに行く準備をしているところでしょうか。。。
あと9日でクリスマスですものね。
[PR]
by 40ansparis | 2008-12-15 08:14 | 仕事の日 le travail | Comments(2)