カテゴリ:お散歩の時間 promenarde( 130 )

藤の季節

藤の花が綺麗な時期ですね。

歩いていて、思いがけず出会うと、わあ、、、と立ち止まって見てしまいます。
何だか郷愁をそそられます。

c0181947_05201596.jpg


[PR]
by 40ansparis | 2017-04-19 05:16 | お散歩の時間 promenarde | Comments(8)

イースターのヴァカンスです

パリは気持ちいい季節に入ってきて、只今イースターヴァカンスで街中は静かです。
c0181947_17080401.jpg


クリスマスヴァカンスの後、既に二回目のヴァカンス。このゆったりさと勉強のバランスが羨ましいです。
(ノエルヴァカンス→冬休みスキーヴァカンス→イースターヴァカンス)

c0181947_17080425.jpg


静かなパリ、何処に行っても人も普段より少なく快適、最高に好きです。



[PR]
by 40ansparis | 2017-04-07 17:02 | お散歩の時間 promenarde | Comments(14)

小さな路地

c0181947_01471768.jpg



普段歩かない界隈をたまに歩くと、ちょっとした路地でも、何だか新鮮です。
c0181947_01471805.jpg


この日は会社の保険での健康診断でした。
[PR]
by 40ansparis | 2017-03-06 01:43 | お散歩の時間 promenarde | Comments(4)

春の陽射し

c0181947_08044886.jpg


朝晩はまだ肌寒いパリですけれど、、、
午後に陽が射すと、春を思わせる光と陽射しが身体に心地良いです。
c0181947_08044997.jpg


やっと、あの冷凍庫のもやの中から抜け出した感覚です。
c0181947_08045074.jpg

もう、私は裸足にパンプスで大丈夫。
[PR]
by 40ansparis | 2017-02-18 07:55 | お散歩の時間 promenarde | Comments(10)

30年代の名残 : コルビジェのアパルトマン

パリの建物やモチーフには、アール ヌーヴォーの名残を残すものを今でも沢山見る事が出来ますが、他のスタイルも残っています。

少し郊外よりのブーローニュビヤンクールの辺りは、20世紀を代表する建築家コルビジェが彼のキャリアの中でも初期に、アパルトマンを幾つか手がけたものが残っています。

c0181947_18353531.jpg

ここは彼の作品の中でも一番古い部類に入るアパルトマン。

家では無くて共同の建物、つまりアパルトマンの時のコルビジェの特徴の一つは、横に長い帯状の窓。

c0181947_18353545.jpg


当時は新しい素材のコンクリートを使った、シンプルミニマル、モダンな、クラシックなパリのアパルトマンとは全く違うスタイルが斬新で徐々に話題になり、当時のお金持ちがオーダーした家もあります。
c0181947_18353675.jpg

ただ、まだコンクリートの質も良くなく、コルビジェ自身も新しい素材の為、知識不足で、後から建物に問題が生じたりもよくあり、今のような大絶賛の評価ばかりではなく苦労したようです。
c0181947_18353725.jpg

今でも残るクラシックな彫刻が施された装飾のあるパリのアパルトマンとは全く違いますね。
c0181947_18353707.jpg


この数か所を訪れたのは実は秋の終わりの世界遺産の場所が無料で観覧できる日でした。
普段は私用の場所で立ち入り禁止の場所にも入れてもらい、詳しい専門家の説明を聞きながら見たコルビジェのアパルトマン、とても興味深い時間でした。

あらためて、、アールデコもそうだし、30年代の素敵なこと、、、。

[PR]
by 40ansparis | 2017-01-30 18:19 | お散歩の時間 promenarde | Comments(10)

黄金の光に包まれて

c0181947_18042171.jpg


パリ市内は、郊外や田舎のように紅葉が色とりどりと言うよりは、黄金色一色に包まれます。

c0181947_18042130.jpg


暗くなるのもかなり早い時間になってきました。

夜は夜で、カフェの周りなどはまた黄金色にふわりと包まれます。
c0181947_18042207.jpg



[PR]
by 40ansparis | 2016-11-08 17:58 | お散歩の時間 promenarde | Comments(10)

深まる秋

c0181947_17040096.jpg



秋じゃなくても、パリはこんな感じですけどね。
枯葉が舞う秋、深まって、、、。
[PR]
by 40ansparis | 2016-10-27 17:02 | お散歩の時間 promenarde | Comments(11)

パリの秋空が街並みに似合う訳

c0181947_18340572.jpg


石の建物が歴史と年月と共にくすんで、それが絶妙に馴染むから、、、かな。
c0181947_18340634.jpg


フランスの洋服も、子供服でもモーヴカラーやグレー、トープなどの中間色が多くて、小さい頃から着こなすパリの人達。

c0181947_18340753.jpg

その服の色も、街並みに溶け込んでパリの街の色となる、、、。
[PR]
by 40ansparis | 2016-10-17 18:26 | お散歩の時間 promenarde | Comments(8)

地元村歩き

休日、何も予定が無くて半日空いていたら、間違いなく地元村の界隈にばかりいます。

歩ける範囲で、いつものお店で買い出ししたり、古本屋を覗いたりカフェに入ったり。

そしてふと、あれ、この小さい道、通ってみた事ないかも、、と歩いてみると思いがけない素敵なディテールに気付いたりして。
c0181947_02170202.jpg


大好きな小径も、そういう日にわざわざ通ってみたりして。
c0181947_02170305.jpg


近所の地元村は緑のスペースが沢山あって、さらに庶民的なような、ボヘミアンな雰囲気があり、街角に誰でも座っていい、可愛いスペースがあります。
c0181947_02170420.jpg


小さな装飾があちこち可愛くて立ち止まって見てしまいます。
c0181947_02170480.jpg


いつもの界隈に居るのに、毎回小さな発見があるのです。
[PR]
by 40ansparis | 2016-09-29 02:01 | お散歩の時間 promenarde | Comments(20)

初夏の光

まるで二月の様だったのが、今週から一気に初夏になりました。

鳥のさえずりで目が覚める早朝。
冬の終わりと鳥の歌い方も変わって来ているのが分かり、嬉しくなります。

太陽があると、真冬の様な難しさなく起きる事が出来ます。
c0181947_04072604.jpg


街角の公園に響く子供達の声に、鳥の声。
c0181947_04072752.jpg


こんな日常に感謝です。
[PR]
by 40ansparis | 2016-05-07 03:59 | お散歩の時間 promenarde | Comments(10)