<< 面影 カシミアの日は >>

タイツまでコーディネート

ソルドがスタートしたばかりですが、路面のブティックは、あまり混雑した様子がないパリです。

フランスの子供服の色合いのシックさに、いつも見入ってしまいます。

c0181947_18360168.jpg


大人顔負けの、冬のブーツとタイツのおしゃれ。
フランス人の色のセンスは、やはり小さい頃から磨かれるのですね。

ちなみにソルド初日、私はソルドでは無くて、恒例の映画館。そして本屋さんへ。
どちらも非常に空いて居て、快適でした!




[PR]
by 40ansparis | 2018-01-12 18:29 | モード*ファッションla mode | Comments(6)
Commented by Cecile at 2018-01-13 12:25 x
この季節、バンクーバーは老いも若きも黒ばかり。時にカラフルなダウンジャケットを着ているのはチャイニーズ(笑)
タイツのお洒落、はは~ん、Parisとの大きな違いを発見‼
Commented by 40ansparis at 2018-01-13 15:10
Cecileさん、パリもほとんど真っ黒ですよ、笑。
ただ、男性、特に年配のムッシュウが真っ赤なマフラーをしていたり、差し色をしているのは良く見かけます。女性陣は、少しカラーのコートやダウンを着たりしています。
子供はタイツやレギンスまでカラーコーディネートされているのを良く見かけて微笑ましいです。タイツは防寒だけでなく、タイツもアクセサリーの感覚に近いのですよね。以前ほどパリは個性的なタイツ姿の女性を、そう言えば見かけ無くなってきたかもしれません。
Commented by megmeg at 2018-01-13 16:10 x
わぁ、何とも言えない色合いがとても素敵です。Parisっ子がコーディネイトしたら、それは可愛いでしょうね〜。ベレー帽なんて被ったりして!フランスの色のセンスは大好きです。
Commented by arare719 at 2018-01-13 22:42
赤、青とか日本は子供服では原色ばかり。
パリはさすが子供でも、深みがあってもどこか可愛いと思う色ばかり、センスが鍛えらるんですね。
どんなコーディネートされるのか、見てみたいです。
東京のみですが、つかぬまの日差しもどこか春を感じて、優しい色目のマフラーやセーターが着てみたくなりました。
Commented by 40ansparis at 2018-01-14 00:01
megmegさん、フランスの子供服は中間色の素敵な色合いが沢山あるのですが、ボルドーやカーキなど大人でも難しいようなカラーを上手くコーディネートしている姿にいつも驚きます。
Commented by 40ansparis at 2018-01-14 00:02
arare719さん、本当にそうですよね。日本は一見優しい色合いでも、ピンクなど、中々いいピンクが無いのですよね。キャラクターものも多すぎますし、、。
そういう意味では子供服がとても大人びていたりしてびっくりしますよ。
<< 面影 カシミアの日は >>