<< カラーに囲まれて クラシックなフレンチ >>

フランス猫現象 2

今年は写真だけでもいいから、毎日更新しようかしら、、と思いながらも既に出来ていません、、、。

フランスの猫現象は、まだまだ続いていますね。ゆっくりと密かに、、ですけれど。
トルコ イスタンブールの街で人々と関わりながら生きている猫達を追ったドキュメンタリーフィルムが年末公開されました。
c0181947_06010570.jpg


つくづく思うのは、猫って不思議な動物だなあ、、と。
古代エジプトでは猫は神の化身だと言われてきた、と聞いたことがありますが、分かる気がします。

周りの私達の空気を読むし、こちらの意図もお見通しだし、

こちらが可愛がっているようで実は猫さんたちに上手に使われているように感じたり、、、
不思議な事が毎日起きるのです。

c0181947_06010617.jpg

こちらは、子供用の様々な体験施設の広告。
ターバンがバナナ、、、可愛すぎ。



[PR]
by 40ansparis | 2018-01-05 05:52 | cinema | Comments(8)
Commented by Cecile at 2018-01-05 12:51 x
ああ、ちょうどこの映画を見たばかり。そして気づいたのは私ったら猫よりも犬のほうが好きだということ。笑
そんなバナナ... 爆
Commented by 40ansparis at 2018-01-05 15:12
Cecileさん、この映画は世界で同時期に公開されて居るのかしらね?
以前からワンちゃんの方が好きって言ってたものね、笑。それぞれ魅力があるものね〜。
Commented by arare719 at 2018-01-06 10:40
イスタンブールって、猫がいっぱいて、住民が可愛がってるというか
猫が気ままにで振舞っていても、おおらかに見守っている優しさがあるみたいですね。
上の猫ちゃん、目が鋭く痩せていて…見かけが、ちと恐い。
下の猫ちゃん、バナナのターバン⁉︎ さすが、パリ。発想が柔軟。
目もお顔も大福、正月から、やられました、笑。
Commented by megmeg at 2018-01-06 18:49 x
この映画気になっていました。猫達と街の人々との関わりがどんなふうに描かれてるのかなぁと。猫達の行動にも興味シンシンです。
下の猫ちゃんのバナナ姿にぷぷぷと思わず笑みが〜。斬新です!
今年もラパンさんの感じる様々なパリを拝見するのが楽しみです!
Commented by 40ansparis at 2018-01-06 18:55
arare 719さん、イスタンブールはもう街で育てている、という感じです。でも街のリズムがのんびりしているからこそ、だとも思います。
人々に可愛がられてはいるけれど家猫でない限りは彼らは野良ですから、生きるのに食べるのに必死、、それが体型やキリッとした表情に現れてると私も感じました。
黒猫シュシュは下のバナナの猫に似ているので、イスタンブールの猫達のキリッとした姿とはまるで違ってのほほん〜〜です、笑。ハングリーさが違うのです。
Commented by 40ansparis at 2018-01-06 19:03
megmegさん、イスタンブールの猫達は逞しいです。港に着く船に乗り込んで世界から様々な種類の猫が辿りていまや様々な種類の猫達がいるんですって。
レストランやお店、猫好きの人の所で可愛がられている幸せな猫や、野良でも毎日ご飯を貰ったりお店にお邪魔したり、と人々と日々触れ合う猫達などが描かれています。
野良猫さんたちはやはり活動量が違って身体もしなやか、表情もキリッと。つくづく不思議な動物だなあ、、と感じました。
Commented by いっこ at 2018-01-06 23:00 x
この映画、日本でも上映されています。(他にも観たい映画がたくさんで、どうしようかな~と迷っていたけど、ラパンさんとCecileさんが見たとあっては、私も~という気になってきています、笑)
それにしても、毎度思うのですが、同じ映画でも国によってポスターの雰囲気が全然違う。日本はだいたい可愛い仕上がり、フランスのは洒落た大人なイメージですね。
Commented by 40ansparis at 2018-01-07 04:04
いっこさん、そうですか、日本でも今公開されて居るのですね。
ポスターの作り方、本当にそうですよね。この映画にはポスターになった猫以外にも沢山の猫が出てきて居て、もっと見た目は可愛い猫も居るのに、何故この猫がポスターに、、、と内心思うのですが、フランス人の考え方として恐らく、街で人々とコミュニケーションを取りながらご飯を貰い逞しく生きている外猫がメインで、その野生さを出している猫にしたのではないかと思いましたよ。
<< カラーに囲まれて クラシックなフレンチ >>