<< 60年代の車かな レモンとライム >>

ヴァカンス週末のカフェ模様

この週末は、一番多くの人達がヴァカンスに旅立つと言われ、さらに静かなパリです。

ボン ヴァカンス〜〜!とあちこちでお互いに言っているのを見かけて、この時期は自分がヴァカンスでなくとも、気持ちが軽くなります。

c0181947_17363003.jpg


週末、仕事場近くのいつものカフェは、常連さんたちが居なくて静か。

ヴァカンスに行かないと言う、常連さんマダム一人、年配の独り身のムッシュウが二人。
カウンターに居た私の両隣に居ました。

一人のムッシュウ、
" 眠れなくてさ〜、昨夜全然寝てないんだ。"

もう片方のムッシュウ、
" えええええ??よく聞こえないよ"
(スタッフと私はクスクス笑う。すぐ近くにいるのだけど、耳が遠いのを分かっているので)

" 眠れないんだってば "
" あ、そう。オレは朝7時半までぐっすりだよ。、、、、、、、ああ、ジャック、恋でもしてんのかい?"
(皆んなでまた笑う)

"違うよ、歳なんだよ"

なんという事のない、朝のカフェのカウンターの会話。
いつも一緒になる顔見知りならではの軽い笑い。

" 本当はノルマンディに行って友人の船にでも乗りたかったんだけどさ。
結局いつものカフェだ。
クロワッサン、僕と彼女(隣の私の事)に"

と、突然私はクロワッサン付きのカフェとなったのでした。

すぐに歳だからね、と言わず、T'es amoureux??(恋してるの?)と出る事や、船、狩り、、とフランスの大人な遊びはスケールが大きいなあ、、と考えながら。。。
[PR]
by 40ansparis | 2017-07-30 17:15 | cafe | Comments(10)
Commented by whitelacenonyo at 2017-07-30 20:12
男女を問わず、大人の会話が楽しめるパリの社会。
女性を大切にする、、それが嫌味ではなくさりげない、、
当然といえば当然ですが、、地域に溶け込んでいてお人柄ですね〜
毎朝通ったアパートの近くの2件のカフェ、
オーナーが、あ・り・と・う、、、という言葉に癒されました。
Commented by arare719 at 2017-07-30 22:29
こんばんわ。

以前の記事の、お互いの意見が違っていても、聞いて尊重し合う、、、でも自分の違う意見もしっかり主張。
そして、今日の記事のフランス人の会話。思わず、クスッ。実際に中に混じって学びたいですね。その前に語学力が…多いに心配。
日本は、江戸や堺を中心に粋な庶民の会話がたくさんあったのに、義理人情もみんな捨ててしまった。
Commented by 40ansparis at 2017-07-31 02:13
whiteさん、フランス人は女性が居たら放って置けない性分と言いますか、、、笑。少し顔見知りになると、本当に気さくになりますね。一見近づき難いようなパリジャンですが、、、。
だから観光客にでも、毎日のように通ってくれたりしたらすぐに話しかけたりして。人懐こいんですよね。だからパリは私には東京と言うよりは大阪に近い感覚なのです。
Commented by 40ansparis at 2017-07-31 02:18
arare719さん、そうですよね、江戸時代など、昔は日本語も、大人達の会話も粋で知的だった文化色の強い時代があったのですよね。
会話は楽しむには確かに語学かもしれませんけれど、旅行で必要なのは別のコミュニケーション力だとつくづく思いますね。結局は同じ人間同士ですもの。分かる部分は沢山あるんですよね。10代の子達でも意見を主張出来るのは、やはり議論や哲学を学ぶからではないかな、、と見ています。
Commented by Cecile at 2017-07-31 02:20 x
クロワッサン、ごちそうさま~♪
気の利いた会話を楽しめる一時、いいですね。
移民の多い私の近所、最近はアジア系に加わり中東系もかなり増えてきました。レディーファーストの文化ではない彼等に囲まれていると「女性の魅力」どころか、「オバちゃんは論外」という気分になってしまうのよね。
Commented by 40ansparis at 2017-07-31 03:56
Cecileさん、クロワッサン、、あまり朝早いと食べられないので、私は要らないですよ〜ってお断りしたのですが、、ムッシュウが 一緒に食べようよ〜って言うので、頂きましたよ。パリも界隈によってカフェの雰囲気も大分違いますね。パリは人種によって、と言うよりはやはりその家庭や環境の教育次第かなあ、、と思います。
Commented by akicosmosA at 2017-07-31 07:41
バカンスシーズンですね。日本はお盆の間の短い期間ですが
それなりに楽しんでますがなんせ短すぎます。
我が家も休暇は歳をとったわんこと近場をのんびりうろうろ出す。いつも思いますがパリの粋な会話おしゃれですねえ。
私も常連のような場所をつくりそんな会話してみたいです。
>恋でもしてんのかい
Commented by marucox0326 at 2017-07-31 12:53
こんにちわ。

もう随分前の若いころの話です。
お盆の休暇でひっそりしたオフィス街の殆どの飲食店が閉まっている中
ポツンと開けている喫茶店に入ったことがあります。
見るからに常連といった風情のおじさんが数名。
じろりと見られて、一瞬怯みましたが結局席に着き
最初は居心地が悪かったのですが。聞くともなしに聞こえてくる会話は
景気と現政権の話、そしてどうやら恋バナのようでした。
当時はぎょっとしましたが、今思えば彼ら60代だったかも。
途中で思わず笑ってしまい、話しかけられて・・・・。
私もお菓子をもらいました^^
細かいことは忘れましたが、なんだか心にぽっと明かりが
灯ったような気にさせられました。

Parisとて日常は同じように流れている・・・・。
今回の記事で、私は逆にそんな風に感じました。


Commented by 40ansparis at 2017-07-31 15:58
こすもすさん、顔見知りの常連同士と言っても、そこは友達とは違いますが、、でもフランス人は結構、いきなり友達に話すみたいな調子で話しかけてくる所が、東京ではなくて大阪ぽいなあ、、とつくづく感じる部分です。その人懐こく入って来るタイミングが絶妙で、気取りなく優しく。でももちろん、あまり話したがらない人もいますけど、みんなそれはそうっとしておくのでこれまた絶妙。
Commented by 40ansparis at 2017-07-31 16:03
marucox0326さん、全く同じ空気を感じますね〜。それは東京ではないですよね?関西の方、、でしょう?
仰る通りパリとて日常が流れていますし、かなり濃い人間関係があちこちにありますね。でも決してベッタリしない、その距離感も自然で凄いと思うのです。本当に、心にぽっと灯りが灯りますよね。
<< 60年代の車かな レモンとライム >>