<< 夏の夕暮れ ブルターニュの海 2 >>

パリが東京のようになって行く、、?

昨晩から今朝にかけて豪雨と雷。

やっと爽やかな夜に戻りました。

c0181947_05150599.jpg


35度くらいになる日は毎年今迄もあったのですが、朝晩が冷んやりするので夏も事なく過ぎていました。

去年辺りから、パリの猛暑の朝晩の気温が以前みたいに下がらなくなって、熱帯夜が続くようになった気がします。

何だか、東京と同じ都市熱の熱風になって来ているように思えてなりません。

パリが猛暑で熱帯夜の時、天気を見ると意外に南仏や南西部はパリより低い、、、。

土や緑が田舎より少ないし、オフィスが多い分、パソコンや電気製品、冷房(日本の使用量に比べたら、ほんのわずかですけど、、)など、熱風を出す原因が多いし、、。

それでも、フランスは冷房システムが日本のように進んでいませんし、一般の各家庭に冷房が無いから本当に大変なのです。

仕事場の観光客のお客様に聞いたのですが、先日アメリカの何処かでは50度超え、チュニジアのある地域では60度超えだったそうです。

冬の暖房対策は良しとして、フランスの冷房対策は非常に遅れて居るので、、、こんな妄想が頭をよぎりました。

一般家庭も日本のようなレベルで冷房を使うようになったら、それはそれでさらにパリが都市熱の酷暑になっていく危険性が高くなって、、、。

爽やかなパリの夏は今後変わって行くのでしょうか。


[PR]
by 40ansparis | 2017-07-11 04:59 | 気になる、、、 | Comments(2)
Commented at 2017-07-11 13:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 40ansparis at 2017-07-11 14:13
鍵コメさま、お手数おかけします。そちらに送りました。お任せしますね。
<< 夏の夕暮れ ブルターニュの海 2 >>