<< 緑の季節 cafeの灯り >>

南仏セット

二週間位前の週末が休みだった時、半年ぶり位にふと、ヴァンヴの蚤の市に出掛けてみました。

朝ゆっくり起きて、出掛けたのは11時過ぎ。
c0181947_01354631.jpg


ブロカント専門家の友人が、最近はカフェオレボウルを見なくなってきた、もう段々減って行くアイテムなのかも、、、と言っていましたが、その時間には売れてしまったのか本当に無かった。でも以前なら確かに遅い時間でももっと見たのに。

持っているボウルは大切にしなくては。

以前の記事にも書いた、終了時間近くになると"どれでも3€" から"どれでも1€"にプレートを変えるムッシュウのブース、、、今も健在。

南仏の好きな窯元のお皿に近いデザインの大皿をそのムッシュウのブースで見つけて連れてきました。カフェ二杯弱のお値段。
c0181947_01354727.jpg

隣の絵はトワルに描かれた南仏プロヴァンスのアーティストの作品で、その人が持っていたお皿だそうです。もちろんプロヴァンス製。

この絵に描かれた場所が、以前訪れたニースから近いエズ村の雰囲気に近くて、これも1€で付けると言ってくれたので部屋の片隅に置きたくて。

暗い冬のトンネルを出た嬉しさから身体が南仏のあの陽射しを求めたのかもしれない。

笑ったのは手渡してくれるとき、裏を見せながら、こうなんだけど、イイ??
c0181947_01354855.jpg


"どれでも3€"は、今日はこれに書いてあったのね、笑。

2人分くらいを盛る大皿が欲しかったのでとてもいい出会いに満足でした。
c0181947_01354971.jpg

気に入ってます。




[PR]
by 40ansparis | 2017-04-03 01:19 | パリのマルシェ・蚤の市 | Comments(12)
Commented by environtuushin at 2017-04-03 15:37
琥珀色? とってもステキなお皿ですね
隣りの絵も 素敵です~♪
何より 裏の ”どれでも 3€” が ^^

Commented by BBpinevalley at 2017-04-03 21:10
あったかくて良い色のお皿ですね。
私も蚤の市、大好き。
やめられませんよね。
Commented by yumibag at 2017-04-03 21:52 x
あったかい色合いですね〜
トマトパスタがよく似合いますね
ヴァンヴ、、、あー懐かしいです 去年滞在中二週に渡って通いました 笑
その時はまだカフェオレボウル 結構ありましたけど、、
あの雰囲気 ワクワクでした 見て回るだけでも楽しかったな〜
Commented by 40ansparis at 2017-04-04 04:51
environtuushinさん、この色合いとぽってりしたこのタイプは南仏やイタリアの一部で良く見るタイプのお皿です。色も土っぽい色のものが多いので幾つか別々に購入したものを持っていますが一緒に使っても違和感ないのです。
お皿と一緒に引き取ったと言うこの絵は、売るつもり無く自分のスタンドでボードとして持っているつもりだったそうなんです。が、私がお皿と一緒の持ち主だと見抜いてずっと見ていたものですから、、私に譲ってくれたのです。
Commented by 40ansparis at 2017-04-04 04:54
BBpinevalleyさん、蚤の市飽きずに行ってしまいますよね。現代のお店よりずっと魅力を感じますし、出会いがある無い、、も蚤の市ならではですよね。ただ、私の問題は頑張り屋じゃないので、途中で急にカフェが飲みたくなると未練なく途中で引き返してカフェへ向かってしまったりする事でしょうか、、笑。
Commented by 40ansparis at 2017-04-04 05:00
yumiさん、二週に渡って行ったのでしたか、楽しんでいらしたあの時からもう一年とは、、ねえ、早いですね。今回は気負わず、目的も無く意気込まずにふらりと行ったので、やはりそう言う時には出会うのです。意気込むと私の場合、ダメなのです。ボウルは、もうある程度人の手に渡ってしまい、市場に良いボウルは出て来なくなって来たのかもしれないそうです。限りある物だからまあ、納得ですけどね。お皿は大きいのですが、夏のおかず代わりのサラダには一人分で使いますよ〜、笑。
Commented by hairpriori at 2017-04-04 17:05
独特な色合いの
お皿ですね
Commented by 40ansparis at 2017-04-04 17:24
hairpriori さん、この色合い、南仏製の物に良くあるのです。ぽってり、あったかみのある色合いです。
Commented by kanafr at 2017-04-05 07:56
まさに南仏カラーですね!
ヴァンヴ、私も久しく行っていないんですが、いい品物と出会えてよかったですね。
lapinさんの記事を読ませていただいて、私も久しぶりに行ってみたくなりました。
Commented by Cecile at 2017-04-05 11:23 x
お料理が映えそうな色合いね。パスタも喜んでいるよう♪
掘り出し物を見つける喜びと、見つからなくてもワクワクした時間を楽しめる機会よね、蚤の市。
Commented by 40ansparis at 2017-04-05 16:46
kanaさん、私は比較的近い場所に住んでいるので遅く起きてからでもフラフラと冷やかしに行けるのですが、もし少し遠くからだったら頑張れないです。だからクリニャンクールは行こうと思わないんですよね。本当に気まぐれで行くだけで。
私はリュスクなものを探している訳ではないのでカフェ一杯くらいで好きな物が見つかったりすると、またしばらくしてから行きたくなるのですよね。
Commented by 40ansparis at 2017-04-05 16:49
Cecileさん、南仏特有のお皿だからやはり南の方の野菜などが似合う気がしますよ。
出会いが無くても、古いもの一つ一つが歴史の証人ですから、どんなお家にあったのかな、どんな方が使っていたのかな、、とその時代に想いを馳せて眺めていますよ。
<< 緑の季節 cafeの灯り >>