<< トロンプイユと夏時間 右と左 >>

本まとめ 2016F/W-2017

c0181947_06242783.jpg

(友人が送ってくれたカレンダーがあまりにチャーミングで、、、)

映画同様、半期に一度の本まとめ。自分の記録用で退屈でしょうけれど、お付き合い下さいませ。

今シーズンも魅力ある本に出会いました。映画同様にやはり私は実話をベースにした本は気になります。

c0181947_06242789.jpg

今シーズンの自分のNo.1は、アメリカ大陸を発見した、と言われるクリストフ コロンブスの人生を実在する古文書などをベースに推理小説仕立てにしたポルトガル人作家の本。

コロンブスとは一体誰だったのか?スペイン人かポルトガル人か、、、など、、この作家は言ってみればポルトガルのダン ブラウンみたいな感じです。
歴史をベースに書いていて、ずっとずっと気になっていました。凄く面白く、14世紀頃のスペイン ポルトガル、ヨーロッパの歴史まで勉強になりました。

もう一冊もかなり厚みがあったのですが新刊発売当時から気になっていた好きな作家タチアナ ド ロネの伝記本。これは英国人作家のダフネ ド モーリエの人生を描いた本。ヒッチコックが鳥など幾つか映画化した原作を書いた作家です。
文庫になって嬉しくて厚みにもめげず秋冬に読んでしまいました。

c0181947_06242887.jpg


哲学者ショーペンハウアーを幾つか読みました。数いる哲学者の中でもかなり悲観主義者ですが、、割と私は好きです。そしてル モンド紙に哲学、文学批評を書いているジャーナリストがショーペンハウアーについて書いた本は、いつもの近所の古本屋ムッシュウが見つけてくれたのですが、この本でショーペンハウアーの人生を知り、彼の人生と思想が繋がっている理由がわかりました。
作家の人生背景を知るのが私は好きです。

どの本屋でも売れてます!と積んでいたので春夏から横目で見ながら数ヶ月が経ち、あまりに勢いが止まらない様なので文庫シリーズ1を読んでみた、イタリア人女性作家(らしい) L'amie Prodigeuse "は期待したものの、私は心にそれ程刺さりませんでした。作家本人が正体を表さずミステリアスなのも話題みたいです。シリーズ2,3と出ているのですが続きは読もうと思いません。

c0181947_06242855.jpg

現代の本を読んでいると、やはりクラシックに戻りたくなり、今シーズンはデュラス、ジャン コクトー、ポール ヴァレリーを。コクトー、晩年に書かれたエッセイを読むと、彼の繊細過ぎる心は晩年、存在自体を難しくさせて辛い時代だった様子が伺えます。今の年齢で読んだからこそ理解出来たのかもしれません。

c0181947_06242968.jpg

アインシュタインの栄光と名誉の陰に、家族の中では幾つもの悲劇があったことを描いた本も考えさせられる本でした。
10代から統合失調症になりほぼ病院で人生を送った息子のエドゥアードがまだ20代のうちに、お母様も亡くなり、ナチスから逃れる為にアインシュタインはアメリカへ亡命してしまい、父と息子は30年近くほとんど顔を合わせる事なく終わる、、ほとんど父に捨てられた状態のまま無気力に人生を送った息子の状態を思うと、、複雑でした。
c0181947_06243062.jpg

エリック エマニュエル シュミットはまだ10区に住んでいた頃から幾つか読んでいる作家です。10区のあのコスモポリタンな雑然とした界隈で私は何度も道端ですれ違い、本のサロンでも見かけ、、、不思議に縁があるのです。
どうしてあの庶民派界隈で見かけていたのか、、あの作家の心の内を覗かせて貰ったような本、、哲学本のような印象が残りました。

秋冬はどうしても思うようにページが進まないのですが、それでも幾つもの興味深い本に出会えて読んでいる時間、とても良い時間を過ごすことが出来ました。

春夏は予定している厚めの本を、比較的ゆっくりと読めるシーズン。
本だけを抱えてフラフラとカフェのテラスへ行けるヴァカンスや夏の休日、、、
今からそんなひと時が楽しみです。


[PR]
by 40ansparis | 2017-03-25 05:35 | 本 livre | Comments(4)
Commented by Cecile at 2017-03-25 12:48 x
むむむ、幅広いジャンルを楽しまれましたね。ラパンさんの読書感にはいつも感銘するばかり。そして知的ヒントが沢山あるので感謝しています。コロンブスにまつわる本、英訳が出ているといいな。探してみますね。
「フフフ、僕も読んでいるニャン♪」
Commented by 40ansparis at 2017-03-26 06:11
Cecileさん、恐縮です。映画同様に好きなジャンルは偏って居ますけれど、本は自分の中のバランスをとる欠かせないビタミンなのです。
このコロンブスのを書いた作家の本は、コロンブスの本より先に出版された二冊が世界でもかなり売れて居たようなので、絶対に英語版もあるはずです。それでも私はこのコロンブスから始めてみたのですが、予想を上回る面白さでした。もう一冊実はこの作家の本を購入してあるので春夏にゆっくり読むつもりです。
Commented by pikorin77jp at 2017-04-19 20:47
こんにちは。

郷はとても嬉しいコメントありがとうございます。
いつか 主人と二人で パリに行ってみたい、という気持ちで こちらのブログを拝見していました。今は 主人の義母と三人暮らしで なかなか 旅にはいけませんが 夢をもっています。素敵なブログで お気に入り登録させていただきます。これからも仲良くしていただけると嬉しいです。
Commented by 40ansparis at 2017-04-19 23:41
pikorin77jpさん、こちらこそ、いいねをありがとうございます。そして読んで下さってありがとうございます。私のブログはあまり観光地などは写していませんけれど、パリの普段の景色を見ていただければ、、と思います。こちらこそよろしくお願いします。
<< トロンプイユと夏時間 右と左 >>