<< 本まとめ 2016F/W-2017 下半期映画まとめ 2016F/... >>

右と左

フランスは次の大統領選挙に向かって動いています。

現大統領の左派はパッとせず、右は政治家の例にもれず金問題で脅かされて、、
極右がメキメキと伸びていて戦々恐々とした雰囲気です。

イギリスのEU離脱に、トランプ大統領と来て、、、さてフランスどうなる?と国民も不安です。

c0181947_06063992.jpg

仕事場近くのいつものカフェは、いつものムッシュウがスタッフや他の常連さんと、いつものサッカー談義。

フランス人はサッカーの話、好きですね。昨晩のPSG(パリサンジェルマン)とモナコの試合はあーだった、こうだった、、今夜はああだこうだ、、。
そして政治の話も止まらない。

私がまだどんより気だるい空気の中に居るのに、まあ、早朝からフランス人はよくしゃべる、、、。
フランス人って、まず口が年を取らないのですよね、笑。

私の住んでいる界隈は左派の界隈、仕事場界隈は完全に右の界隈です。
フランスは割と職業でも分かります。

仕事場界隈と住んでいる界隈、本当に右と左の雰囲気や人、その区のイベント、違いを面白いくらいハッキリと感じるのです。


[PR]
by 40ansparis | 2017-03-22 05:53 | フランス人・フランス観察 | Comments(2)
Commented by Cecile at 2017-03-22 11:46 x
止まらぬフランス人の論議、目に浮かんできます 笑。
住む場所によってはっきりと指示政党が違うということ、バンクーバーもそれらしき境界はあるようだけれど、丁々発止と政治談議はしないな。
両方の違いを楽しんでね。
Commented by 40ansparis at 2017-03-22 17:02
Cecileさん、バンクーバーも住む場所でやはり違うのね。パリは職業でどちらかが大体分かったり、読む新聞でも大体分かれていたり、、。右と左、どっちも同じだ、結局何も変わらない!と今のフランスは揺らいでいて、、フランスがというより世界もどうなるのか、、分からない時代になってきました、、。
<< 本まとめ 2016F/W-2017 下半期映画まとめ 2016F/... >>