<< Les temps Mérov... 小さな路地 >>

Silence : 沈黙 マーティン スコセッシ監督

フランスの公開から既に2週間ほど過ぎました。
が、この映画について語るのは難しいですね。

遠藤周作のこの原作や他の作品を読んだのは大学時代だったと思うのですが、最後が映画の様だったのか記憶にないのでまた読み直したくています。

c0181947_05201579.jpg


フランス語版文庫本も売れているようです。
予想通り、私の嫌いな "ポスター使用の表紙 " に変わって増版されています。

自分で読むつもりで買ったのですが、やっぱり日本語で読み直したいなあ、と思い、フランス人の友人にプレゼント。

公開日あたりの日のル モンド紙は、この映画について大きく一面を割いていました。

c0181947_05201691.jpg


" 登場人物は、まるでクロサワ映画かミゾグチの映画の中から抜け出して来たようだ " と言う文章にとても共感しました。

それだけ、日本人が観ていて違和感の無い日本が描かれているから、、。
とかく、ハリウッド(フランス映画でも)が日本人を描くとデフォルメされてしまうから。

この時代背景、ヨーロッパはルネサンスから少し経った辺り。
最近、本でも何かとこの頃が舞台のものを読んでいたので、別々に知っていた事が頭の中で色々パズルになって繋がるのを感じました。

今のヨーロッパとイスラム勢力の関係を見ているような、、、2000年以上もある歴史の中で、宗教によって人間はどれだけの血を流してきたのでしょうか。
[PR]
by 40ansparis | 2017-03-08 02:27 | cinema | Comments(8)
Commented by Cecile at 2017-03-08 11:50 x
ああ、この映画。見たいけれど、カトリック教徒となった今はかなりチャレンジングでしょうね。でも見なければ、と思っています。本も読みたいわ。
Commented by 40ansparis at 2017-03-08 16:38
Cecileさん、そうね、クリスチャンの方は、隠れキリシタンの人々と同じ気持ちになって、より苦しいかもしれませんね。辛いシーンが多いから。でも、今現在のヨーロッパみたいな感じもして考えさせられましたよ。原作をもう一度手にしたいです。
Commented by いっこ at 2017-03-08 23:52 x
私もこの映画を観る予定です。
もともと何の先入観もなく見るつもりだったのですが、これまた何の知識もないまま先日、長崎市へ旅行した際の余裕時間に二十六人の殉教聖人の記念館を訪れ、潜伏キリシタン、隠れキリシタンの歴史に触れました。
禁教によりキリシタン大名の高山右近が追放された先が郷土の石川県だったことも知り、完全にこの作品を見るように導かれているような気がします。
Commented by 40ansparis at 2017-03-09 02:18
いっこさん、本当、何かに導かれて、またはいっこさんが歩み寄って映画を観るようにレールが敷かれている感じ、、、。
私の方は逆に、春から最近読んでいる本や美術展や、、、ヨーロッパ側から歩み寄って来たみたいな感覚がするくらい、バラバラの知識と興味だったものがストーリーとして、時代の流れとして頭の中で繋がって理解出来たのです。こうやって歴史を学んだら面白いですね。是非いっこさんの感想を聞かせて下さいね。
Commented by hairpriori at 2017-03-10 18:32
この監督の作品
好きです
ディカプリオと良く組んでますね
Commented by 40ansparis at 2017-03-10 22:24
hairpriori さん、スコセッシ監督作品お好きですか?考えてみると、作品にはよく食事の前にお祈り、とか教会が出て来ますよね。敬虔なカトリック教徒の監督らしく。
Commented by aoneko at 2017-03-12 18:29 x
お久しぶりです。映画つながりで・・・
今日今更ながら「カプリス」みました。ほろ苦い終わりがフランス映画らしくて好きです。アナイス・ドゥムスティエ、「バードピープル」もすごくよかったし、オゾンの映画も見ればよかった。
今度ガレルの新しいのを見に行きます。名古屋では今やっと公開中なんです。
Commented by 40ansparis at 2017-03-13 06:02
aonekoさん、お元気でしたか〜?カプリスご覧になったのですね〜。私はこのエマニュエル モーレ(ご自身も出ています)のラブコメディ大好きなのです。毎回、さほど話題にならずに終わっていますけど、私には何となくロメール監督の映画を思わせて、、軽い恋愛小説のような映画ばかりですけど、毎回見ているのです。ガレルの作品、、どれかなあ、、フィリップガレルの方かしら?私は秋冬に観たルイ ガレル出演作品をあまりに良くて3回も観てしまいましたよ〜、笑。いつの間にか中堅になって良い役者になっていて、ストーリーも私の大好きなタイプストライクだったのです。また映画まとめを近いうちにアップしますね。映画のお話、また聞かせて下さいね。
<< Les temps Mérov... 小さな路地 >>