<< l'heure blu... 秋冬の雑誌 >>

冬のもやに包まれて

c0181947_21574563.jpg


気温が一旦上がって油断していましたが、やはり二月。
c0181947_21574671.jpg


冬の靄に包まれたパリ。
きーんと冷えた空気に、疲れを引きずった気だるい身体を委ねて。

c0181947_21574670.jpg


[PR]
by 40ansparis | 2017-02-09 21:54 | パリの空 le ciel deParis | Comments(6)
Commented by kanafr at 2017-02-10 03:01
ここのところ、結構暖かかったので、つい油断して薄いコートで出かけたら、まだ午前中は少し日差しもありよかったんですが午後になるにつれて曇り空が広がって、本当に寒くなってビックリしました。
考えてみたら、まだ2月なんですものね。

lapinさんには珍しく「疲れを引きずったけだるい身体」と書いていらしたので、よほどお疲れなんだろうなあと...。
お仕事お忙しい時期に入っていると思いますが、どうぞお体ご自愛くださいね。
Commented by Cecile at 2017-02-10 11:53 x
Musee du Louvre でのエジプト人による事件、先日のコメントではヨーロッパならどこでもあり得ると書いたけれど、フランス、しかもパリが狙われる理由は奥深いものがありますね。
かくいうカナダでも先日モスク襲撃がありました。
冬の空の下で起こる悲劇。普通の人々の生活が、そして歴史ある街が破壊されないように祈るばかり。
Commented by 40ansparis at 2017-02-10 16:42
kanaさん、心配して下さってありがとうございます。ノエル、年末よりはずっと楽なはずなのですが、、寒さと重く感じる冬の服、ブーツ、全て疲れを感じます、笑。前のブログを自分でたまに見ると秋冬はよく、疲れと言う言葉を書いていて、、いけないなあ、、と思うのですよ。
あとは気温が上がって行くだけだと良いのですけれどね。
kanaさんもどうぞご自愛下さいね。まだメトロなどでは咳をしている人達が沢山いますしね。
Commented by 40ansparis at 2017-02-10 16:48
Cecileさん、そうでしたね、カナダでもありましたね。この問題はかなり根深いものがありますよね。
フランスはイスラム圏が近い分、ヴァカンス地にも良く使ったり、逆にイスラム圏の人達の移民もパリは多かったり、、アルジェリア戦争もありましたし、その前後も、、沢山の要素が絡み合う問題で、、だから発言や表現にも一触触発の要素を含んでいるんですよね。
ともかく、何も無く普通に、こんな風に呑気に街を歩いていられる日々が続いてくれる事を祈るばかりですね。
Commented by francana at 2017-02-11 18:24
だいぶお疲れのようですね~・・・ やはり太陽不足は体にこたえますね。
昨日はこちらでは雪がちらつきましたが、大気汚染の折、あの雪にもparticules finesがたくさん含まれているんだなんて言う人もいて(ほんとにそうだと思いますが)、なんだかなぁと(苦笑)。
ヴァレンタインもお忙しい時期でしょうか。喉などお気をつけくださいね。
Commented by 40ansparis at 2017-02-11 23:02
francanaさん、昨日も今日先ほども、パリ市内でも粉雪がちらつきました。
この外を歩いている時も、私も冬特有のもやなのか、、もしかしたら空気汚染のもやなのか、笑、、、??
とか考えながら歩いていましたよ。今夜までの寒さという予報ですけれど、、寒さと暗さ、、健康でいて調子が特に悪くなくても疲れを感じてしまいます。太陽がある季節に比べると、すっきり疲れが取れる感覚がないですねえ。
心配して下さってありがとうございます。もうイベントシーズン、、J'en ai marre....デス、笑。
<< l'heure blu... 秋冬の雑誌 >>