<< パリは梅雨のよう 翻訳の壁 >>

黒澤映画の魅力 再発見

復活祭商戦の辺り、黒澤明監督のオマージュ上映が続いていました。

繁忙期だった為、休みの日に行けた二本と復活祭が終わった後ギリギリに観れた一本の合計三本だけでしたが、観てあらためて黒澤明監督の映画の凄さを思い知りました。

c0181947_05034284.jpg


クロサワと言えば、映画の好きなフランス人にとっても、フェリーニ等と同じく映画の巨匠です。

が、黒澤映画の主役の常連、三船敏郎もミフネ、ミフネ、、、と観に来ているフランス人が話しているのが聞こえるほど知られています。

フランスに住んでいると、日本を見る時、日本人でありながら半分外国人の目になっている自分がいます。

久しぶりに黒澤映画を観て、何に感動したか、というと、もちろん二時間以上の長い映画でも時間を忘れてしまうほど魅力的なストーリー構成もそうですが、今回は何故か、三船敏郎の存在感のオーラに感動したのです。

c0181947_05034381.jpg


黒澤映画には、三船敏郎の他にも今では大俳優となっている名優が沢山出演しているのですが、三船敏郎は他の俳優と格段に違う、厚い胸板のヨーロッパ人の様な体格と力強い目力、圧倒的な存在感でスクリーンの中でオーラが出まくります。

ああ、だからヨーロッパの人達にも人気があるのね、、と納得しました。

"天国と地獄" "悪い奴ほどよく眠る"は私の黒澤映画の中のベストなのですが、、これもまだ駆け出しの若い山崎努が犯人の学生役だったり、、と色んな意味で見ながら感動します。
こういった見方は、フランス人には出来ない、日本人ならではの楽しみ方。

パリでは何度か黒澤映画をスクリーンで観ていますが、三船敏郎の圧倒的な存在感を感じるにはテレビではなくてやはりスクリーンですね。

黒澤映画が評価高いのは、俳優陣に恵まれた、のもあるかもしれません。

c0181947_05034314.jpg

黒澤明監督は、かなり読書家だったそうですが、悪い奴ほど、、、の映画も、元はシェイクスピアのマクベスからインスピレーションを受けて製作されたのだそう。

日本映画も、毎年、クロサワ、ミゾグチ、オズ、、、と色々スクリーンで観せて貰っていますが、黒澤明監督が今だにフランスでも大絶賛される理由が分かりました。
どの回も早くから行列が出来て満席でした。

そして毎回感じる、フランス人に囲まれて日本映画を観る不思議さ。
サムライの台詞がtutoyer (フランス語の親しい仲で使うくだけた言い方)に字幕の出る不思議さ、、笑。
[PR]
by 40ansparis | 2016-05-22 02:13 | cinema | Comments(8)
Commented by whitelacenonyo at 2016-05-22 22:24
三船敏郎は日本が誇れる俳優だと思います。
彫りの深い顔立ち、男の豪快さ、天国と地獄の役どころは
黒澤明監督のイメージに彼以外は考えられなかったと聞きました。
ラパンさんと同じで黒澤映画の中で天国と地獄、悪い奴ほどよく眠るが見応えがありました。
今の日本の俳優は私にとってこの人が!という人がいないのが
寂しいです。
それに監督も、、、これも年齢のせいかしら、、と思うこの頃。
Commented by 40ansparis at 2016-05-23 04:02
white さん、黒澤映画が評価されているのは、半分は俳優陣、特に三船敏郎の素晴らしさかもしれませんよね。それだけ圧倒される存在感で、欧米の映画、俳優の中に入っても引けを取らない素晴らしさを感じました。最近の映画で二時間を超えるものは、とかく長く感じて途中でまだ終わらないのかな、、などと考えてしまうのですが、黒澤映画はそんな風に考える時間も無い位に観客を引きつけて最後まで観て、うーん、と唸る、そんな違いを感じました。
何度でも観たい、私の知る中での日本映画の中のベスト10に入ります。
Commented by mouette at 2016-05-23 07:10 x
三船敏郎は黒澤明の映画だから光る演技ができたのだと思います。
三船が出ている黒澤以外の映画を観るとガッカリさせられることがしばしば・・・。全然違う演技なんです。同じ俳優なのにこんなにも違うのかと驚きます。
改めて黒澤明の演出の凄さを感じます。
Commented by matantz7 at 2016-05-23 10:14
すごく良い体験をされていますね。俳優もですが、黒澤明は監督としても傑出しているし、スタッフにも恵まれたんでしょうね。それと、ひと言でいうと「時代」なのかな。映画にかぎらず、ファッション界はどうか、音楽はどうか、と考えたりしてみると、現代は別の才能が開花しているようです。
Commented by 40ansparis at 2016-05-23 18:00
mouetteさん、私も同じ事を他の日本映画で感じた事がありますよ。
黒澤映画での三船敏郎は実に生き生きしていてリアル、だからこそ観客も映画の中の世界に観ているうちに引き込まれて時間を忘れてしまう、、、、迫力、と言うのが黒澤映画には欠かせない要素だと思うのですが、時には静かな迫力、豪快な迫力、、と使い分けてしっかり存在感を表す、、黒澤監督も三船敏郎の魅力を良くご存知だからこそ彼を生かす演出が出来たのでしょうね。
Commented by 40ansparis at 2016-05-23 18:06
matantz7さん、はい、パリでは日本が誇るべき文化に、それも今の日本ではあまり出来ないほど身近に、沢山触れさせて貰っていて、フランスの、文化をリスペクトする懐の深さにいつも感激しています。
今はどの分野でも、便利でスピーディに作業が出来る分、仕事の仕方が変わって来ているのだろうと思いますが、その代わりに失ってしまっているものも沢山ある様に感じてなりません。
Commented by hairpriori at 2016-05-25 08:08
こういう巨匠と言われる
豪快な人が減りましたね
Commented by 40ansparis at 2016-05-25 15:30
hairpriori さん、本当にそうですね。監督も俳優も、、、。寂しいですねえ。
<< パリは梅雨のよう 翻訳の壁 >>