<< Mishimaのオマージュ記事 フジタのアトリエへ >>

角砂糖に嬉しくなる

先日カフェに入ったら、カフェに添えられていたのが角砂糖だったので、妙に嬉しくなりました。
c0181947_07005034.jpg


パリのカフェから角砂糖が無くなりつつある事は、大分前に書きましたが、、、
今はグラニュー糖が入った袋のスタイルが本当に多くなって来ているのです。

角砂糖をまだ見かけるカフェは、最近の若いスタッフがサービスをしているカフェではなくて、地元密着の、何十年もカフェのギャルソンを生業としていると分かるおじさんムッシュウがサービスしてくれる、昔ながらのパリのカフェなんです。

私は見るだけで、カフェには使いませんけれど、角砂糖の伝統は守って頂きたい、、、と思うのです。
[PR]
by 40ansparis | 2016-03-07 06:53 | cafe | Comments(16)
Commented by marucox0326 at 2016-03-07 15:20
日本でも、角砂糖が消えつつあることは
私も以前にブログで書いたことがあるのですが、
日本の場合は、健康志向からお砂糖の消費量が
減ってきているのも要因の一つみたいです。

お写真のは包み紙も素敵ですね。
日本でもおしゃれなカフェでは素敵な包みのものが
あったりして、私もお砂糖入れないですけど
そういうのはいただいて帰っちゃいます。
個別包装のラ・ペルーシュとかも^^。
Commented by 40ansparis at 2016-03-07 19:36
marucox0326さん、日本もそうですか。こちらはカフェと言えば通常はエスプレッソ。なので、ジャリジャリ、と角砂糖を溶かす人達がいますから砂糖の消費自体はあまり変わらないとは思うのですが、、。
ら、ペルーシュにそんな個別包装があるんですね。いつもスーパーで大きな箱で買えますから、逆にびっくり、、。日本で買おうとすると高いんですよね。
この写真の角砂糖は、フランスのカフェによく納品しているカフェ業者の名前が入っているだけなんですが、、それでも角砂糖を敢えて選ぶカフェの意識が嬉しいです。
Commented by kyotachan at 2016-03-07 23:22
知らなかった!そうなんですか?理由はなんなの?
わたしもコーヒーにはいれません。角砂糖、かみながらコーヒーを飲む人もいるから、角砂糖じゃないとふべんですよね。お粉だと、お薬みたいに口にいれるのかしら……。
Commented by 40ansparis at 2016-03-08 03:14
kyotachan さん、本当の理由は分からないのですが、、きっと売る側の都合なのだと思うのですよ。まあ、使う側もグラニュー糖がサラッと溶けていいのできっと気にならないのでしょうけれど、エスプレッソやイタリアンのカフェセレにジャリジャリとスプーンで混ぜるのが美味しいんだろうと思いますよね。古臭いイメージがあるのかもしれませんよね。モダンなカフェや若い世代に経営が変わると角砂糖じゃなくなっていますから、、。変わりたくない、のがフランス人と思っていましたが、最近は変わりたくなってきたのでしょうか、、笑。
Commented by hairpriori at 2016-03-08 09:45
カフェに角砂糖って
前はありましたよね
Commented at 2016-03-08 10:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fuki at 2016-03-08 11:56 x
こういうことって、実はとても大切でステキな気づきですよね☆
Commented by ihoko at 2016-03-08 17:59 x
床とかね。椅子やテーブルもちょっと頑固なレトロで
こういう雰囲気落ち着けそう・・。
私、例えば、スタバでしたっけ?あぁいう今時の
流行りのお店も、それとは別に、妙に格式ばった
高級感を出した店も、素敵なブランド併設のモダンな店も
場違いな感じで、落ち着けなくてソワソワしちゃうの・・。あはは。
Commented by cocomerita at 2016-03-09 00:23
Ciao ラパンさん
お久しぶりです


わかりますーー!
角砂糖って 可愛いものね
包装しない分 エコでもあると思うのですけどね、
なくなって欲しくないものって、ありますよね
Commented by 40ansparis at 2016-03-09 01:03
hairpriori さん、やはりパリの思い出の中にあるカフェには角砂糖がありましたでしょう?
Commented by 40ansparis at 2016-03-09 01:04
鍵コメントさま、メールさせて頂きましたのでご覧下さい。
Commented by 40ansparis at 2016-03-09 01:06
fukiさん、古き良き時代から、今はスピーディーに何でも直ぐに出来て便利な時代へ変わりましたが、、こう言う小さな事を沢山失いつつある、と思いますね。
Commented by 40ansparis at 2016-03-09 01:11
ihokoさん、やはり王道の伝統カフェ、レトロな雰囲気を残している古くからのスタイルのカフェが良いですよね。
私はスタバは自分の古巣のようなもの(同じグループにいたので、仕事場すぐに必ずあって、、)ですから勝手知ったる、、でゆっくり放っておいて欲しい、読書をする時や、夏の太陽の下、あまりに周りのお喋りが酷い時には逆に重宝しています。
でも街角カフェならやはり伝統カフェでなくては、ね。
Commented by 40ansparis at 2016-03-09 01:17
ciao junkoさん、フランス人と言うのはあまり変化を好まない国民だとつくづく思うのですが、、最近はきっと若い世代がアメリカ文化や海外の情報の中で育ち、フランス人自体が変わって来ている時代なのかなあ、、と感じています。
でも、こう言うの、、守って欲しいですねえ。
Commented by akicosmosA at 2016-03-09 13:54
私も入ったカフェで角砂糖だと嬉しくなります。そしてそのパッケージが絵とか模様が入っていると小さい角砂糖も大事にされていると笑顔になってしまいます。使うときもありますが
ほとんどの角砂糖は持ち帰ります~~♪
Commented by 40ansparis at 2016-03-09 18:32
こすもすさん、ふふ、持ち帰りしちゃうのですね。ノエルちゃんは角砂糖なんて食べない、、かな。パリのわんこさん達は、ご主人のカフェにお散歩ついでに付き合うと、テーブルの横で、角砂糖の半分をポーンと口に入れて貰っていたりしますよ。微笑ましい光景です。
<< Mishimaのオマージュ記事 フジタのアトリエへ >>