<< 夏の断片 晩夏の船上ソワレ >>

グレーのパリ

すっかり秋のパリ。
最高気温も20度を切る日も出て来ました。

c0181947_06283270.jpg


湿気を帯びた哀愁漂うグレーの空、これがまさにパリらしい空。

日に日に夕暮れが早くなっています。


[PR]
by 40ansparis | 2015-09-06 06:21 | パリの空 le ciel deParis | Comments(6)
Commented by kanafr at 2015-09-07 07:36
ホント、急に気温が下がって肌寒くなりましたね。
昨日は、ダウンのロングコートを着ている人がいてビックリしましたけど..。
どうぞお風邪など召されませんように。
Commented by yumibag at 2015-09-07 12:03
グレーの空にコートの襟を立てて、、、
哀愁のパリ  昔の映画を観たくなりました。。。
Commented by 40ansparis at 2015-09-07 15:17
kanaさん、早朝出勤だと、もうコートかジャケットが必要なので、早朝はダウンも沢山見かけます。
着込むシーズンがやって来てイヤです。もう、30度なんて言う日はないのでしょうね、、、。風邪、気をつけましょうね。
Commented by 40ansparis at 2015-09-07 15:20
yumi さん、古い映画はモノクロで、晴れているシーンでも結局グレーですから、何となくパリのイメージになってしまっているのかなあ、とも思いますが、実際やはりどんより雲の日は多いんです。この春も古い映画観れましたよ。
Commented by morinokochaorin at 2015-09-07 18:28
ご無沙汰しています。お元気そうで何よりです。パリはすっかり秋ですね。

こちらは、今からがイチジクの旬。やっとイチジクのジャムをつくりました。ここに来るとパリのジャムを思い出します。

・・・あ、今、チェリストのデュプレの本を読んでいます。
Commented by 40ansparis at 2015-09-07 20:15
森の子さん、ご無沙汰していました。フランスもイチジクの季節です。コンフィチュール作り、続けていらっしゃるのですね。もうプロ並みじゃないですか〜?
デュプレさんについては私は全く知りませんが、私も伝記を読むのは好きです。人生はまさに小説より奇なり、ですよね。
<< 夏の断片 晩夏の船上ソワレ >>