<< 母のバースデーに 19世紀のように >>

ベジタリエンヌ

私の同僚や友人たちは、家で何作る?と言う話になると、私が野菜料理やグランサラダ(お肉や魚も加えたおかずサラダ)、お味噌汁、などと話す為、私の事を、Mはベジタリエンヌだからね〜と言う。

凄く意識している訳でも無く、ただ単に身体が欲する物を食べているだけなので、もちろん甘いものもフランスが誇るフランス産肉のローストだって、凄く食べているのだけど。
c0181947_1836535.jpg


うちの家系は胃腸が強い方ではないと実感しているし、私も胃腸は強くはない、と確実に感じています。

特にフランスに住んでからは、特に外食が続いたり、乳製品には、私の胃がちょっと悲鳴をあげるので、フランス人の友人宅にお呼ばれしたり、ビストロでの食事の後は、家でデトックス、野菜やフルーツばかり食べてリセット、ようやく自分の胃がほっと落ち着くのです。

幸い、フランスはありとあらゆるフルーツや野菜が豊富で安く、大地の味が濃くて美味しい、草食動物のアジア人には嬉しい環境です。

でも、、、毎回、友人宅に呼ばれて辛いのが乳製品のパレード。
フロマージュ(チーズ)、クリーム、ヨーグルト、バター、、、フランスは酪農大国でもあります。
私でも大好きなフロマージュやヨーグルトがあるくらい、美味しいし、ホイップクリームつまりクレームシャンティは大好き。
けれど食べる量がちがうのと、私は少し乳糖不耐症気味だと言う事が最近分かったので選んで食べています。
フランスはau lait cru(生乳)のチーズがある為、でもpasteurisé (殺菌済み)のものより断然、生乳の方が美味しいのだけど、、、、。

c0181947_18361097.jpg


サラダが美味しい爽やかな季節になりました。身体の隅々まですっきりする感じがします。
自分で作ったサラダが一番。
[PR]
by 40ansparis | 2015-05-15 18:09 | 食べ物エトセトラ | Comments(17)
Commented by kyotachan at 2015-05-15 20:33
おいしそう!
実はわたし、いまだにアーチショーを使いこなせないんです。なんでだろう?ことしは克服しないとなー。
ウチも今日のお昼はサラダもろもろでした。こどもたちはポンでお休みです。こちらはバカンスあけた早々、四日間連休。六週間後にはグランバカンス。汗汗汗
Commented by 40ansparis at 2015-05-15 21:00
kyotachanさん、いやあ、私も生から自分で処理している訳ではないので、全く使いこなせていません。瓶詰めのグリル済み、オイル漬けのを使っているだけ。またはイタリアンのテイクアウトのお店で自家製オイル漬けのを買ってサラダに使ったりしているだけなのです。
kyotachan さんの細巻きの方がずっと素晴らしいです。本当に、私は時間を買う、つもりで、いかに帰宅後スピーディーに作るかが基本にあるので、簡単なものばかり。。野菜やフルーツも加工しないで食べる方が好きなので、、、野生そのもの、笑。
五月は子供だけでなく、大人達も働きませんよね〜、笑。このゆるい雰囲気が堪らなく好きですけど。
ヴァカンスは確かにお母さんが大変ですよね〜。
Commented by いっこ at 2015-05-16 10:51 x
私も時々無性に大量のサラダ(野菜)が食べたくなりますが(お肉をガッツリ食べたくなる時もあります、笑)、これだけの野菜をうちの近所で買おうとすると結構高くつくのがツライところ。(って、最近また料理に対するモチベーションなしの状態ですが、、)
パリは野菜が安くて豊富そうですね。オーガニックとか無低農薬とかも普及していそうだし。うらやましい。
Commented by 40ansparis at 2015-05-16 14:06
いっこさん、本当に日本ではフルーツや野菜をたっぷり食べようとしたら、かなり高くなりますよね。こちらではトロピカルフルーツでさえ安く手に入るので、私は毎日フルーツをたっぷり食べてますよ。オーガニックも根付いていますし、マルシェなど様々な形で手に入りますから助かりますよ。
Commented by hairpriori at 2015-05-16 15:35
トマトに美味しい野菜
チーズとワインがあれば
幸せになれます^^
Commented by 40ansparis at 2015-05-17 04:44
hairprioriさん、私は炊き立てご飯にお新香とお味噌汁があったら、それだけで幸せです〜。
またお互い無い物ねだりですね、笑。
Commented by yumibag at 2015-05-17 20:27
お忙しいのにちゃんと自炊されているのですね
ラパンさんのサラダ 細かい気配りが見受けられます

年を重ねると時として体が欲してるものが解る気がします
ウイークディは粗食にノンアル 週末はワインをメインに、、
農業大国フランスの作物は憧れです!
Commented by francana at 2015-05-18 03:47
日本人は「草食人種」だなぁと、フランス人を見ていると思います(笑)。
アーティチョークとロケットのサラダ、おいしそうですね~
ロケットはあの苦味が大好きです。
先日、古くなりそうだったのを炒めて食べたのですが、あれ春菊みたいと思いました。
お肉は、招かれてどかんと出されると、以前は消化できなくて困ったのですけど
慣れたのか、だいぶ食べられるようになりました。
でもふだんはシャルキュトリー程度で十分です(笑)。
下のサラダは、りんご入りですか?さっぱりしておいしそうですね。
Commented by 40ansparis at 2015-05-18 06:20
yumiさん、あの〜、私の作るものだと、自炊とも言えないくらい簡単なものなので、、、料亭やレストランのようなお料理をアップされている方々に比べたらお恥ずかしいくらいです。が、私自身が野菜やフルーツは、あまり手をかけ過ぎない、出来れば生のまま、生に近い状態で食べたいものですから、、、野生児です、笑。私は身体が欲しているままに食べている気がします。お腹が空いていない時に無理に食べる事をしなかったり、逆に休日、一日中、何かしら食べていたり、笑。
Commented by 40ansparis at 2015-05-18 06:31
francanaさん、私もフランス人を見ていると、いつも、ライオン達、、と思います、笑。
私もロケット大好きです。夏はロケットとミニトマト半切りとペンネのパスタを和えてサラダにしたりします。
お肉は、私、かなりの量食べられるのです。全然大丈夫なのです。が、パンじゃなくてご飯が欲しくなり、、、アントレやサラダなど軽いものをその後に食べたくなります。
が、少量でもすぐにお腹が重く感じて痛くなるのが、乳製品なんです。そう、乳糖不耐症に気づかせて下さったのは、francanaさんのお子さんのおはなしから、でしたね。その後は本当に気を付けて食べています。が、招かれた時の、まさかの乳製品責めの時には辛いです、笑。
Commented by 40ansparis at 2015-05-18 14:41
francanaさん、ご質問に答えていませんでした。私はよくフルーツをサラダなどに使います。キャロットラペが好きなので、いろいろバリエーションをつけたりします。この写真は大好きな青リンゴのグラニースミスです。青リンゴは、ラペの器具でするとクタクタしてしまうので、手で切っています。ご参考まで。
Commented by marucox0326 at 2015-05-19 17:49
こんにちわ。

肉や乳製品、アルコール・・・
やはり代謝の違いでしょうね。
欧米人と同じ様に摂取していては、病気になりそう。

特に我々中高年は気をつけなくては。

ラパンさんは、お呼ばれなどで過多に取りすぎた時には
ちゃんとご自分の体の声を聞いて、リセットされていらっしゃるのだと思います。あまり手をかけないというのも
ヘルシーな食べ方だし、野菜の甘みを感じられますよね。
ダイエットのつもりのサラダだって
オイルにゴマだれマヨネーズなど、ジャカスカ加えて
カロリー高になってしまっては、元も子もないですから
^^; ・・・・・・・反省
Commented by 40ansparis at 2015-05-19 19:38
marucox0326さん、いつも思うのですが、彼らはライオンで私は鹿さん、身体も全く違います。鹿さんはライオンみたいな食事を続けられませんし、ライオンだって毎日鹿さんのように草ばかりじゃ、狩りも出来なくなってしまいます。全く違う動物なんです。
フランス人の場合、ですから、80,90歳のお年寄りでも、あっさりしたものを食べているなんて事はなく、肉食ですし、ワインは飲む、食後のデザートもしっかり。元気です。
私もかなりオリーヴオイルは摂りますが、、、栄養素として、日本の出来たドレッシング、あれはカロリーより塩分など気にした方がいいのかもしれませんね。
Commented by Cecile at 2015-05-20 07:11 x
自分が食べたいものを採っている時は体が喜んでいるのを実感しますね。野菜はもちろんのこと、時には肉であったり、魚であったり。幸いなことに我家はダーリンが魚好きなのでサッと調理してくれます。焼き魚じゃなくて揚げ魚だけど 笑。
Commented by 40ansparis at 2015-05-20 22:55
Cecileさん、本当に、食べたいもの、身体が欲するものを食べるのが度を過ぎなければ一番いいのかもしれませんね。ダーリンがお魚好きなのですね。それは美味しいでしょう。私が思うには、その食べ物を大好きな人が料理した方が断然美味しいんですよね。パリはお魚、、、あることはありますけど、いいお魚を、と思うと高いのが厄介です。日本のお魚は最高ですよね。
Commented by arare719 at 2015-05-23 01:25
こんばんわ、オジャマしま〜す☆本当に日本ではフルーツや野菜をたっぷり食べようとしたら、かなり高くなりますよね。トロピカルフルーツでさえ安く手に入るなんて、羨ましいです。体は求めて、野菜もフルーツもタップリ食べて、お肉もガッツリ食べたいのですが。。
オーガニックもあって、マルシェなど様々な形で手に入るなんて、いいなぁ〜。こちら、三浦や鎌倉の野菜はあるのですが大地のパワーは感じないなぁ。
パリに行く時は、自炊出来るアパルトマンにしたいと思います!
これに、日本と同じぐらいのお味噌や醤油や薬味の種類があると文句なしでしょうか(笑)
Commented by 40ansparis at 2015-05-23 04:26
arare719さん、確かに、私も自分の田舎から学生時代を過ごした仙台で、水も野菜も、何だか少し味が落ちるな、なんて贅沢ですが、感じて、さらに東京に行ったら、水はさらに酷く、野菜の味はさらに味が薄く感じました。うちの田舎は、まだ味が濃いです。
フランスは、元植民地などの関係もあり、トロピカルフルーツも身近ですし、日本よりずっと安く手に入ります。でも、その代わり、、、日本のように外見を気にし過ぎていたら、何も売れませんよ〜〜、笑。そうそう、形が不揃いで売れない、、と言う変な話は、日本くらいじゃないでしょうか。日本の感覚のおかしい事のひとつ、ですよね。是非、機会がありましたら、アパルトマン式で滞在され、マルシェなどで野菜を買ってみて下さいね。
お味噌やお醤油の種類なんて、私はもうこだわりません。あればいいです。が、夏のシソ、とか薬味は確かに欲しくなりますね。生姜は簡単に手に入りますよ。
<< 母のバースデーに 19世紀のように >>