<< ZZZ......... ピンクの朝焼けが嬉しくて >>

カフェのカウンターの話題は

パリは只今、子供達はまたヴァカンス中です。クリスマスヴァカンスの後の、今はスキーヴァカンス、冬のヴァカンスです。

先日、日曜日に本屋さんが開いていてくれたら嬉しい、なんて書いたばかりですが、議会で日曜日営業の規制が緩くなる事になったようです。

先日の朝のカフェのカウンターでは、この話題で持ちきりでした。
c0181947_749157.jpg


私は日本人ですから、日曜日でも祝日でもクリスマスでも元旦でも、働く事には慣れてしまっていますが、日曜日は休むもの、、、と言う習慣のフランス人には、尋常じゃないようです。

いつもカウンターの常連には、近所のブーランジェリーのオーナーマダムや商店のオーナー達もいるので、さらに雇う側からの意見も交差して、ちょっとした議論になりました。

フランスは日曜日営業が普通ではないので、日曜日に働いた社員には日曜日手当てを払わなければならないから、なのです。


ちなみに、、、

去年一年を思い出してみて、朝のカフェのカウンターで一番盛り上がった新聞記事は
" 一人一人の染色体の中に、寿命を知る事が出来る情報がある事をアメリカの研究者が見つけた" と言う内容でした。

この記事で、まず朝八時からビールを飲んでいる八十歳のムッシュウが、
"オレはいつ自分が死ぬのか、なんて知りたくないな。知ってしまったらこのビールも美味しく飲めないヨ。" と言うと、

ひとりのマダムが反論、
" 私は知りたいわ!"

また他の常連ムッシュウ、と、カウンターに居た全員とカフェのスタッフ全員で、知りたい、知りたくない、何故なら、、、、の大議論になったのでした。

はい、私は、、、

知る事が出来るなら、私は知りたい!と言いました。
[PR]
by 40ansparis | 2015-02-19 07:28 | cafe | Comments(22)
Commented by hairpriori at 2015-02-19 10:34
いい年齢のマダムとかが
カフェのカウンターとかで
ワイン飲んでるのかっこいいですよね
Commented by cesariana at 2015-02-19 14:17
パリも年中無休の街になってしまうの?
日曜営業が始まると玉突き的に全てのフランス人の生活が一変すると思います。
残念だなぁ…ちょっと不自由でも人間的な暮らしの出来る方が良いのに。
寿命については、私も知りたい!知って、終活をしっかりやりたいわ。
Commented by 40ansparis at 2015-02-19 17:09
hairprioriさん、是非次回のパリでは、カフェのカウンターで一杯、、カフェでもワインでも、、、常連ムッシュウを気取ってみて下さい〜。
Commented by 40ansparis at 2015-02-19 17:16
cesarianaさん、パリは年中無休の街には絶対にならないでしょう、笑。
今は規制が厳しいので一部のお店や界隈だけですが、それが緩くなる、と言うだけなのです。後は文化に浸る時間を持つ曜日と言う意味で、図書館なども開けるべきだろう、などと言っています。が、果たして急にみんな開けるようになるか??これはオーナー次第でしょうし、今でも日曜日営業には反対のストが良くありますし、宗教的にも日曜日に働く事に違和感がある方が強いですから、日本のようになる事は将来も絶対に無い、でしょう。
日本だって、20年位前は、接客業でも年末年始休めましたし、定休日もありましたし、帰る時間も早かったのですけどね。フランス人はお客様よりも何よりも自分がまず大事ですから、日本のようにはならないでしょう、笑。ヴァカンスだってそうですからネ。
Commented by いっこさん at 2015-02-19 22:40 x
私は絶対知りたい!
Endから逆算して、行きたい場所に行き、食べたいものを食べ、やりたいことをして死にたいから。
Commented by 40ansparis at 2015-02-20 03:26
いっこさん、そう、私も全く同感です。ラストがいつかがハッキリするなら、人生の優先順位も変わって来ますし、ね。
まず会っておきたい人や、行っておきたい場所や、、、。
ガンなどの宣告のされたいかどうか、などにも共通する、それぞれの価値観の違いですよね。
本当に人それぞれですね。
Commented by kaori40712007 at 2015-02-20 07:37
ラパン様、おはようございます。人々の歓談の響き、カップから湯気立つ香り・・・、まるで自分もパリのカフェに溶け込んだような心持ちにさせていただきました。フランスの小説や映画からは得られないライブ感がたまりません。ラパン様とこんな愉しい話を心ゆくまでしてみたいし、そんな夢を見たものですから、お便りさせていただきました。ちなみに私は、寿命がわからない方がイイです。笑
Commented by whitelacenonyo at 2015-02-20 12:23
あ〜〜〜日常のパリの生活、、カフェでの会話。
やはり憧れます。
キリスト教は日曜日は休息日。
働きたくない気持ちと時代の流れの狭間で揺れ動くのですね。
日本は元旦も店を開けている、、、
納得できませんが、、、ねぇ〜
Commented by Cecile at 2015-02-20 12:57 x
フフフ、ムッシュウの一言に笑ってしまいました。まさにダーリンと同じだわ 笑。
God knowsなのよね
Commented by ihoko at 2015-02-20 14:09 x
日曜営業・・これね。イタリアでも数年前に問題になり、今では、午前中(朝9時から午後2時頃まで)のみ、大方のスーパーが開いているようになり、それに付随して、個人店でも開けるところが多くなってますよ。土曜日の混雑を避けられて、買出しが出来て、有難いです。イタリアね~。フランスよりガチガチのカトリックなんですが、背に腹は変えらませんからね。これからますます、開いているお店が、増えるように思いますね。

ふふっ・・私もラバンさんと同じく、もし知る事ができるのなら知りたいです。で・・ボケてもなかなかお迎えがきそうに無いほど、長生きしそうだったら、畳の下貯金を使い切る前に、スイスに行かなくちゃ~!と計画立てられるしね。ふふっ・・。
Commented by cocomerita at 2015-02-20 18:34
Ciao ラパンさん
私は日曜日開店には反対なの
あ、、これでそこで働く子達の暮らしにまた仕事が入り込むわけですから、
日曜日くらいなんの義務もなく好きなように過ごさせてあげたいなあと思うのです

さて 私は知りたくない。です 笑
どういう形で神様が私にお迎え寄越すか 楽しみなんで、、
で、しょっちゅう旅の準備してますから、最後の旅くらいその準備に追われたくない。ってのもあります 笑
Commented by 40ansparis at 2015-02-20 19:27
kaoriさん、私の日常の断片ですが、そんな風に感じて頂いてありがとうございます。kaoriさんは運命に任せる方が、、、神のみぞ知る、、それが一番なのでしょうけどね。年齢によっても感じ方は違ってくるのかもしれませんよね。
Commented by 40ansparis at 2015-02-20 19:32
whiteさん、マイペースを貫いてきたパリも、現代化と従来からの伝統の狭間で揺れています。でも面白いのは、大臣の発言さえも、日曜日にショッピングしているのなんて観光客だけじゃない!全部開ける必要なんてない!でした、笑。日本は、もう取り返しのつかないほど行き過ぎてしまった国ですよね。
Commented by 40ansparis at 2015-02-20 19:35
Cecileさん、神のみぞ知る、、、それが一番なのでしょうけども、本来は。
この寿命の話題を、カウンター周りで一番年配の80歳のムッシュウが口火を切ったので、最初は周りの常連客もクスクス、笑っていました。
Commented by 40ansparis at 2015-02-20 19:41
ihokoさん、イタリアもそうですか。パリもスーパーは、午後二時まで開いています。確かに、土曜日の異常な混雑を考えた場合、日曜日にも分散されればかなり楽になりますよね。交通機関も含めて。食品はスーパーが日曜日午前中に出来るとして、他のショッピングは週末休みの人達は土曜日しかない訳ですからね。ihokoさんは知りたい、、ですね。。年齢によってまた考え方が変わるのでしょうね。
Commented by 40ansparis at 2015-02-20 19:49
Ciao junkoさん、私も、パリには東京のようになって欲しいとは思いませんね。同じ週末でも、土曜日とは全く違う時間の流れ方の日曜日、あれがなくなったら、ますます平日のフランス人は機嫌が悪くなりそうですしねえ、笑。平日と週末のメリハリがあってすごく良いと思いますし、ゆっくり散歩や読書や、過ごし方が変わる、これは必要な切り替えだと感じているんですよね。
junkoさんは、最後の旅の準備はしないぞ、と、、、なるほど〜。
Commented by francana at 2015-02-21 01:14
どこも日曜日に開くようになったら、もはやフランスじゃなくなってしまいそう(笑)。
なんて、スーパーが午前中に営業しているのは、必要があると便利に使っていますけれど。
以前は、日曜日は町が寂しくて慣れなかったのですが、今や静かでいいわ、と思うように。
でも需要もあるのでしょうし、雇用も増やさないといけないし、どちらがいいのか分かりません・・・
Commented by 40ansparis at 2015-02-21 01:59
francanaさん、日曜日の静けさ、私も好きです。仕事がある日曜日の早朝なんて、メトロを出てもだーれも居なくて、いつものカフェに入ってもカウンターには私だけ、もうこの静けさが堪らなく好きです。常に人混みのパリで唯一のあの日曜日の早朝、これがあるから起きる時には辛くても、起きて良かった!と思わされます。フランスには日本のようになって欲しくないですよねえ。マイペースを貫いて、ヴァカンスの世界チャンピオンで居てもらいたいものです、笑。
Commented by ひばり at 2015-02-21 18:34 x
日曜日がお休みだとは知りませんでした。確かに街の様子は平日とガラッと変わりそうですね。
昔の日本の元旦みたいなものでしょうか。静寂や休息、今ではなくなってきましたね。以前はしばらくお店が開いてないからと、年末にたくさん買い込んだものですが。メリハリ必要ですね。
実家の店は最近まで年中無休でした。両親も高齢になり、月に二日だけ休みを作りましたが、それでも注文が入れば働きます。フランス人のようにはなれない、昔の日本人です。私はフランス式がいいな~
それから、自分の着陸地点、私は怖くて知りたくありません。。徐々に高度を下げながら、しなやかなランディング、といきたいところですが、果たして。
Commented by 40ansparis at 2015-02-22 05:13
ひばりさん、そうなんですよ。フランスは日曜日はお買い物デーではないのです、笑。
営業しているのは、テアトルや映画館、その周辺の大きめなカフェやブラッスリー、シャンゼリゼなどの観光客が集まるほんの一部の界隈、あとは中華屋さんやアラブの人達が経営している食料品店などでしょうか。
日曜日は基本、家族でゆっくり過ごす日、なのです。
日本人は、休みでもわざわざ出勤したりしますから、全く違いますよね。
人生の終わり方、、、人それぞれ考え方がありますね。どちらが良い悪いは無い、価値観の問題ですね。
Commented by kanafr at 2015-02-24 09:56
去年の秋ごろから、オスマン通りの店は日曜開店の話があり、もう組合は大騒ぎ状態です。
今までもシャンゼリゼの観光客相手のショップは日曜営業していましたよね。
日曜日は何かしなきゃ!買い物にいかなきゃ!出かけなきゃ!のあの何だか自分をゆっくり振り返ったり、家族の顔をじっくり見たりの余裕のなかった日本の生活を思い出すと、今のように日曜日は、ノンビリと散歩したりスポーツしたり家族と話したりの生活の方が、いいなあって思うのです。
だから個人的には日曜勤務は反対ですね(苦笑)
私は自分の死期は、できるなら知りたいですね。
一昨年、病気した時に、アレもしておこう、これもしておかなきゃと家族に伝えたい事一杯ありました。それももしかして..の状況があったからこそですけど。

Commented by 40ansparis at 2015-02-24 16:50
kanaさん、日曜日営業でまず上がるのが、デパートや大型ショッピングセンターですものね。しょっちゅう日曜日営業もストがあちこちでありますよね。フランスではやはり一筋縄では行かないかと思いますね。
日曜日営業が当たり前になると、仰るように本当に余裕が無くなって、平日なのか週末なのか、、、訳が分からなくなりそうです。私はよく今の仕事場では週末働いていますけれど、観光客が常に日中は居るのは別として、あの静けさが何とも気持ちよくて、、、仕事をしていても平日とは全く違う空気が流れているのを感じます。
人生の最後、実際に実感したkanaさんはやはりそうお感じになりましたか。。。
<< ZZZ......... ピンクの朝焼けが嬉しくて >>