<< ピンクの朝焼けが嬉しくて 二月の早朝 >>

Timbuktu

12月半ばに公開されたばかりの映画。
1月に入ってからやっと見たのですが、この映画の内容、ジハーディストに支配されたアフリカの小さな土地の人々のドラマ、と言う、パリのテロ後の偶然タイムリーになってしまったテーマの映画。

c0181947_2015119.jpg

この映画には、様々な意味での非現実が描かれています。

大都市にはない、広大な砂漠、自然と野生、土の上で暮らすアフリカの伝統生活。
これがスクリーンで見ていてとても美しい。

それと安全と言う言葉の存在しないジハーディストがすぐそこに居る人々の暮らしや日常にある銃や殺し。

今やジハーディスト達は、砂漠の中でもiPhoneで連絡を取り合う時代。

理屈の通らないジハーディストによる、残酷なシーンが心を突き刺す。

と同時に、美しいアフリカの風景や人々の表情、洋服などの鮮やかな色使い、歌やダンス、、、、、と言うポエティックにさえ感じるシーンもあり、残酷なシーンが余計に辛くなる。

美しくて悲しくて、虚しくて、感動と余韻が凄い映像。
[PR]
by 40ansparis | 2015-02-09 20:02 | cinema | Comments(6)
Commented by hairpriori at 2015-02-10 07:42
日本でも上映しますかね
Commented by 40ansparis at 2015-02-10 17:03
hairprioriさん、かなり衝撃的ですが、心を揺さぶられる映画なのでもしかしたら小さな映画館であるのではないでしょうか。
お嬢様がいらっしゃるから、ご覧になったらきっと感情移入される事でしょう。
Commented by ihoko at 2015-02-14 13:17 x
これね。今、フィレンツェに来て巡回中なんですよ。家の近所の映画館に掛かったら、行きたいと思います。
一昨日、偶然、TVでGREEN ZONEを見ました。
タイミングがタイミングだけにう~~~ん。と,唸ってしまいましたけれどね。
Commented by 40ansparis at 2015-02-14 16:57
ihokoさん、この映画の監督は北アフリカのモーリタニア出身の監督なので、北アフリカを良く知っているだけに、俳優さん達が演じているのだと言う事を忘れて観てしまうほどリアルなのです。まるで現地に潜入してドキュメンタリーフィルムを撮ったのかと思うほど、背筋が寒くなり、同時にアフリカの自然や人々の暮らしの光景、シーンは北アフリカを知る人ならではの映像で素晴らしいのです。だから是非、機会がありましたらスクリーンで観て頂きたい映画です。いやあ、この冬最大のショック、、な映画でした。他にも話題の良い映画が全て飛んでしまうほど衝撃的です。
この監督の過去の映画の再上映も年末にしている小さな映画館がありましたが、行けなかったです。多分、この映画は今月末のフランスのセザール賞を撮るのじゃないかしら、と思っています。
Commented by arare719 at 2015-02-22 11:27
こんにちわ☆こちらも、日本中を震撼させた衝撃的な事件から、より一層遠くの国の美しい文化や人々、特に女性や子供に感心が傾いています。コメントを拝見して、ぜひ、見て見たいですーー。
Commented by 40ansparis at 2015-02-22 18:12
arare719さん、この映画、見事に先日フランスのセザール賞を獲りました。今回は去年一年で二つもサンローランの映画が上映され、どちらも話題になった為、最有力候補はこのサンローランのどちらか?と言われていましたが、私は断然このTimbuktuに獲って欲しかったのです。オスカーの外国映画賞の候補に上がったようですから、こちらでも話題になったらきっと日本での上映もあるかもしれません。かなり衝撃的な映画ですが是非見て頂きたい映画です。
<< ピンクの朝焼けが嬉しくて 二月の早朝 >>