<< rentre : 新学期 天才なのにいい加減 >>

通りすがりに

古い映画のポスターを売っているらしいお店のウインドーで。
c0181947_2124246.jpg

レプリカでは無くて、当時の本物のポスター。
フェリー二はパリではよく上映されています。
[PR]
by 40ansparis | 2014-08-30 21:00 | cinema | Comments(10)
Commented by cesariana at 2014-08-31 06:03
フェリーニか、、、今、日本でこれを上映している館は無いでしょうね。趣味で観る人は…いない?私もかつて一度、映画史の授業で観ただけ。フェリーニ、何度でも見られる作品もあるけれど、概ね難解。パリの人の感性はやはり違うわね。

Commented by 40ansparis at 2014-08-31 06:31
cesarianaさん、そうですねえ、よく難解だ、と言う批評はありますよね。フランス人でも、そう言う人もいますし、、、。
フェリーニに限らず、その昔はイタリアとフランスって映画の共同製作や俳優陣も行き来が頻繁でしたし、イタリア映画の上映は多いと思います。フェリーニは、特にこのポスターの8 1/2は、北野武さんの映画に同じ匂いを感じます。
Commented by hairpriori at 2014-08-31 07:56
このタイトルの映画は有名ですね
Commented by 40ansparis at 2014-08-31 18:19
hairprioriさん、映画がある程度お好きな方なら、観たことがなくても、このタイトルはご存知の方も多いかもしれませんね。
Commented by fuki at 2014-08-31 22:01 x
かっこいい〜すてき〜はぁ〜☆ほし〜い☆折皺がまたよいですね☆
Commented by 40ansparis at 2014-09-01 00:49
fukiさん、持ち主の大切に、と言う思いが、きちんとした折皺に現れていますよね。昔の映画のポスターってどうして今のより断然素敵なんでしょうか。
Commented by marucox0326 at 2014-09-01 12:29
こんにちわ。

主人公グィドをそしてフェリーニ自身を表現した
ディレクターズチェア
その上に大きく8の文字、さらにはグィドの帽子とサングラス
字体のフォントもモダンですね。

フェリーニは日本でも映画通と言われる人には
ファンが多いようですよ。「甘い生活」とか「8 1/2]は
難解さもさることながら、グラマラスな女優さんが
多く出演しているのが若い頃の私は拒否反応^^
なのでベタと言えばベタですが、
リバイバルで見た「道」と「カビリヤの夜」
(どちらも細君であるマシ―ナ主演ですが)が好きでした。
フェリーニ
今一度、見てみるべきだなと思った次第。
Commented by 40ansparis at 2014-09-01 16:46
marucox0326さん、以前そういえば、フェリーニの道の事、お話されてましたよね。私はどういう訳か、上映のたびに、道の上映時間や日にちが合わなくて観れていません。フェリーニ監督はイタリア映画の監督の中で私のお気に入りではないですが、たまに観たくなります。
Commented by cocomerita at 2014-09-01 17:08
Ciao ラパンさん
さすがはフランス
同じFellini のポスターでもお洒落なかんじ
こういうのに、お国柄って、、出るよねえ、、

、、わたしもね
FELLINIのよさがわからない一人であります
個人的には、Viscontiのが好きです
Commented by 40ansparis at 2014-09-01 20:25
Ciao junkoさん、あら、と言う事はイタリア版とも違うのですか〜?フランス版もリマスター後のポスターはまた変わっていますから、この写真のタイプを今見かけることは稀ですが、、。
私はイタリア映画の監督だとミケランジェロ アントニアーニが一番好きなんですよ。ヴィスコンティは独特の世界感が魅力ですね。
パゾリーニも好きですねえ。
<< rentre : 新学期 天才なのにいい加減 >>