<< 映画 : Yves Saint... Une robe marini... >>

年末のadieu

この冬のノエルまえは、とても辛かった。
もちろん休日返上で体力的にも、だけれど、、突然のadieu別れの知らせが入ったため。

adieuは、フランス語でさようなら、と言う意味ですが、日常で普段使うAu revoirと違って、二度ともう会うことのない時に使います。

ですから、映画や小説でもadieu、、、と聞くとドキッとします。

c0181947_15168.jpg

ノエルの前、食のサロンでの日記を書きました。

サロンも終わり毎日ノエルまでの日々をこなしていたある日、サロンからまだ一週間ちょっとしか経っていませんでした。

日記でも写真を載せた、いつも目の前のスタンド同士仲良くしていて、生牡蠣やアイスクリームをうちのスタッフに差し入れしてくれていた、海の男 ムッシュウ ジョエルが、連絡を貰ったその日の朝に突然亡くなった、、、と言う訃報でした。

まだ70歳、田舎の人らしく、早朝趣味の狩猟に森に行き、帰宅後直ぐに心臓発作で、と言うことでした。

うちのスタッフみんなに優しくて、面白くて人情溢れるムッシュウでした。

スタッフみんなで泣きました。
その週末に地元ノワムティエールで行われたお葬式も、ノエル直前、しかも週末と言うノエル商戦真っ只中だった為に、うちのオーナーも仕方なく出席を諦めざるを得ませんでした。

何よりも、つい10日程前にサロンで数日一緒に仕事をしていたのですから、誰もが信じられず、お客様が途切れるとジョエルの話になりました。
でも逆に繁忙期だったからこそ、悲しみにだけ浸ってばかり居られず、日々があっと言う間に過ぎていき、悲しみも少しずつ癒されました。

好きな事をして苦しまずに天国へ行ったのだから、ジョエルらしくもあり、ある意味幸せだったかもしれません。

次回のサロンは、ジョエルを知っている人達はきっと寂しさで一杯になることでしょう。
[PR]
by 40ansparis | 2014-01-10 00:42 | 仕事の日 le travail | Comments(14)
Commented by hairpriori at 2014-01-10 07:49
訃報・・いい人こそ辛いですね
Commented by Cecile at 2014-01-10 11:02 x
最後の一瞬まで生抜いたジョエル氏、理想ですね。
Celebration of life.
Commented by 40ansparis at 2014-01-10 21:07
hairprioriさん、この間会ったばかりで、冗談を言い合ったりしたばかりでしたから、、信じられないのです。次の開催でも会えるような気ばかりして。
Commented by 40ansparis at 2014-01-10 21:09
Cecileさん、趣味の好きな事をした直後、と言う、ある意味理想的な行き方ですね。
なかなかそんな風にはなれない訳ですからね。彼らしいかな。
Commented by kaori40712007 at 2014-01-10 21:10
ヨーロッパの街の電飾の美しさを私はとても好きですが、このお写真ばかりは涙で潤んでいるように見えますね。ムッシュウの人懐っこい笑顔は皆さんの中にずっと生き続けるのでしょう。人の「死」は肉体だけが滅びるのであって、その人が残した言葉や行いは後の者の中にずっと生き続けるのだと思っています。ラパン様の綴られるムッシュウの人となりがホンワカと伝わって来ます。ご冥福をお祈りします。
Commented by 40ansparis at 2014-01-10 21:52
kaoriさん、ぼけた写真をそんな風に表現して下さるお気持ち、嬉しいです。
人はいつも、つい、居てくれて当たり前、と思っていますが、こんな突然の事があると、出会う人達との時間はとても貴重に思え、年齢に限らず人生は突然終わる事が有り得るのだと考えさせられますね。
偶然にも、お互いしんみりさせられた記事で繋がっていましたね。
Commented by kanafr at 2014-01-11 02:22
ムッシュウ ジョエルは、温かいお人柄で色んな方に愛された方だったんですね。
お別れはどんな時も辛いものですが、そんなお人柄の方だからこそ多くの方達が泣かれるのでしょう。
私も病気をして今まで当たり前だと思っていた物が簡単に壊れるものだと実感しました。
1日、1日の時間を大事にしたいなぁと思います。
他の方もおっしゃっていますが、お好きな事をされた後というのは理想的ですね。
lapinさんの優しい思い、きっと天国でニコニコしながら受け止めていらっしゃいますよ。
Commented by 40ansparis at 2014-01-11 06:32
kanaさん、ありがとうございます。
彼は本当に心の垣根のない方で、自分のスタンドじゃないのに、少人数で何とか全てこなしている私達のブースによく来ては手伝ってくれたり、励ましてくれたり、差し入れを毎日、一日の間も何度も持ってきたり、商品が足りなくなりオーナーがお店に取りに行く時も一緒に来て運んでくれたり、笑、正義感の強い人情溢れる海の男でした。好きな事をした直後に天国へ行く、だなんて、なかなかそうありたくてもなれないと思いますが、神様は彼だからこそ、そんな風にして下さったのかも知れません。
Commented by junko at 2014-01-12 09:55 x
Ciao ラパンさん
何回やっても別れ上手にはなれません
置いてきぼりにされた感じで、その人のいた場所の空いてる空間が、、淋しいのよね
でも、そういうとき、淋しいのは私であって、彼らはあっちで楽しくやってるのだと思うことにしています
こっちよりあっちのが断然暮らしやすいと思うから、ははは
そのうち私も仲間入り、と、、 笑
Commented by 40ansparis at 2014-01-13 00:52
Ciao junkoさん、そう、前にjunkoさんも書いてらしたわね。。。ホントにぽっかり穴が空いたような感じです。
ずっと会っていない時期だったなら、また違っていたかもしれないけれど、今回は数日前に会っていただけに信じられなくてね。そうかもしれないなあ、この世よりもずっと暮らしやすそうだから、気楽にやってるのかも、、、。junkoさんに教えて頂いてそんな風に思えます。
Commented by fuki at 2014-01-14 08:37 x
お別れはいつ、どんな状態でも締め付けられるような胸の痛みをともないますものね。
今回、ここへコメントされている皆様の言葉に、
私も勇気づけられています。
皆様、素晴らしい☆
ご冥福お祈りいたします。
Commented by 40ansparis at 2014-01-14 19:42
fukiさん、ありがとうございます。
仰るように、私も皆さんの温かく前向きな言葉に慰められて励まされました。
その人の持つ光が消える悲しみはありますが、自分も前を向いて行こうと思わされますね。
Commented by taller-melissa at 2014-01-16 00:29
私も先週末は、大事な先生の訃報で駆けつけていました。
私が自分らしく生きていくことができているのも、その先生のお陰といってもいいくらいなんです。とっても辛いけど、楽しいことが大好きだったので皆さんと一緒に、喜んでもらえるような告別式にしてきました。
ラパンさんの心にムッシュウは生きてらっしゃいますよ^^
ムッシュウのご冥福お祈りいたします。
今頃天国で喜んでくれてることと信じてます^^

Commented by 40ansparis at 2014-01-16 01:14
melissaさんも、そうでしたか。
心の中で生きている、と言うのは本当に毎回感じるものもあります。
本当にもう姿形は存在しないんだ、、と実感するのは、きっと次の展示会で彼の姿がないのを見た時、、でしょうね。
ありがとうございます。
<< 映画 : Yves Saint... Une robe marini... >>